kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

天然オイルを使う頭皮ケア、その目的と選び方・効果を知る

a0001_013675.jpg

天然オイルを頭皮につける頭皮ケアにはさまざまなものがありますが、
これには発毛・育毛成分といったものは含まれていません。
天然オイルの頭皮ケアを紹介している情報サイトでは「天然オイルで育毛」
といったような見出しが多くみられますので一応注意書きを・・・。
ですが、髪を育てる為の頭皮環境を整えるには非常に有効なのは事実です。
どんな天然オイルを使うか?それも迷うところです。

スポンサードリンク



●天然オイルを髪・頭皮につける目的とは・・・

a0960_001395.jpg

これは人それぞれです。多くの人が髪の傷みの修復や薄毛や抜け毛を改善したいという
目的がほとんどですが、正直なところ種類が多くありますので選択が難しく感じることもあります。

髪・頭皮に使われる天然オイルの例

・オリーブオイル・ホホバオイル・ローレルオイル
・マカダミアナッツオイル・ヒマワリオイル
・アーモンドオイル・スクワランオイル・白ゴマオイル
・ククイナッツオイル・ユチャオイル・カロットエキスオイル
・メドウフォームオイル・バーシックオイル
・ダイズオイル・ローズヒップオイル・サフラワーオイル・・・


・・・これ以外にもハーブオイルなどを追加すればかなり多くの種類があります。
こういった、ヘアケアを目的とした天然オイルの種類をあげてみると、本当に迷ってしまいます。

美しい髪をつくる目的で天然オイルを使用する場合、効果を得やすいといいますが、
頭皮環境を整えるという目的での天然オイルの使用は少しハードルが高くなってしまいます。
生えてしまっている髪を整えるのではなく、 土台となる頭皮を整えるのですから、
ただ単にオイルをつければ良いという訳ではありません。




●「ローレルオイル」「ホホバオイル」がおすすめ

a0002_004850.jpg

私は理容師であることの経験から「ローレルオイル」を使ったシャンプーで頭皮ケアの効果を得ていますが、
そのシャンプーも「ローレルオイル」の特性を100%活かした方法でおこなっているつもりです。

→ 無添加石鹸シャンプーにこだわる理由 ~ローレルオイルの効果~
→ アレッポの石鹸シャンプーを正しく使う方法
→ アレッポの石鹸シャンプーで抜け毛・薄毛を予防する私の洗髪方法

頭皮の状態は人によって違います。
脂性肌なのか乾燥肌なのか、それによって選ぶ天然オイルも変わります。
私はローレルオイル・オリーブオイルが体質に合っているのですが、
多くの人は「ホホバオイル」を使って良い頭皮環境になっているようです。
「ホホバオイル」については、こちらの同業者様も実際に効果を得られ、
育毛の成功まで可能にされました。




●著しく価格の安い「天然油混合オイル」は使わない

ホホバオイル1
これは生活の木のゴールデンホホバオイル。とても質の良いオイルです。

100円ショップや通販などの非常に安いものを使うのは避けた方が賢明です。
これらは天然オイルを装うようにしながら天然オイルではない「天然油混合オイル」ですので。
成分表示を見てみると、はじめに「ミネラルオイル」という成分がありますが、
これは石油からできたものです。 ミネラルと表示しただけで体や頭皮に良いイメージを
演出しているようなものですが、 実際は頭皮や髪に悪影響です。
→ 育毛・薄毛対策で避けたい低料金ヘアサロン ②

これはこれまで何度も述べてきたことですね。
頭皮のためのオイルにもまた石油系か・・・と落胆してしまいますが。
ですがオイルの価格を考えると当たり前なことにも思えます。
低価格といえば、やはりそれなりのものですので納得はできます。
大切な髪・頭皮のためにもそういったものは使わず、しっかりと「天然オイル」を使った方が良いですね。

話をまとめますと、現段階で髪・頭皮ケアにいちばん有効だと思うのは
「ホホバオイル」「ローレルオイル」だと思っています。
実体験から述べるとこの2つをシャンプー、シャンプー後、
という感じに使い分けると髪も頭皮も良い状態をキープすることが可能になります。

関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク