kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

育毛剤・シャンプー・リンスの「無添加」表記を見分ける

tenka.jpg
ヘアケア製品のラベルに「無添加」と表記されているものが多くみられますが、 以前とは違って、最近は安全性を重視する消費者が多くなったため、商品としての売り文句となっています。 ヘアケア製品に限らず、食品にしても同じやり方で行なわれているように思えます。 「無添加」を表記すれば安心して使う人もいる訳ですが、「無添加」という言葉の意味とは一体どんなものなのでしょうか。「無添加」でないといけないものなのでしょうか?それについて考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

「無添加」の言葉だけを軽く考えてみます。
添加が無い・添加されていないもの、ということになる訳ですが、この表記にどんな意味があって、何を添加していないのか?といった疑問を持ってしまいます。
食品などの場合、最近は健康志向の人が多くなったため、あらゆる食品のラベルに「無添加」の表記をみることができます。
これは、無添加という表現が身体に無害なものとイメージしている人が多くいることから、そのイメージを商品の売りにするために、「無添加」と表記する販売メーカーのテクニックのひとつとなっているようです。

多くの人が「無添加」であれば安心して使える、食べれるという考えでいる訳ですが、ほとんどのものに「化学物質無添加」とは表記されていないということを理解されていないように思えます。
(但し、マクロビオティックの食品などには表記されているものが多い)
「化学物質無添加」と表記されたものであれば、そのものに化学物質はまったく含まれないということになりますが「無添加」とだけ表記している場合は、そうではないということです。

例えば、「無添加」とする育毛剤の成分表示をみてみると多くの薬剤が表記されているのですが、それをみると、どこが「無添加」なんだ・・・と思ってしまいますね。
ですがこれは間違いではないのです。なぜなら「化学物質無添加」とは記されていないのですから。
こういった場合、例えば着色料ひとつだけを添加していないものでも「無添加」を表記することができるのです。
物によっては、よく見てみると「無添加」の横に小さく着色料と表記されていることもあります。
そんな感じでも着色料だけは使っていないことが分かるので納得はできます。

納得できないのは「無添加」としか表記されていない場合です。
商品としての売り文句である訳ですが、一体何が無添加なのか明確にした方が消費者にとっても選びやすく安心して使えます。
しかしながら、「無添加」をうたっている育毛剤などは、成分に添加物をなるだけ含ませないようにしているのも事実です。

以前のような化学添加物が満載の育毛剤とは違って、ある程度安心して使えるようにもなりました。
人によっては効果を得ている人もいる訳ですし、体質に合った「無添加」であれば、体の反応を確認しながら使っても良いのではないかと思います。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク