kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

忙しい人におすすめ!塩と重曹の蒸し風呂とその効果とは


体・頭皮を短時間で温める育毛・薄毛対策の入浴術

入浴剤イメージ


私は生活のあらゆるところで重曹を有効活用しています。
重曹とは天然の炭酸水素ナトリウムのことで、料理や洗濯、掃除まで用途はかなり幅広いものなのです。
重曹は入浴剤としても効果があることがわかっています。これから寒くなると抜け毛や薄毛の予防としてじっくり入浴して温まることが望ましいのですが、忙しいときは入浴する余裕もない場合があります。
ですが寒い時期の育毛・薄毛対策をおこなうには体や頭皮が冷えることは極力避けたいところです。
そんな忙しい人に短時間で温まってもらえる入浴法を紹介します。

スポンサードリンク


ここ何日かで夜の寒さが徐々に増してきたように思えます。
先週は少し風邪をこじらせてしまい入浴が出来なかったことから足湯をおこない、全身を温めることができました。しょうがを使った足湯 なのですが、かなり温かくなり発汗作用から頭皮もかなり温めることができたと実感しています。

足湯も非常に効果があると思っていますが、やはり体を温めて育毛・薄毛対策する方法のメインは全身の入浴です。これにしょうがは入れませんが、その代りに重曹を入れています。この方法は体に冷えを感じて、筋肉の緊張からの肩こり~頭部への血流の停滞がある、と判断した時におこなうと、私の場合は効果があります。



塩と重曹の蒸し風呂 {短時間編}

◆ 用意するもの  

重曹 粗塩 白湯 お風呂のフタ

【入浴方法】

浴槽にお湯を溜めます。このとき普段よりほんの少しだけ熱めにしてください。
胸~肩が浸かるくらいにお湯を溜めますが、お湯が溜まったらここで重曹と粗塩をひとつかみずつ入れてかき混ぜます。湯船に浸かる前に ”白湯” もしくは常温水を250mlほど飲みます。
この水分を浸かる直前に摂ることが効果を得るポイントです。
そして湯船に浸かりますが、頭だけを出してフタをしてください。10分~15分すると驚くほど汗が出てきます。
この汗の量が半端じゃありません。この方法でおこなうと半身浴の約10倍の発汗量があるといわれる程ですので。血行の促進から頭皮にもかなりの発汗が確認ができ、老廃物が排出される感覚が味わえます。



この方法で注目したいのはやはり重曹と粗塩です。

重曹といえば温泉によく含まれている成分であることから様々な効用があります。
例えば皮脂や分泌物などを中和する働きや血流の促進させる効果など、直接育毛効果などありませんが抜け毛予防を果たします。
粗塩といえば保温・発汗の他にも、昔からお清めとして、邪気の浄化にも使用されていることから心のリラクゼーションにも最適です。


※注意

睡眠に入る直前は避けてください。
塩・重曹はできれば天然のものが好ましいと思います。



温泉に行かなくても自宅で蒸し風呂を再現したような入浴を楽しめます。参考にしてみてください。









ランキング参加しています。
クリックして頂けると今後の励みになります。
   ↓↓↓ 

にほんブログ村
関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク