kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

レヴールピンクの洗浄力・効果、成分にヘナも含有


ノンシリコンシャンプーReveur(レヴール)の新CMで今を輝く女優4人の素敵な演出を観ることができます。 長澤まさみさん・戸田恵梨香さん・石原さとみさん・榮倉奈々さんそれぞれがシャンプーのイメージを華麗に演出しています。これだけの女優さんをCMに起用したのですからやはりそれなりに注目されているようですね。そんなノンシリコンシャンプーReveur(レヴール)の成分が髪や頭皮に与える影響とはどんなものなのかみてみたいと思います。

スポンサードリンク

やはりここでは「Reveur SCALP」が気になる

scalp_image01.jpg

レヴールシャンプーはそれぞれの目的に合わせた「レヴールヘアケアシリーズ」から選ぶことができます。
私がいつも注目していているのはやはり‘‘頭皮‘‘ですので、ここではスカルプケアのための「Reveur SCALP」をみることにします。

SCALABO(スカラボ)シャンプーと同じようにレヴールシャンプーもノンシリコンなのですが、
少し違うところは、女性ならではの頭皮や髪の悩みを考えてつくられたノンシリコンスカルプケアシャンプーとされているところです。

スカラボなどのスカルプケアシャンプーといえば、もともと男性に向けたものが多かったことから、
男性の好む爽快感・メントールの強い配合でつくられてました。
「Reveur SCALP」ではメントールの強い配合をカットして"やさしさ"にこだわる、
女性のためのスカルプケアシャンプーを可能にしたとされています。


【レヴール スカルプシャンプー】

頭皮や髪に対してやさしさを強調されていることから15種類以上の植物エキスが成分に含まれています。

~「Reveur SCALP」に配合される、頭皮や髪に良いとされる成分 ~

scalp_image05.jpg

Reveur SCALPはシャンプー・トリートメントどちらもノンシリコンです。


注目しておきたい主な天然成分

ダイズイソフラボン、ショウガ根エキス、ゴボウ根エキス、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、アカヤジオウ根エキス
ボタンエキス、セージ葉エキス、ラベンダーエキス、ビターオレンジ果皮エキス、グレープフルーツ果実エキス、レモンエキス
トウキンセンカ花エキス、ノイバラ果実エキス、オレンジ果皮油、グレープフルーツ果皮油、マンダリンオレンジ果皮油、
レモン果皮油、コリアンダー果実油、メボウキ油、ゼラニウム油、ラベンダー油、イランイラン花油、ベチベル根油


これらの天然成分により以下の効果が期待できます

保湿効果・抗炎症作用・頭皮の収れん作用・血行促進作用・抗酸化作用・抗アレルギー作用・消臭効果・殺菌効果・発毛育毛効果など・・・

~「Reveur SCALP」に配合される頭皮や髪に悪いと思われる成分・添加物 ~

・フェノキシエタノール
・メチルパラベン
・安息香酸Na
・エタノール

これ以外にもレヴールシャンプーに配合される化学合成添加物は非常に多いです。
なので簡略化して記してみました。
これらの化学添加成分は防腐剤としての効果を得るために配合されたものですが、強い刺激から頭皮が炎症をおこす、かぶれるといったことが起こる可能性もあるようです。


「Reveur SCALP」には、実はカッシア(無色ヘナ)が配合されている

カッシア

成分中に「カッシアヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド」という長く難しい名前のものがあります。
実をいうとこれはカッシアという無色のヘナのことです。
含まれる天然成分の中でいちばん注目したい成分だと 個人的に思っています。
他の同じようなスカルプシャンプーをみてもカッシアが配合されているものはほとんどないようです。

これをカチオン化させること(吸着率を高める)でノンシリコンシャンプーで補えない髪のコーティングを施してハリやコシを出すといった効果が期待できます。
ただしこのヘナの効果は強いものですので、ヘアカラーの染まり方に影響があると思います。
ヘアカラーを予定されている場合は使用を避けた方が良いかもしれません。

その他に、ダイズイソフラボン、ショウガ根エキス、ゴボウ根エキス、センブリエキスといった天然成分は「Reveur SCALP」のテーマに沿ったナチュラルな頭皮ケアを意識した配合となっています。

scalp_image04.jpg

それ以外の天然成分にも育毛・薄毛対策を気軽におこなえる配合となっているのですが、
使われている化学合成添加物の多さを考えると天然成分にこだわる意味が無くなってしまっているようにも思えます。これはスカラボシャンプーにも同じことが言えますが、 コストで考えると仕方のないことなのかもしれません。

価格が1000円もしないスカルプシャンプーですから商品として成り立つには化学添加物が必要だってことです。それを理解した上でのご使用をおすすめします。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク