kame38.blog hairlife

CATEGORY PAGE: 抜毛症と食毛症

READ MORE

抜毛症や食毛症の克服にアロマが効いていたこと

いまの私が髪の健康を維持できている理由のひとつとして、アロマテラピー(芳香療法)の取り入れがあります。アロマオイルによる頭皮への効能、また香りによって得られる精神的安定というものは、明らかに私の髪に良い影響を与えてくれています。過去に悩んだ抜毛症や食毛症にしても、アロマテラピーを知っていなければ、きっと克服は出来ていません。過去の私と同じように悩んでいる方へ、ぜひ参考にしていただきたいです。...
READ MORE

私が抜毛症や食毛症を再発しないのは「セロトニン」を増やせたから

私は幼少期から些細なことに悩みがちで、そのストレスからたびたび「抜毛症」や「食毛症」を発症していました。今では、髪の毛が大切なものだと考えるようになって ”髪の毛を抜く”なんてことはほとんどなくなりましたが、それには幸せホルモンといわれる 「セロトニン」を増やすこと が有効だったのは間違いありません。...
READ MORE

抜毛症や食毛症でも幸せになれたはず。私が伝えたい「諦めない」こと

日本人の0.5%~2%の人が患っているという「抜毛症」。抜毛症とは、みずから髪の毛を抜くことが癖になり、それをやめることができない病気のことをいいます。私自身、抜毛症を発症して「食毛症」も併発した経験から、いま悩んでいる人に「決して諦めないこと」 を述べておこうと思います。なぜなら、大人になって幸せを感じられるかどうか、今だからこそ分かることがあるからです。...
READ MORE

髪の毛を触る癖は直すべき、抜け毛も増える様々な悪影響

朝起きると必ずやっている枕周辺の抜け毛チェック。いつもより抜け毛が多いというとき、寝ている間に髪を触っているのではないかと思うことがあります。もしそれが癖になっているのであれば早めに直しておきたいです。そこで 髪の毛を触る癖で起こる悪影響 をいろいろ考えてみました。同じような癖を持つ人、または思い当たる人に参考にしていただければと思います。...
READ MORE

髪の毛を食べる「食毛症」の危険とそれを治す方法

髪の毛を抜く癖がやめられない「抜毛症」というものがあります。ひどい場合には、抜いた髪の毛を食べてしまう”抜毛症と食毛症の合併”が起こることがあります。毎日、養毛などおこなっている人にとって、それはありえないような話かもしれません。ただこれは、精神的な問題が引き金となって起こる抜け毛の症状 のひとつなのです。私自身の経験を含め、いくつかの例を見てきましたが、改善がとても難しく、ある意味では脱毛症の治療...
READ MORE

心を癒す音楽(クラシック)のおすすめ、音楽療法で髪を健康に

髪の健康を維持するなら、生活の中でその管理を怠ってはいけないと思っています。私がいつも対策に悩んでいる抜け毛にしても、その原因には外的要因と内的要因があり、非常に難しいものと感じています。特に内的要因というものについては"心"という複雑なところに関係しているので本当に難しいと思います。...
READ MORE

頭皮のかさぶたを取り、禿げるまでの悪循環

先日、来店されたお客様の頭皮に「かさぶた」が多くあったときの話です。痒みを伴っており、なかなかそれが治らないという事でシャンプーなどのヘアケアに問題があるのではないかと、色々悩んでいらっしゃいました。皮膚科で診てもらったのに、悪化しているのはかなり良くありません。原因によっては様々な悪循環を起こし、髪を抜き、禿げる事もあります。...
READ MORE

髪の毛を抜く癖の解決は病院よりも、ヒーリングで精神面を癒すこと

恥ずかしながら私は数年前まで爪を噛む癖がありました。さらに幼少期まで遡ると、髪の毛や、かさぶたをむしるように抜きとってしまう癖さえもあったものです。これらは性格上のものであって、精神面で受けている強いストレスのせいだとされてますが、今思えば非常に痛々しく思えてしまいます。そんな癖が続いていると髪の毛の存続の心配は当然あります。それは髪の毛を抜いてしまうことで薄毛になる心配ですが、そんな癖の解決策を...
スポンサードリンク