kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

薄毛と酸性雨②

今回は 薄毛への雨対策やアフターケア について書きたいと思います。

※2014.7月追記.この記事掲載はブログ運営初期の為、文面がやや観づらく感じます。
読みにくく感じる方はスルーされてください。


スポンサードリンク



近年の雨には大気中の汚染されたものが混ざっていて、
その 酸性雨 といわれるものが色々な
有害物質を含んでいる事を書きました。


では一体どんなものが酸性雨に含まれているかというと
大気中の硫黄酸化物や窒素酸化物に、酸化反応が起こり、
 
 硫酸硝酸  が雨に含まれて、地上に降るわけです。

と言っても硫酸イオンや硝酸イオンの事なのですが。

私はこの話を聞いて本当に怖いと思ったので、
その気持ちの表現で硫酸硝酸と書かせてもらいました。


硫酸と硝酸ですよ。
こんなものが頭に降ってくるのですから
微量とはいえ、とても怖いですよ…。
もし限りなく長時間雨に当たり続ければ、当然、

頭皮は酸で溶けてしまいます


これは薄毛の問題以上に怖いことです。


ですが著しく極端に雨を浴び続けなければ
そこまでの心配はいらないと思いますが
頭皮・薄毛に対しては、
とりあえず微量な雨でもなるべく避けた方が良いと思います。






そして実際の頭皮や薄毛についての対策です。

私たちは日本で生活する限り、雨を避けるなんて無理な話ですので

① 雨に頭を晒さない方法
② 雨の後のアフターケア

を極力ですが書いていきたいと思います。




① 雨に頭を晒さない方法


● 傘は常に持ち歩く


この時期はいつ突然の雨に出会うかわかりませんので
常に持っていたほうが良いと思います。      


● ミニタオルやハンカチで頭部を覆う

    
全く何もしないのとでは全然違います。
頭皮を濡らさない効果は大きいはずです。
      

● 撥水性の優れた帽子、キャップなどを携帯しておく


最近では撥水性など機能面で強化されているものも多くあります。
帽子で頭を覆うことはとても効果があるでしょう。ですが注意も必要です。
この時期は湿度がかなりありますので、
ムレないように気を付けてください。

それとあまりもきつい帽子をかぶってしまうと

血行不良 に繋がるので注意が必要です。


以上が主になりますが事前に天気予報をチェックしたり、
移動する際の屋根の有無などを前もって知っておくことも大切だと思います。



② 雨の後のアフターケア


● 頭皮を丁寧に拭いておく
    
もし出先で雨に濡れた場合、そのまま放置は絶対しない方が良いです。
頭皮が酸化した状態を放置してそれが日々の慢性化になった場合、
毛穴につまり、毛の発育を妨げますのでまめに拭くことをおすすめします。


● 帰宅後速やかにシャンプーする
    
帰宅されたら何よりも先にまずバスルームに向かってください。
頭皮は思っている以上に汗と雨で酸化して汚れてます。
ですので帰宅後はなるべく早く洗ってあげてください。
髪自体も酸化していると傷つきやすく
コシのない細い毛になることもあります。


● シャンプーの後に頭皮マッサージする

入浴後は血行が良くなってます。
頭皮の毛穴も普段より開いていますので、
その間に頭皮を揉んであげましょう。
よく揉むと毛穴に詰まった皮脂や汚れを取り除くことができます。


これから夏になりもっと暑くなってきます。

梅雨時期の対策を含め、結構大変だったりしますが、
意識を高くして夏の薄毛予防を乗り切っていきましょう。

関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク