kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

アメスピ禁煙法の効果と”禿げない為の喫煙”の在り方

amesupi4.jpg

健康を気にしながらも喫煙を好む人のあいだで人気の「アメリカンスピリット」。私も過去に好んでいたそのアメスピについて語ります。基本的に健康に悪いという喫煙ですが、髪の健康にも悪い影響があることを過去に何度かお伝えしてきました。ただそのなかで、タバコの成分に化学添加物が含まなければ、抜け毛は起こらないのではないか?などという考えもあります。なぜなら私の禁煙当初、無添加タバコによる”アメスピ禁煙法”がとても有効だったと感じていたからです。そんなことから最近では「禿げない為の喫煙」とする場合なら、「アメリカンスピリット」をお勧めしたいとも思ったりするのです。

スポンサードリンク

●禁煙ストレスがあるなら「禿げない為の喫煙」をした方が良い

amesupi3.jpg

このブログを始めて、私は禁煙するようになりました。元々ヘビースモーカーと言うような愛煙家ではありません。一日に5,6本くらいの少ない本数でしたが、育毛・薄毛対策を情報発信する身分でいうと、たとえ数本でも喫煙は論外だったと痛く感じています。明らかに喫煙は育毛・薄毛対策に悪い影響を与えていること、これは間違いないと思います。低体温がいかに良くないことなのか。それはタバコをやめて分かるようになりました。

そんな喫煙が血流、さらに髪の成長に強く関係していることは承知の事実です。だからタバコはやめるべきだと多くの育毛サイトがいうのですが、実際には禁煙はかなり厳しく成功率も低いです。私を含め、経験者は分かると思いますが、依存を解くのは決して簡単なことではありません。そこで特に心配に思うのは、禁煙ストレスによる抜け毛 があることです。


それをウェルエイジング(無理をしないアンチエイジング)として考えた場合、ひどく無理をして苦痛をともなう禁煙ならやめた方が良い。最近の私はそう思ってます。ストレスを抱えて大きく健康を害するのであれば、タバコは吸った方が良いのです。ただ、そのうえで自分に問いておきたいことがあります。それは”禿げない為の喫煙”とはどうあるべきか?それを常に考えておきたい。妥協していつもの喫煙に戻っては何の意味もありません。それを考えたとき、私は”禿げない為の喫煙”としてアメスピが有効だと感じたのです。



●たばこ添加物リスト一覧、そこにない成分が気になる

ここ数年、タバコにかかる税金の上乗せや健康志向、それらで禁煙ブームです。これに対してJTもいろいろと対策しており、以前にも増して化学添加物を使いタバコの”美味しさ”を売り込んでいます。JTの たばこ添加物リスト をご覧ください。これだけの化学添加物が基本として使われているのですが、なぜか機能が”香料”とばかり表記されています。この”香料”というだけではよく分かりません。そこにある危険性や依存性はどうなのか、そこを問いたいのです。いろいろ調べたところ、リストにはない添加物もいくつかあります。以下はその一例です。

① 副流煙を目立たせない(プロジェクト・ステルス) 
 煙を見えにくくするために炭酸マグネシウム、ピロリン酸カリウム、ヘキサメタリン酸ソーダを添加。臭いを判りにくくするためにアセチルピラジン、ポリアネトール、ベンズアルデヒドを添加。

副流煙が嫌煙のやり玉にあがるのを防ぐためにいろいろなことをしています。当然ながら、副流煙が悪いという原因はまったく防いではくれません。見えず判りにくくするだけという対処方法です。そのためにこういった添加物を入れるという方法をやっています。

② アセトアルデヒド(インパクトブースター)
効果増幅剤として、ニコチンの急性中毒症状を緩和し、急激なニコチン血中濃度上昇させることで依存症を強める働きをするものです。

アセトアルデヒドはシックハウス症候群やアルコールの代謝でできる毒物です。  

③ 硝酸ナトリウム 
燃焼促進剤として添加されているもので、これにより指が休んでいる間に出来るだけ燃やしてしまおうというやり方のようです。
 
無添加たばこ・葉巻・パイプなどは吸わないでいると消えてしまいますが、紙巻煙草は燃え続けます。硝酸ナトリウムはマッチなどにも入っている、硝石のことです。燃焼すると窒素酸化物になって強い毒性を持つものとなります。

 


●アメスピを吸うと他のタバコの危険性や依存性が分かる

d0033131_18395348.jpg

上記のような添加物に依存性があるなら、吸っている限りずっとタバコはやめられません。タバコの添加物が危険なのはそこだと思います。依存性がなければいつかはタバコはやめられるのです。そう思った当時の私は無添加オーガニック素材のアメリカンスピリット(アメスピ)を吸うようになりました。私はこのタバコがきっかけでずっと禁煙ができていますが、このまま禁煙が続けば最終的にこのアメスピが最後のタバコとなります。

アメスピには上記で述べたような化学添加物は含まれていません。もちろんタバコなのでニコチン・タールは当然入っていますが、タバコ本来の味わいというところでは葉巻と同じです。とても味わい深く美味しいという感覚はずっと残っています。だとすれば禁煙は失敗しそうな感じですが、前述のとおり 添加物による変な”依存性”がない ので、最後の1本を吸ったあとは、けっこう楽に離煙できたように感じています。

最近では私の周りでもアメスピを吸う人が多くなりました。決して禁煙目的ではないものの、これまでのタバコにはない良さをそれぞれ実感されているようです。なかでも面白かったのが1本のタバコを2回に分けて吸うというお客様の方法。

amesupi1.jpg
半分だけ吸って・・・

amesupi2.jpg
途中で切って保管。

アメスピは無添加ということで、普通のタバコのように燃焼促進剤が入っていません。さらに1本あたりの葉っぱの量が普通の1.5倍ということでなかなか燃え切らない。なので吸っている途中でハサミで切って箱に戻すという方法です。

これを始めてから月にかかるタバコの費用が半分になったそうです。面倒くさく貧乏くさくも感じる方法ですが、個人が良ければ確かにアリかなと思います。また自然に本数が減って、以前に感じていた体のだるさも無くなったらしく、やはりそこは変なものが含まない純粋なタバコだからこそなのかもしれません。

またこれは私自身も感じたことですが、アメスピを吸ってから頭・首・肩のコリや痛みが緩和された という報告もあります。喫煙によって血管が収縮すると首や肩が凝ったり、血流が悪くなるので髪や頭皮に栄養が届かなくなる。よって抜け毛が増えるのも過去に経験していますが、アメスピだとその心配は少し和らぎます。そんな頭痛などが緩和されたことははっきり覚えていますね。以下のブログを参考されてみてください。
→ ナチュラルたばこ・アメリカンスピリットで節煙



●禁煙しなくてもとりあえず一度アメスピを試してみる

amesupi6.jpg

過去に禁煙する方法としてあらゆることをやっていましたが、どれも効果が少なく禁煙失敗ばかりでした。ですが無添加タバコのアメスピを吸うことにより、何故か自然に本数が減って禁煙できたように思えます。もちろんこれは禁煙する強い意識も必要なのですが、変な添加物が含んでいない為に依存性が少なかったこと が良かったのかもしれません。

もし育毛・薄毛対策として禁煙をするという人にはアメスピをおすすめします。禁煙が無理ならいちどアメスピに変えてみても良いと思います。今ならいろんな種類もあるので選ぶことも可能です。少しずづ本数を減らして禁煙というのは邪道かもしれませんが、アメスピならそれも可能だと感じています。健康に悪い喫煙と考えれば決しておすすめはしませんが、”禿げない為の喫煙”とするならアメスピがいちばんだと思います。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク