kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

育毛にも必要なビタミンとは?”頭皮”に良い食べ物は”皮”まで食する


「もったいない」を意識してサプリメント代を節約

サプリメント

育毛・薄毛対策として効果のある食べ物は様々なものがありますが、どの食ベ物においても、料理する・または食べるといった時に、丸ごと食材として考えることも一理あります。サプリメントを摂ることも対策として良いことだと思いますが、食材を皮ごと食べることでサプリメントが不要となるものです。

スポンサードリンク

育毛・薄毛対策として私は動物性の食材(肉類)などの過剰摂取はおすすめしません。
そして、皮ごと食べるとはいっても野菜と穀物に限定されます。例えば大根、ニンジン、ゴボウといった、
根菜類などを料理する、または食べる場合に 皮をむかずに丸ごと食べること をおすすめします。

私は育毛をおこなう以前は野菜を食べるときに皮は食べないようにしていましたが、食材の外側に栄養が非常に多いことが解り、それ以来野菜と穀物については皮をむかずに丸ごと食べるようになりました。


常食でもあるお米についても同じことがいえます。
育毛・薄毛対策のストレスを軽減する発芽玄米 の記事で、私の育毛・薄毛対策に玄米がその効果を発揮していることを述べていますが、それを理解する以前は普通に白米を毎日食べていました。

お米の外側の皮をむいた状態が白米となる訳ですが、
その外側の皮には 健全な頭皮を維持できる栄養素 が非常に多く含まれています。
今思えば非常にもったいないことをしたと後悔しています。その皮がついたお米「玄米」を精米した「白米」で
食べていたのですから。白米は甘くて美味しいものではありますが、身体の健康と育毛・薄毛対策を考えるならやはり「玄米」でしょう。

「玄米雑炊」 
    育毛・薄毛対策にとても良いと言える「玄米雑炊」。美味しそうです;

                  
髪や頭皮に「もったいない」といえること


それでは野菜の皮に含まれる、育毛・薄毛対策に有効な栄養とはどんなものか述べてみます。
野菜のすべての部分(葉・茎・根)には、皮がありますがこれは人間と同じだといえます。
肌や頭皮といった部分は皮ですから、 「皮を良い状態にするためには皮を食べるべき」と考えています。
この考えは変だと思われるかもしれませんが栄養学的にみると根拠があり、決して変ではないと思います。

実は野菜の皮というものにはさまざまなビタミンが非常に多く含まれています。
育毛・薄毛対策に実際に影響するのはビタミンD、ビタミンEだと思いますが、その効果とは…

【ビタミンD】
ビタミンDは骨をつくる栄養素でもあります。ビタミンDが不足すると骨粗しょう症になりやすいといいます。
その骨粗しょう症患者にビタミンDを投与したところ髪が増えたという事例があったということが分かりました。
またマウスを使った実験で、ビタミンDが欠乏すると毛が抜けてしまった事実があることからも、髪の発育に影響すると考えられます。


【ビタミンE】
ビタミンEは「若返りのビタミン」ともいえると思います。
これを意識して摂ると頭皮・髪の老化防止がおこなわれ、抜け毛を少なくしてくれます。
加齢によって増える体内の脂質(コレステロールなど)が活性酸素 によって酸化してしまうことが頭皮にも影響します。ビタミンEは身体や頭皮に分泌されて酸化してしまう過酸化脂質を次々に排出してくれて、
抜け毛を防いでくれます。



※その他にもビタミンD,Eは血管の保護や血行の促進してくれることから、
この時期に冷えから起こる抜け毛の予防、さらに育毛を促進させる効果も大いにあります。
一般的にこれらのビタミンは体内では作られることはありませんので、食べ物で摂るという方法しかありません。



このように育毛・薄毛対策としての食べ物の栄養素を考えると、
皮を余分なものとして捨ててしまうのはもったいなく思います。
髪や頭皮の健康にビタミンが必要とされている場合、
サプリメントを常に摂る方法をおこなっている人もいると思います。
サプリメントは安価ではありませんし、
定期的に買っていると年間をトータルすれば高い費用がかかっているのではないでしょうか。

今回のように食べ物の摂り方を少し見直すことで、その必要は省かれると思います。
その分をワンランク上の育毛剤などに充てることもできますし。

「もったいない」という部分を頭皮の為に上手に利用してあげたいですね。






ランキング参加しています。
クリックして頂けると今後の励みになります。
   ↓↓↓ 

にほんブログ村


関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク