kame38.blog hairlife

CATEGORY PAGE: 自然系シャンプー

READ MORE

環境にやさしいシャンプーについて真剣に考えてみました

私が考えている”良いシャンプー”とは、まず安全な成分でつくられていることを条件とします。そして頭皮に良いということも欠かせません。またそのようなシャンプーは「地球環境にも優しい」といいますが、それは具体的にどんなシャンプーのことをいうのでしょうか。それを大まかに分かってはいるものの、環境への配慮というところではとても大切なことなので、真剣に考えておこうと思います。...
READ MORE

髪が多いインド人に学んで育毛ハーブシャンプーで洗ってみた

親しい仲にあるインド人の髪があまりにも多いので、なぜそうなるのかをいろいろ考えてみました。黒々した髪のイメージのせいなのか インド人にハゲはいない みたいな根拠に乏しい話もあったりします。ですがそのインド人の場合は、まさに髪黒々でハゲなんて無縁といえるような髪をされています。そんなインド人特有のヘアケアに学びたく思い、今回はインド伝承医学のアーユルヴェーダなどハーブシャンプーで洗ってみることにしまし...
READ MORE

炭酸シャンプーは効果なし、そう思える”炭酸濃度”の話

炭酸水を使って髪を洗う 炭酸シャンプーの効果 がちょっと前に話題になったことがあります。その炭酸シャンプーは簡単に作れますし、髪や頭皮に良いという理由から私自身もやってみましたが、ヘアケアという点では何かが足りていないと感じました。手作りという品質でいえば、これが妥当なのかもしれませんが、ネット上でいわれている程の素晴らしい効果はないと思います。たしかに炭酸水をうまく使えば頭皮ケアにかなり使えます。...
READ MORE

夏の水シャワーで効果を得る為に知っておきたいこと

この頃の著しい気温上昇のせいで体調があまり良くありません。精神的にも病みがちなこの状態を”6月病”として考えていますが、その対策をいろいろと試行錯誤しているところでもあります。そのひとつとして先週から 「水シャワー」をやっていますが、やりやすい夏だからこそ効果を感じやすい ともいえます。いろいろと良い効果があるというので、調べてまとめておきたいと思います。...
READ MORE

ノープーで臭いと言われる前に知っておく「過酸化脂質」の危険性

髪や頭皮に良いとしてシャンプー剤を使わない”ノープー”が話題になりました。ノープーとは、お湯のみで洗髪する「湯シャン」のことをいいますが、実際にやってみると難易度が高いと感じる人も多いのではないでしょうか。特に慣れるまでの数ヶ月間は髪や頭皮が臭ったりしますが、あらためて最近そう感じることがありました。ノープーするなら臭う原因をまず知っておいてください。他人から「臭い」と言われるまえに何らかの対策をし...
READ MORE

いろいろアレンジ

[シャンプーをいろいろアレンジ]重曹シャンプーの作り方、抜け毛に効果的な方法としてガスールを使う小麦粉シャンプーの作り方、薄める濃度を変えて抜け毛予防など効果を得るスッキリするオイルシャンプーの作り方、私のおすすめサイプレス効果ユーカリオイルシャンプーの作り方、簡単に作って育毛に活かすハッカ油のメントール効果を髪や頭皮へ・トニックシャンプーの作り方石鹸シャンプーの作り方、はちみつ・オリーブオイルのレ...
READ MORE

シャワー温度を変化させて髪や頭皮を健康にする方法

頭をシャワーして流すとき、お湯の温度は38℃が適切だと一般的にはよく言われています。たしかに38℃くらいだと体感的に熱くもなく、ぬるくもなくといったところなので、おそらく多くの人がこのくらいの温度でシャワーをしているのではないでしょうか。ですが私は、髪や頭皮をより健康にしたいと思うのでシャワーの温度を変えるようにしてます。少しですが電気代の節約にもなりますね。ここではその方法をお伝えしたいと思います。...
READ MORE

酢シャンプーを育毛に効かせる作り方とやり方

需要があるか分かりませんが、お酢を使った「酢シャンプー」を紹介したいと思います。お酢を洗髪に使う場合、石鹸シャンプーのあとのリンスとして使う事がありますが、シャンプーそのものとして使うのはあまり一般的ではありません。ですが実際に酢シャンプーすると以外に良い反応もありました。試されてみても良いと思います。...
READ MORE

ノープーの効果が凄い半面、危険に思うこと 

湯シャンする事を「ノープー」と言ったりしますが、この呼び方が安っぽく感じます。流行っぽく呼び方を変えたという感じですが、実際にやってみると結構難しかったりします。ただ、そんな「ノープー」をすることで髪の健康にとても良い効果があるのも確かですが、「湯シャン」はハードルが高いといわれる方も多いです。その呼び方によってイメージが難しくなっているなら、「ノープー」と呼ぶ方が良いのかもしれません。このブログ...
スポンサードリンク