kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

冷え性を改善する為の食事法で抜け毛も共に止める

前回の記事 冷え性からの抜け毛は糖分の摂りすぎ「低血糖症」が影響している では、低温による体の冷えは糖分の多い食べ物や飲み物が影響し、抜け毛も起こす「低血糖症」が問題としました。今回は糖分の摂りすぎで起きてしまった冷え性を改善する食事を書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

甘い水分を摂りすぎると毛根部分の頭皮が水っぽくなり抜ける

冷え性による抜け毛は体質が大きく影響するものと思われます。
私の場合は冷えやすい体質(陰性と陽性でみると陰性の方)なのですが、私のように冷えやすい陰性体質であるなら、寒い時期の食べ物や飲み物の摂り方に注視することが抜け毛を防ぐポイントになると思います。

体質が陰性・陽性のどちらであっても、糖分の摂りすぎというものは基本的に誰にでも、抜け毛が起きる原因だと思ってください。

ジュースなどの清涼飲料水や炭酸飲料の甘い水分を摂りすぎると毛根部分の頭皮が水っぽくなります。
若いお客さんの頭皮にもよくそれがみられますが、バッグの中にポカリスエットが常時入っていたりします。
毛根部分の頭皮が水っぽくなるというのは、ちょうど畑が洪水でダメになるのと同じことで、こうなると抜け毛が起きてしまう訳です。

甘いものを好んで摂っている人の場合、「低血糖症」が抜け毛の原因になっている心配があります。
私もその中の一人なのかもしれません。飲食に関して油断があると抜け毛が激しく起こってしまいますので。
そんな心配がありますので、私は野菜の甘い煮汁を飲む ようにしています。

「低血糖症」は、すい臓の働きが弱っていることから起こるものだそうですが、野菜の甘い煮汁はその働きをよくしてくれるといいます。野菜の甘い煮汁というのは、カボチャやニンジン、キャベツ、タマネギなど(煮物にできそうな野菜なら何でも)を似た汁のことです。煮物として味付けする前の汁を飲むことで体の冷えを抑え、抜け毛を予防することができす。

私の場合は子供が食べるおかず(味付けしてない野菜)の余った煮汁を毎日飲んで抜け毛防止に活かしています。

 その他の寒い冬に知っておきたい飲食による育毛・薄毛対策

◆うどんやそばなどの麺類を食べるときに七味唐辛子などの香辛料を少し利かせるのも良いと思います。
 カプサイシンの効果が育毛にも繋がりますし、体を温めてくれる効果もありますので。

◆寒い冬にサラダを食べる時は、生野菜は体を冷やすのでおすすめできません。
 生サラダではなく、少し火を通した温サラダを食べる方が抜け毛予防として望ましいと考えられます。

◆飲み物については、コーヒーや緑茶などは避けたほうがいいでしょう。
 こうした飲み物はカフェインが入っており、一時的に体温を上げますが、すぐに下がってくるのです。
 ですから飲み物としては、番茶、麦茶などカフェインの少ないものを選ぶ方が良いでしょう。
 コーヒーは育毛に効果的なのか、その誤解が招く薄毛の恐れ



スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク