kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

牛乳の育毛効果に異議あり!牛乳を飲み、抜け毛が起きたその理由とは

牛乳

食べ物の取り入れから育毛をおこなう上で、髪の毛の成分が含まれた栄養素を摂ることは必須なのですが、こういった体内に摂り入れるとする場合は慎重に食べ物を選ぶべきです。ただ単純に「育毛に必要な栄養素」だけを理解して食材は選ばない といった考えでは、育毛どころか逆に抜け毛の原因になることすらあります。そのひとつとして ”牛乳” もそれにあたるものなのです。今回は育毛・薄毛対策として、さらに健康そのものに牛乳が適していないことを述べたいと思います。

スポンサードリンク

幼い頃の痛い経験から述べる牛乳不要論

私は小学生の頃、牛乳やヨーグルトなどの乳製品を非常によく好んで飲食していました。
大好物であった為にお腹を下しながらも頻繁にとっていたものです。
子供ですので身体機能が当然未発達であるうえに、胃腸が弱かった体質が影響したのか、多くの抜け毛が起こっていたことに
「こんなに美味しいものを食べて何で毛が抜けるのかな」と非常にショックを受けていました。
このことが今の私の育毛・薄毛対策に活かされている訳ですが、この牛乳については常々人間に必要の無いものと感じています。

・ とりあえず先に、なぜ牛乳が人間に必要のないものとするのかを挙げてみます

① 牛乳のたんぱく質は(カゼインタンパク)は消化不良を起こす。
② 牛乳のたんぱく質は酸性である。
③ 母乳には自然な免疫力があるが、牛乳にはない。
④ ラクターゼという乳糖分解酵素が日本人には少なく、消化不良を起こしやすい。
⑤ 40度以上の殺菌法では、牛乳に含まれている酵素が破壊されてしまう。
⑥ 牛乳には動物性脂肪の量が多く、動脈硬化や乳がん、大腸がんの元になる。



これらは私自身が幼い時に牛乳によって痛い経験をしたことから挙げてみましたが、実は上記に挙げたほとんどが抜け毛の原因にもなっています。

基本的に動物性の食品のほとんどが動脈硬化を起こす可能性がある訳です。
動物性脂肪が全身の血流を妨げ、頭皮や髪まで栄養が行き届かないことが抜け毛を引き起こすのです。


食べ物の取り入れから育毛をおこなうのに欠かせない栄養素はたんぱく質なのですが、牛乳のたんぱく質は人間にとってあまり利用できるものではありません。牛乳のたんぱく質とは「カゼインタンパク」です。

牛乳のタンパク質の80%を占めるカゼインは、人間の母乳のタンパク質であるアルブミンと違って、非常に粗くて粘り気があり、腸から吸収されにくい性質をもっています。
そのため腐敗や異常吸収を起こしやすく、アレルギー反応を引き起こし、大腸がん喘息、白血病などの発症も懸念されています。 牛乳に含まれるタンパク質の大部分カゼインは人体に不要のものです。

育毛・薄毛対策として摂り入れるなら「カゼインタンパク」ではなく「植物性タンパク」です。

いつの日から牛乳が日本人に必要なものだとされてしまいましたが、ここにはぜひ疑問を持つことが必要なのではないでしょうか。
幼い頃からこれまでの生活で認識として植えつけられた「牛乳の栄養」の有り方そのものを知ると、いかに髪や体に良くないものかが解ると思います。

牛乳に限らず、動物性食品に髪や頭皮の健康は絶対語れないということを理解してもらいたく思います。

スポンサードリンク
関連記事

3 Comments

-  

上の①から⑥まで、そう述べられる科学的にみて正しい根拠はありますか?

2012/12/11 (Tue) 16:45 | EDIT | REPLY |   

kame38  

批判のコメントでしょうか?

この場が荒れることは拒否します。
お答えしますのでメールフォームよりもう一度お尋ねください。

2012/12/11 (Tue) 16:54 | EDIT | REPLY |   

-  

批判ではありません。
あなたが①から⑥のように公表する、正しい科学的根拠を教えていただきたいと思ったのです。

2012/12/12 (Wed) 09:53 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

スポンサードリンク