kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抜け毛は水分のとり過ぎがひとつの原因


水分は多くても少なくても頭皮・髪に良くはない

生ビール

白米が育毛・薄毛対策に向かない理由 の記事でミネラル分が必要だと述べましたが、それを読みミネラルウォーターを飲めば良いと考えられた場合、それは浅はかな考えだと思います。育毛・薄毛対策を重視した場合は水分を多くとることは基本的におすすめできません。飲み物は温めて飲むならまだしも、冷えた飲み物から多く水分をとることは抜け毛を多くさせるようなものです。
スポンサードリンク

トップページの 育毛と薄毛対策に役立つ!食べ物の陰陽表 を見ていただくと分かると思いますが、
冷えた飲み物で代表されるものはすべて陰性としています。これらは糖分が多く含まれている、
もしくは化学添加物によって精製された飲み物がほとんどなのですが、私たちの生活の中で無意識にそれを摂りいれてしまっているのではないでしょうか。

喉が乾けば清涼飲料水を飲み、入浴後は美味しいビールを飲むといったことは至って普通のことですので、
このことが知らないうちに抜け毛を起こす行動のひとつとなっていると考えられます。


髪の毛を木に例えてみます。
水をたくさんやり続けると、洪水が起こって木は倒れてしまいます。
これと同じように、髪の毛は水気が多すぎると抜け毛が起きてしまいます。

水気というのは、
・ 果物の摂り過ぎ
・ 炭酸飲料の摂り過ぎ
・ 清涼飲料の摂り過ぎ
・ アルコールの摂り過ぎ

のことをいいますが、
ミネラルウォーターや湯茶に関しても、摂る量の度が過ぎると抜け毛の原因にもなるものです。



水分の摂り過ぎとは逆に水分が不足している場合も抜け毛は起きる

砂漠

今度は頭皮を砂漠に例えてみます。
砂漠は乾燥しているのですが、そういう場所には木は生えません。
要するに、土壌が乾燥して固くなってしまっても良くないということです。
固くなる原因は、精製された食塩などの塩分の摂り過ぎや、卵や肉などの動物性食品を食べることによって、
頭皮の皮下脂肪が増えて、皮膚による排出現象が起きてこないため髪の毛が抜けるということです。

これらのことから、食べ物や飲み物による抜け毛を避けるためには、
水分の摂りすぎ・水分の不足のどちらにも気をつけるべきです。これから、忘年会や新年会など、
水分を多く摂ってしまうような場所では意識して行動したほうが賢明かもしれません。
それはこちらを参考にしてください → お酒が好きな人へ ~抜け毛を防ぐ為に”おつまみ”を考える~





ランキング参加しています。
クリックして頂けると今後の励みになります。
   ↓↓↓ 

にほんブログ村

関連記事

スポンサードリンク

- 0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。