kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

スマホ・携帯の使用も抜け毛や薄毛の原因とする実証実験、その結果とは

再度、眼精疲労はやはり抜け毛や薄毛の原因だと思うこと
a0002_005052.jpg

私は以前から現在の環境がいかに抜け毛が起きやすく、薄毛を促進させる環境であるかを察知しています。暮らしやすい環境ばかりが先行して構築され、私たちの体はそれに追いつけないでいます。成長期を得て落ち着いてしまった私たちの身体は、衰えていくばかりですが、今の環境で生きていく為には、時代の進化であろうが受け入れて生きるべきとも考えられます。そんな皮肉にも便利な情報社会で必要とするある物について「頭皮・頭髪に関する実証実験」が行われました。

スポンサードリンク




正しい頭皮・頭髪ケアの啓蒙活動を行う「JHMA 日本ヘッドセラピーマスター協会」は11月1日、薄毛の男性(59人)および薄毛でない男性(58人)を対象にした「頭皮・頭髪に関する実証実験と意識調査」の結果を発表。長時間の PC・携帯電話の利用などは、薄毛の要因となる可能性があると警鐘を鳴らしている。

本調査では、頭皮の専門家が触診やマイクロスコープを用いて被験者の頭皮状態を診断。一般的に頭皮の硬さには個人差があると言われているが、今回の診断で頭皮が硬い割合は、薄毛の人59%、薄毛でない人31%となり、薄毛の人ほど頭皮が硬いという結果が出た。

また、薄毛で頭皮が固い人に対して自身の性格や思考を質問したところ、自分が「真面目な性格」と回答した人は88%、「神経質」と回答した人も65%にのぼり、真面目・几帳面など「頭の固さ」も頭皮の硬さにも関係していた。

続いて、1日の PC・携帯使用時間を尋ねたところ、薄毛でない人よりも薄毛の人の方が1日あたりの使用時間が平均5~8時間時間以上も長く、本調査では目の使い過ぎと薄毛には関連があるとしている。マイクロスコープで被験者の頭髪状態も確認したが、全体の7割が髪の毛が細く、本数が少ない状態だったという。


-インターネットコム「長時間の PC・スマホ利用が薄毛を招く?頭皮マッサージ器具などで、自分で頭皮ケア --頭皮・頭髪に関する実証実験」



薄毛でない人より薄毛の人の方が、1日あたりの使用時間が平均5~8時間時間以上も長い。
これは調査結果ではありますが、事実であるなら目の使い過ぎが薄毛を招いている可能性も否定できません。


a0002_004912.jpg


長時間のパソコン使用は目の酷使から血流の循環を妨げている の記事でも眼精疲労からの抜け毛に注目していますが、上記のことをみる限り、パソコン・スマホなど一点に視点が集中されやすいものを長い時間観ていることは、やはり抜け毛が増える事もあり得るのかなと思うのです。

眼精疲労以外にも機器使用による電磁波によって、自律神経などへの影響も考えられなくはないです。これらが原因として予想され、過去の私自身に抜け毛がみられた事から、いまだ私はガラケー使用です。考え過ぎかもしれませんが、難しいとされる育毛・薄毛対策にはこれくらい意識していた方が良いのです。

関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク