kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルメットによる髪や頭皮の擦れ・痛みを防ぐ為の対策方法

騎手の帽子

帽子やヘルメットを被ることで、薄毛になるのではないかと心配される人も多いと思います。
ヘルメットを日頃着用している人に、薄毛や脱毛症が見られた場合、たしかにヘルメットの影響を疑ってしまいます。ですが、ヘルメットを被ると必ずしも薄毛や脱毛症が起きてしまう訳ではありません。何の根拠もないことです。ただ、ヘルメットを被ることが、薄毛や脱毛症が起きるひとつの原因になっているのは確かです。今現在問題がないとしても放置する事は避けたいものです。ここではその対策を提案してみます。

スポンサードリンク



多くの時間をヘルメットで過ごされる郵便配達員の方の話の中で、
てっぺん部分が薄くなったという記事を先日書かせていただきました。
→ ヘルメットがてっぺんの薄毛の原因に・・・早目の対策が理想

このことは、郵便配達員の方に限らず、日頃ヘルメットを被ることのある人は注目してほしいと思います。




■対策を考える前に、ご自分のてっぺん部分を見る・触るなどまず確認

そのてっぺん部分の髪の毛が、
ペタっと寝てしまっている・弱々しい・途中が切れている・変なクセがついている・・・
といったような状態がみられるのであれば注意が必要だと思います。

そうでなくても、
明らかにてっぺん部分だけ違和感がある場合もヘルメット着用の影響があるように思えます。

これらは、薄毛や脱毛が起きてしまったというより、ヘルメットの摩擦による「擦れ」だと考えられます。
その「擦れ」がてっぺん部分に集中してみられるのですが、
これがひどくなると先で述べた配達員の方のように薄くみえてしまう訳ですね。




ヘルメット着用によるてっぺんの擦れ対策

スポンジ


お仕事などでヘルメット着用を義務付けられている場合、その状態を避けること困難ですね・・・
ある意味、身体の一部とも考えられるのではないでしょうか。

ヘルメットの中のクッション材が頭皮に強く密着していること、
まずその部分を対処しなければいけません。

対処とはいってもクッション材を外すことは考えません。
強い衝撃から頭を守るためのクッション材ですのでやはり必要になります。
ただこのクッション材は化学素材が使われてますので、髪が傷んだり、頭皮のトラブルが起きやすいのです。

頭皮はデリケートですので、
密着してしまうことを考えた場合、頭皮に優しい素材であることが本当は理想なのです。
そのために、‘‘天然素材‘‘ をぜひ使ってみてください。
天然素材を使うといってもハンカチ1枚あれば良いのです。

ヘルメットを着用する前にハンカチ1枚分を、
「擦れ」がみられるてっぺんに被せてヘルメットを着用するという対策方法
がおすすめです。

クッション材の化学素材が髪や頭皮のトラブルを起こしていることは否定できません。
なのでデリケートな頭皮に直接当たってしまう部分は、悪い刺激を与えない天然素材を使いましょう。

前述の郵便配達員の方には「絹」のハンカチをおすすめしましたが天然素材であれば綿でも何でも良いです。




「絹」をおすすめしたい理由

シルキッシュ 小


絹は吸水性や保温性に優れており、毒を出す力が強いという点で頭皮に良い天然素材だといえます。
ここでは擦れ防止対策として述べてますが、
ヘルメットを被る人の頭皮環境を考えた場合、「絹」の性質をみると非常に良いものだと思います。

これは、擦れを防止する以前にも考えておきたいことではないでしょうか。
頭皮にみられる経皮吸収(皮膚から吸収すること)により、有毒なものを蓄積・吸収すると考えた場合、
化学繊維などの化学素材は避けるべき
だと思います。

近年は天然素材もオーガニックを求められるようになりました。
これは多くの人に、少しでも肌から毒を入れさせないという意識が高まっているものと考えられます。

肌もそうですが、頭皮も非常にデリケートです。
頭皮に直接触れるもののすべてが、刺激のない、優しいものであった方が良いのではないでしょうか。

関連記事

スポンサードリンク

- 2 Comments

写楽君  

はじめまして。リンク貼るらせてもらいました。
よろしくおねがいします。

2013/02/26 (Tue) 12:15 | EDIT | REPLY |   

kame38  

写楽さんはじめまして!

一日一食の生活すごいですね。簡単なことではありませんのでとても感心します。
ブログ記事を拝見させていただきましたが、健康であるべきことのポイントが、
要所要所に散りばめられ、非常に参考になり勉強させていただきました。ありがとうございます。
今後もまたぜひお邪魔させていただきます。健康であるためにお互い頑張っていきましょう^^

2013/02/28 (Thu) 23:13 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。