kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬におすすめしない育毛 まず抜け毛を止めて実感を得るものとは


「長いスパンで育毛をみる」冬の抜け毛予防はその第一歩です

これから寒い時期にに育毛を始める前に、まず抜け毛の予防をおこうことをおすすめします。
様々なお客さんを観てきた経験から、冬に育毛を始めることはあまり好ましくないように思えます。
気温や食べ物、年末年始の忙しさを考えると1年を通していちばん難しい時期だと私は感じています。
”とりあえず抜け毛を止める” このことが希望を持たせ、育毛へと繋がるのではないでしょうか。

スポンサードリンク


これからの寒い時期に育毛をおこなう前にまず今起きている抜け毛を止めましょう。
理容師の目線で5つの原因と対策について述べてみます。
「ある程度の皮脂の確保」 これが大きな目的です。


① 冬は皮脂の分泌量が少なくなる

冬 寒い


冬になると低温&乾燥から皮脂の量が夏に比べて少なくなります。
この皮脂というものはある程度の確保が必要なのですが、外の低温にさらされると皮脂の確保が難しくなります。
皮脂は頭皮を保護し、潤いを保つ役割があるため、皮脂が少なくなると頭皮の潤いが無くなり抜け毛が起きてしまうといったものです。


② 熱すぎるシャワーで髪を洗ってしまう

シャワー オブジェ


冬は寒くなるため、どうしても熱いお湯でシャワーを使ってしまいます。
熱過ぎるシャワーは頭皮の皮脂を早く、強力に奪ってしまうので、頭皮の乾燥を深刻化させてしまいます。
私はそれを考慮して、少しぬるめのお湯でお客さんをシャンプーします(特に薄毛や脱毛されたお客さんに)。


③ ドライヤーを使いすぎる

髪を拭く


ドライヤーは温かい風で髪を乾かすので、寒い冬の時期はつい長く髪を乾燥させがちです。
気持ち良さも相まって長くドライヤーを使ってしまいますが、これをすると頭皮にも熱風が当たり、必要以上に乾燥させてしまいます。
少し寒く感じるかもしれませんが、タオルドライを併用する とある程度乾燥は防げます。


④ 頭皮が冷えて血行不良になる

普通の風呂


頭皮の血流が悪くなると髪に栄養が届かなくなり、さまざまなトラブルを引き起こします。
新陳代謝が弱くなる、フケが出るといった症状は頭皮への血行不良が原因です。
頭皮を温めるには、体からの血行の促進を活性させないといけませんが、
そのためには帰宅後の入浴~睡眠が質の良いものだと非常に効果があります。 
忙しい人におすすめ!塩と重曹の蒸し風呂とその効果とは の記事で書いた方法は私の冬の抜け毛対策としておこなっています。


⑤ 空気が乾燥している

ストーブ


冬は湿度が低くなるため、空気が常に乾燥している状態になり、頭皮も乾燥させてしまいます。
特に室内は乾燥して更に暖房が効いているので、より頭皮の乾燥を進行させてしまっているものです。
これを防ぐにはやはり室内の乾燥を抑え、ある程度の湿度が必要になります。
この方法は明日の記事で詳しく紹介したいと思います。



これらの5つのことに注目をおいてみてください。
多くの人の頭皮をみてきた限りでは、秋~冬に抜け毛が起きる原因はやはり頭皮の乾燥です。
今年も、冬になって抜け毛が増えそうだと予想される場合は、
今から上記の事に注意をおくことで少なくとも、急に起きてしまう抜け毛は防げると思います。

まず自ら頭皮を乾燥させないことが先決です。それからが冬の育毛の第一歩です。








ランキング参加しています。
クリックして頂けると今後の励みになります。
   ↓↓↓ 

にほんブログ村
関連記事

スポンサードリンク

- 2 Comments

ヘイジ@育毛情報ブログ  

kameさん、こんばんは。
ヘイジです^^

確かに最近頭皮の皮脂がめっきり少なくなりました。
元々脂っぽい頭皮だったので、育毛で改善されてきたのも
あるかとは思いますが、この季節ならではの変化で
乾燥しすぎるのは怖いですね。

ちょっと気を使ってみます。

2012/11/05 (Mon) 23:58 | EDIT | REPLY |   

kame38  

ヘイジさんこんばんは^^
ご訪問とコメントありがとうございます。

やはりこの時期からの乾燥は気を付けたいと私も常々感じています。
夏の暑い時期より冬の寒い時期の方が頭皮にとって深刻なのかなとも思います。お互い気を付けて過ごしましょう!

2012/11/08 (Thu) 21:47 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。