kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

風邪で抜け毛が起きたのか?原因は抗生物質にあった話

薬

昨日から久し振りに抜け毛が起こりました。その関連として考えられるのは、嘔吐・下痢・発熱があったことですが、周りからは「ノロウイルスではないか?」との疑いの声もありました。たしかに症状だけをみるとその疑いもありますが、実際にノロウイルスだったとしても、はっきりとした治療法は無いといいますので、とりあえず今は様子を見ながら自然治療を行なっていくつもりです。私はおそらく風邪をこじらせたものだと考えていますが、今回は多量の抜け毛が起こってしまったことが非常に気がかりです。過去にも風邪をこじらせ、抜け毛が起きたことがありますが、これは抗生物質による抜け毛でした。今日は抗生物質によって抜け毛が起きた話を書きます。

スポンサードリンク

昨日より、嘔吐・下痢・発熱 そして抜け毛が…。

基本的に私は、病院を利用することをなるだけ避けるようにしています。
ひどい外傷や手におえないような疾病以外は身体が持っている治癒力を頼って回復を待つようしているのですが、これには少し訳があります。

過去に風邪をこじらせた際、病院で抗生物質を処方され、継続して飲んでいると抜け毛が多く起こってしまった訳です。
その当時は病院にかかれば治るもの、病院に行くのが一番の解決法だと思っていましたので、何故抜け毛が起こってしまったのか理解できず疑問を感じていました。


その後、マクロビオティックのことを知り、健全な身体のあり方、健全な食のあり方を学んで、病院にかかることが全てでは無いと解りました。
たしかに近代医学の向上があって病に苦しむ人を助けているのは事実ですし、薄毛・脱毛症のAGA治療など大きな役割があることも事実です。
ですがちょっとした風邪などで、たびたび病院にかかるのは少し違うように思えます。
大病の場合などを除き、風邪などで抗生物質を用いることを行なう病院にかかるのは少し考えたいものです。


抗生物質による抜け毛のリスク

昔は抗生物質は効くとされて、今だに処方する病院も中にはあるようですが、風邪に抗生物質は効きません。
むしろ、腸内細菌の善玉菌までも殺してしまい、必要な栄養素の吸収が妨げられて、免疫の低下(風邪がいつまでも治らない)することもあるようです。

私の場合は抗生物質を摂り続け、これらが原因で抜け毛が起きたもの と考えられます。
必要な栄養素が頭皮や髪に行き渡らない状態が起こり、抜け毛が多く起こってしまった訳です。

このような感じで知らないうちに病院の言いなりになっていたりします。
風邪などのほんの少しの疾患で病院に行こうとするのであれば、薬によるリスクや高いコストを考えると決しておすすめできません。

風邪の症状に効果的な食べ物を使った回復方法はたくさんあります。

【一例】
*寒い季節に抜け毛を予防する”しょうが”とその効果とは
*忙しい人におすすめ!塩と重曹の蒸し風呂とその効果とは

同時に、冷えによる抜け毛の防止もそれによって行なえる訳ですから、こんなに良いことは風邪薬では為し得ないものです。

今年も風邪が流行しそうですが、体の冷えが風邪と抜け毛に直結していることを注意してお過ごしくださいね。

スポンサードリンク
関連記事
スポンサードリンク