kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

目的の為に柔軟になることは体質を理解し過去・未来をみること

理論が固定観念になることが育毛・薄毛対策を妨げる
数年前にソーパルメットが育毛・薄毛対策に効果的であるとテレビで取り上げられました。
私は基本的にテレビなどのメディアによる情報は信用していません。ですが自分の観てきたこと、
経験したことを柔軟に考えることで男性型脱毛症の対策として
ソーパルメットなどの天然成分を摂ることは充分に効果があると思えます。

スポンサードリンク



これの摂取により、男性ホルモンからの男性型脱毛症の発症を抑える効果があるといいます。
男性型脱毛症がおきる原理は、5αリダクターゼ(酵素)が通常の男性ホルモンを
強力なジヒドロテストロン(DHT)に変換しそれが男性型脱毛症を引き起こすといわれています。
ジヒドロテストロンに変換される前に、5αリダクターゼの働きを抑えてしまおうという方法が
ソーパルメットの摂取により可能といいます。

それよりさらに効果的だといわれるものはAGA治療薬を服用する方法だといいます。
これも5αリダクターゼの働きを抑えるといったものですが、
このAGA治療薬とはフィナステリドを成分とした治療薬のことをいいます。
医薬品としてプロペシア・フィンペシアなどになりますね。

”5αリダクターゼ(酵素)ジヒドロテストロン(DHT)”と書きましたが、
私はこういった理論についていまいちピンときません。このことに特に詳しくありませんし、
そこまで掘り下げて知恵にしたいと思っていません。
ただ、研究によって明らかにされていることはすごい発見だとも思っています。

ですがその発見はメディアに注目され、それに乗じたショッピングサイトなどで
事実を曲げられたような誇大広告が多くみられるものとなってました。
誤った理論さえも育毛・薄毛対策をおこなう人の絶対的な知識となっていることがとても残念です。
そして、薄毛や脱毛に悩むすべての人にジヒドロテストロンが原因になっているとは考えられませんし、
薄毛や脱毛が起きたとして、そのすべてをこの理論に当てはめるといった
固定観念を持っているのであれば、せっかくの対策意識が非常にもったいないと感じます。


ひとつに執着せず柔らかく考えること

これらのことはAGA治療薬だけにいえたことではなく育毛法のすべてにいえることです。
プロペシア・フィンペシアで効果がみられたのならば、その人にとってベストだといえます。
プロペシア・フィンペシアの副作用で抜け毛が多くあった、しかし食事の改善だけで
抜け毛が改善したという人は、食事療法がベストなのだといえる訳です。

あるいは事情があってAGA治療薬が使えない、
だけど天然成分のサプリメントを摂って育毛・薄毛対策ができているという人もいます。
これらの人は自分の体質や目的を考え、柔軟に育毛・薄毛対策をおこなえているように思えます。
切実に悩み、その対策に頭を抱えている中でその対策が盲目になってしまうことがあります。

効果があると聞いた情報に、ついこだわってしまいますが、
その前に柔軟性を持つことが育毛・薄毛対策にいちばん大事だと思いますね。
「情報を鵜呑みにしない」「自分の体質を理解する」「過去・未来をみる」
柔軟性はこういったことから生まれてくるのではないでしょうか。

関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク