kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

アルジェランシャンプーで育毛・抜け毛予防などオイル効果と成分とは


マツキヨ限定発売のアルジェランオーガニックシャンプー。かなり成分にこだわっているようです。 ヘアケアは自然派でありたい私にとっても、オーガニック素材のシャンプーは非常に気になってしまいます。 オーガニックコスメ基準で作られたアルジェランシャンプーなら、頭皮のトラブルは改善されるのかも・・・と期待される人も多いはずです。

スポンサードリンク



ここ数年は環境汚染などにより、 体に摂り入れるもの・身につけるもの、共にナチュラルなものを求められるようになりました。 ヘアケア製品、シャンプーについてもそういったことから注目されているのではないでしょうか。 マーケティングの一環としてオーガニック製品も確立しつつあるのですが、 オーガニックとしての本質を活かされている製品、シャンプーというのはごくわずかのようにも思えます。 アルジェランシャンプーについては、 低価格でありながらもオーガニックの特性を生かしたシャンプーのように思えるのですが。


【アルジェラン スカルプクリアシャンプー】

WS000010_20130403005411.jpg

オーガニック植物原料を主体としたノンシリコンシャンプー。 数種類の精油を含む50種類ほどの成分が配合されているのですが、このあたりは驚かされました。

~健やかな頭皮に~ と題されるところに、そのこだわりを感じます。 当然に動物性のものは使われてません(微生物由来のもの、ハチミツを除きます)。 これらはできるだけ自然に還る生分解性の高いものを使うようにしており、環境への配慮もうかがえます。


「アルジェランシャンプー」頭皮や髪に良いとされる成分

注目しておきたい主な天然成分
チョウジエキス ・ユーカリエキス・ビワ葉エキス ・キイチゴエキス ・メリッサ葉エキス・ヨーロッパシラカバ樹皮エキス・キウイエキス ・ローズマリー油・ タチジャコウソウ花葉エキス ・グレープフルーツ果皮油 ・マヨラナ葉油 ・セージ葉エキス ・ラベンダー花エキス ・カニナバラ果実エキス ・ハチミツ ・ ビルベリー葉エキス ・オリーブ油 ・ベルガモット果実油 ・セイヨウトチノキ種子エキス ・アルニカ花エキス ・ハマメリス葉エキス ・セイヨウキズタ葉茎エキス セイヨウオトギリソウ花葉茎エキス ・ブドウ葉エキス ・ローマカミツレ花エキス ・トウキンセンカ花エキス ・ヤグルマギク花エキス ・カミツレ花エキス・ フユボダイジュ花エキス ・レモン果実エキス 芳香水 ・ セイヨウアカマツ球果エキス ・ローズマリー葉エキス ・ゴボウ根エキス ・オランダカラシ葉茎エキス サボンソウ葉エキス ・キュウリ果実エキス ・ゼニアオイ花エキス ・パリエタリアエキス ・セイヨウニワトコ花エキス ・オウゴンエキス・オウバクエキス カワラヨモギエキス・ クマザサエキス ・ジオウエキス・ショウブ根エキス・ ソウハクヒエキス

50種類全部書いてみましたが、このように読みづらいくらいにかなり多いです。

レヴール スカルプシャンプーに比べると、
約2倍くらいの天然成分が含まれているところも注目かもしれません。


「アルジェランシャンプー」頭皮や髪に悪いと思われる成分・添加物

・ベンジルアルコール  香料、防腐剤、粘度低下剤、溶剤  旧指定成分で、アレルギーの報告があります
・フェノキシエタノール  溶剤、可溶化剤、収れん剤、乾燥  人によりパラベンより毒性が強いという話も   
・EDTA-4Na   キレート剤 旧指定成分で、皮膚、粘膜に対する刺激からアレルギーの恐れも。


この他にも化学添加成分はまだありますが、 これらの添加物は無添加シャンプー以外のほとんどのシャンプーに使われていますので、そこまで心配はいらないと思います。 むしろアルジェランシャンプーは添加物が少ない方だとといって良いでしょう。 ただ、人により相性の良し悪しは当然あります。アルコール・エタノール系には弱いという場合など、とりあえず注意は必要です。


ローズマリーオイルとラベンダーエキスは育毛や抜け毛対策になる?

a1180_004195.jpg

アロマテラピーで頭皮のケアをおこなう人に欠かせないのがローズ系の精油なのですが、 アルジェランシャンプーでは「ローズマリーオイル」や、 これも頭皮ケアに必要とされる「ラベンダーエキス」の配合を商品紹介でピックアップしています。

これらの精油は・・・
ローズマリー :頭皮の血行促進して髪の毛につやを与える
ラベンダー  :頭皮の細胞を活性化させる働き


といった効果があり、頭皮ケアするための代表的存在のようなエッセンシャルオイルです。 そのことに照準を合わせるようにアルジェランシャンプーでは実際に配合されていますが、 この辺りをみると‘‘髪‘‘というより‘‘頭皮‘‘に視点をおいたシャンプーと考えられるのではないでしょうか。


頭皮トラブルの補助として考えること

p_Cypress_Oil_3.jpg

ですが‘‘頭皮‘‘だからといって育毛・発毛に決して有効だとはいえません。 精油だけで髪が生えるといった話もほとんど聞きませんし、これだけで髪が育つという話も当然ない訳です。

残念ながら抜け毛が止まるといった話ももちろんありません。 これらの育毛・抜け毛改善というのはシャンプーや育毛剤だけでは効果は得られません。 原因を付きとめ、食べ物や生活習慣の見直しがあってこそ育毛剤やシャンプーの効果が活かされるので。
まずそこを改善のポイントにして、補助としてのシャンプーと考える必要があるのではないでしょうか。 成分をみる限り、健全な頭皮環境つくる目的としてはかなり良いものだと思います。(体質に合っていればです)

その場合、抜け毛予防としてせっかくオーガニックシャンプーを使ったのですから、リンスも自然派でおこなうことをお勧めします。

→クエン酸リンス+オイルで抜け毛予防、育毛できる作り方と使い方

頭皮のケアを中心に考えるなら自分に目的に合った精油をブレンドすると良い感じに仕上がります。 アルジェランはオーガニックトリートメントがありますが、やはり添加物が含まれています。 これ以上、添加物を避けたいとするのであれば、リンスを自作されるのも良いのではないでしょうか。 自分で作ることに意味がある と思うのです。 自分で作ると心がこもり、頭皮をいたわってあげる気持ちが芽生えてきます。

そのときにヘアケアがオーガニック・自然派であることがいかに大切か気付くことでしょう。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク