育毛・薄毛の自然派ヘアケア ~理容師の知恵袋~



2013 03/31

ヘアワックスで抜け毛も 頭皮に付着する影響は毛穴にも

ワックス

スタイリング剤の代表格として手軽で便利なヘアワックス。 ドラッグストアなどでは様々な髪質に合わせたヘアワックスが数多くありますが、その種類の多さに選択を迷うこともあるのではないでしょうか。ヘアワックスは正しい付け方を知る事をお勧めします。髪の毛以上に頭皮に悪影響があるので。

スポンサードリンク


●ヘアワックスは化学添加成分の塊り

私はお客様のカット終了後、仕上げにヘアワックスを使うことも多いのですが、 使っていながらも少しためらってしまいます。 頭皮にヘアワックスが絶対に付かないように、なるだけ気を付けるのですが、 それは整髪する目的以上に大切な事だと感じていますね。 ヘアワックスというものはその成分を考えると決して髪や頭皮に良いものではありません。 多くのヘアワックスは化学添加成分の塊りだと私は思っています。

ヘアワックスのセット力だけを考えてみると非常に良いものだといえます。 それは私も理解しています。現在では営業用として、なくてはならないものとなっている訳ですが、 含まれる成分を考えると使用することをためらってしまうのです。 これまでの記事で合成シャンプーが髪や頭皮に悪影響を及ぼしている話をたびたび述べてきました。
→シャンプーやトニックなどで得る気持ち良さに育毛・薄毛対策の本質はあるのか?

この記事のような合成シャンプーに 含まれる化学添加成分がヘアワックスにも同じように使われています。



●実はスタイリング剤のどれもがほぼ同じ成分

WS000010_20130331045327.jpg

そういった化学添加成分とは、 合成界面活性剤・鉱物油などの石油系油分・酸化防止剤・紫外線吸収剤・シリコン油・アルコール  などが主になるようですが、実はこれらの成分はヘアワックス以外のスタイリング剤にも、 ほぼ同じものが使われていることを案外知られていません。

それは、ヘアスプレーやムース、ミスト、ヘアクリームといったものが、 ほぼ同じような添加物でつくられているということです。

ムースの場合、水とアルコールを界面活性剤で泡状にしたもの
ミストの場合、上記と同じ成分を液体状にしたもの
ヘアスプレーの場合、水を含まないアルコール素材の速乾性があるもの
ヘアクリームの場合、上記と同じ成分をクリーム状にして粘ばりをつけたもの


これらは泡状や霧状、またはクリーム状といったそれぞれの形状の違いはあっても、 スタイリング剤の添加成分にはほとんど差がないということになります。 これらの化学添加成分が良いものではないと考えられますが、 実際に何が良くないのか知る必要があります。 それは上記で述べたスタイリング剤全部にいえることですが、 これらをなるだけ頭皮に付着させてはいけないということです。



●ヘアワックスが頭皮に付着すると厄介なことに

a0001_017565_20130331050001.jpg

そういったスタイリング剤の中で特に頭皮に付着しやすいのはヘアワックスだと思うのです。 ヘアワックスは、手軽さとセット力の良さから愛用している人も多いと思いますが、 手軽さゆえに使い方がつい雑になっている人もいるのではないでしょうか。 朝、急いでいるときなどにその傾向がよくみられるようです。

ヘアワックスは髪だけにつけるものですが、 急いでいるときは髪の下の頭皮まで知らないうちに付けてしまっていることがあります。 こういう感じで頭皮にヘアワックスが付着してしまうと後々が非常にやっかいです。ヘアワックスに含まれる鉱物油などの石油系油分・シリコン油といったものは非常に粘着力が高く、 頭皮に付着した場合、シャンプーしても確実に取れるものではありません。 取れたと感じても実際は取れていないことが多いようです。

それが頭皮に蓄積されると、 余分な皮脂と共に頭皮に酸化が起こり、毛穴が塞がれてしまうこともあります。 そんな酸化した皮脂が毛穴に溜まると、 髪の毛の発育を妨げてしまい、抜け毛まで起きやすくなってしまう訳です。



●必ずその日のうちに洗い流す

shower-kit_2806333.jpg

ヘアワックスは髪だけに揉み込むように付けることを意識しておきましょう。 確実丁寧にこれをおこない、決して頭皮に付かないように気をつけるしかありません。 そして毎日のシャンプーは必要不可欠です。 ヘアワックスを付けるならこれは決して欠かせないものです。

次の日の朝にシャンプーするのではなく、帰宅したその日のうちに洗い流すことが大切です。 頭皮に付着している時間が長ければ長いほど頭皮環境が悪くなりますので、 早めに洗い流すことを考えておいてください。

春を迎えこれから夏に向けて気温も上がってきます。 今後は頭皮が汚れて酸化してしまうことを防ぐためにもケアが必要となってきます。 ヘアワックスの残留物と皮脂汚れが相乗してギトギトになることだけは避けたいものです。


関連記事

スポンサードリンク

(2)TB(0)

AFTER「アルジェランシャンプーで育毛・抜け毛予防などオイル効果と成分とは

BEFORE「ベビちゃん石鹸(ベイビースキンソープ)で洗髪した効果を検証

COMMENT

  • No.262

    はじめまして
    東京で美容師をしている澤辺大志といいます。

    いまヘアワックスのブログを書こうと思いネットで検索をしていたらこのサイトにあたりました。

    ものすごく商品の口コミなどが書いてあり勉強になりました。
    育毛関係の記事楽しみにしています。

    また

    投稿者:澤辺大志 2014/10/17 (金) 16:44
  • No.264

    澤辺大志様、ご訪問とコメントありがとうございます^^

    澤辺様の運営されるブログサイトへ訪問させていただきました。
    同業者様の育毛ブログはやはり参考になりますね。面白いです!
    お忙しい中でのブログ更新は大変ですよね。私も好きで更新していますが、
    なかなか毎日の更新とまでは難しかったりします^^;

    私の方こそ勉強させていただきたく思います。
    ぜひまたお越し下さい。私もまた遊びにいきたいと思います。
    ありがとうございました^^

    投稿者:管理人 2014/10/19 (日) 01:27

MESSAGE

非公開コメント

Top