kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

部屋の暖房による乾燥で抜け毛が起こること


室内の乾燥を抑え、湿度は絶対に必要です

これから寒い冬を迎えると外出を控え、自宅で過ごす時間も多くなってきます。
部屋には寒さをしのぐための暖房が必要不可欠になるのですが、空気が乾燥してしまうことが問題になってきます。冬に抜け毛が起きる、薄毛になってしまったという頭皮のトラブルも乾燥がいちばんの原因 のように思えます。今回の記事では頭皮を乾燥から守る、冬の自然派加湿方法を書いてみたいと思います。

スポンサードリンク
img4e9a70b0zik6zj.jpg

私がお店を構える地域は年中の気温が比較的温かいのですが、先々日あたりから急に気温が下がってきました。先週来店されたお客さんにも頭皮の乾燥がさっそく見られ、頭皮から白い粉が浮き出ていました。

お客さんに快適にしていただく為、店内の暖房の設定温度を少し高めにしていますが乾燥はほとんど感じることはありません。これは、ある程度の湿度が保たれており、乾燥を防いでいるからです。
店内には営業用のタオルスチーマーを置いており、これを営業時間内はずっと稼働しているのですが、
このタオルスチーマーがかなりの水分を蒸発させるため、店内の乾燥を防いでいるのです。

このように、過ごす部屋の湿度をある程度保つことが冬の抜け毛の予防をする上で理想的 といえますが、
個人の部屋でこのようなことをおこなうには少し工夫が必要になります。
加湿器などを使うと手軽で便利なのですが、電気代がかかる上に単体での効果はそれほど期待できないのではないでしょうか。そういった機械を使わなくてもナチュラルな方法で空気の乾燥を防ぐ方法をご紹介します。



天然の加湿器を置いて乾燥からの抜け毛を防ぐ

加湿器などの電化製品を使わなくても部屋を乾燥させない方法があります。
以下の方法を同じ部屋でおこなうとかなり効果があるでしょう。

■ 冬の間は洗濯物を完全部屋干しする

毎日の洗濯物を常に部屋干ししていると乾くまでの間、絶え間なく水分が蒸発されます。
加湿器を使う場合のその時だけの効果ではなく、洗濯物が乾くまでは継続して湿度を保つことができます。
洗濯物が邪魔な場合は、繰り返し使用する大きめのバスタオルを部屋干しするのも良い方法だと思います。


■ 観葉植物や水栽培の植物などを部屋に置く

森林の中を歩くと、時折空気が冷たい瞬間がありますが、あれは「蒸散効果」で空気が湿っているからです。
この「蒸散効果」を利用した方法で部屋の中の乾燥を防ぐことができます。
その為には観葉植物や水栽培の植物などを置きましょう。

観葉植物や水栽培の球根などを部屋に置いておくことによって、根から水を吸って、葉から蒸発させるという植物の『蒸散作用』の効果で、水分が蒸発し、部屋の湿度を上げてくれます。
これが天然の加湿器になってくれて、部屋にグリーンをおくことはインテリアとしても良いものではないでしょうか。


※ 観葉植物は何でも構わないと思います。
葉の表面積が大きく、葉の枚数が多いものを選ぶと効果的でおすすめです。



◆ それでも乾燥が気になる場合

毎日決めた時間に霧吹きで吹きかけるとさらに蒸散作用が高まり、部屋の湿度を上げることが出来ます。
このとき、観葉植物の根だけ吹きかけるのではなく葉にもたくさん吹きかけると良いようです。
また、植木鉢の受け皿に小石をたくさん置いて、その上に植木鉢を乗せるとさらに効果的です。



私はこれらの方法を駆使して、昨年の冬はなんとか乾燥からの抜け毛を防ぐことができました。
冬になると、どこに行っても乾燥が激しくなりますが、
せめて自分の部屋だけでも育毛・薄毛対策に最適な空間であって欲しいと思いますね。
今回の方法、ぜひお試しくださいね。







ランキング参加しています。
クリックして頂けると今後の励みになります。
   ↓↓↓ 

にほんブログ村

関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク