kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

子供の靴下の重ね履きで冷え取り効果、免疫力を高める

a0001_010730.jpg


「冷えは万病のもと」・・・といいます。体が冷えていれば、・血流が悪くなり、リンパ球が体内で十分な活躍ができなくなる
・自律神経が乱れる ・免疫力が下がり、ガンを初めいろんな病気にかかりやすくなる。
こんなことから様々な病気は冷えが要因となっているようです。(私の場合、さらに抜け毛がひどくなるおまけまで・・・)

スポンサードリンク

私を含めた、私の家族も常にここを意識した生活を送っているのですが、やはり子供に対しては、しっかりフォローしてあげられているのか心配になりますね。子供はまだ2歳ですので免疫力を高めることが難しいように思えますし。

子供は早産で2ヵ月早く産まれましたが、これまでとても健康に育ってくれました。
私たちの不注意で破水したのちの早産でしたので、申し訳ない気持ちと、何とか健康であってほしいと願って今日まできました。

着るものや食べるもの、それらが近年の添加物まみれの子育て環境の要因であったりします。
例えば、食べ物が深く影響している子供のアトピーも、私達親が知らないうちに原因を作っていたりします。
参考記事 → 子供のアトピーは抜け毛も ~原因は身土不二を無視した食から~

こういったことは親が正しい知識を得ていれば、避けることも可能になるのではないでしょうか。


我が家の冷えとりアイテム「重ね履き靴下」

a0001_010732.jpg

私の子供が健康でいてくれるのは、子供自身が持っているものではあるのですが、
そこに導いているのは「冷えとり」を意識した生活 を送っていることにあると思います。

・ 靴下の重ね履き
・ 半身浴
・ 食の陰陽バランス

これらのことは、「冷えとり」を意識した生活をしていると欠かせないものになってきます。
大人がおこなうこれらのことを、私の家庭では子供にも同じようにしてあげています。
参考記事 →靴下の重ね履き効果なら絹・綿などの天然素材にこだわりたい

この時期は特に、靴下の重ね履きをすることが子供の健康に役立っているようです。
子供の足を温めて体を冷えさせない、足の裏から毒を出してあげることと考えます。

未来のある子供だからこそ、優先して行なうべきと私は考えますが、子供の靴下の重ね履きについては、人によって考え方が違っています。

例えば、寝るときに赤ちゃんの手足が冷たくなる・・・これは異常ではありませんし、
心配ならば、首のところに手を入れて体温を確認・・・身体があったかかったら問題ないといいます。



裸足のほうが足の裏からいろんな感覚刺激が入ってくるから、成長のためには大事と考えることもできます。

ですが逆に言うと、足の裏からいろんな感覚刺激が入ってくるのであれば、何でもかんでも受け入れてしまうとも考えられます。例え有害物質であろうがです。
そんなリスクよりも、靴下を重ね履くことで有害物質を入れさせない、さらに体に溜まった毒出し効果を狙える方が子供のために良いと思うのです。

そういったことから、影響の受けやすい子供の体が、まだ未発達であることを考えてみると出来ることはやってしまおうというのが私の考えです。なので、子供にも靴下の重ね履きはおすすめしたいものでもありますが、暑がったり気になったりする場合は、無理にしないほうが良いと思います。

第一に睡眠は安げるものでないといけませんし、質の良い睡眠のための靴下の重ね履きなのですから。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク