育毛・薄毛の自然派ヘアケア ~理容師の知恵袋~



2013 04/12

自然派の保育園で育む健康が髪・頭皮も健全にしていること

にんじん収穫

私の子供は保育園に通っています。自然との触れ合い・物の大切さ・食の大切さを伝えることを保育方針としている場所で、のびのびとさせてあげたいという私たち夫婦の考えから、今の保育園を選びました。
認可保育園でありながらここでは自然と触れ合い、自然なものを食べる、学ぶといったことを徹底しています。15キロ離れた保育園まで毎朝送りますが、子供の健康とのつながりは深く、その苦労も報われています。

スポンサードリンク



●子供の健康維持はストレスフリーの環境で

桜の木にのぼる!

斎藤公子メソッドに沿った「さくら・さくらんぼ保育」をとりいれたこの園の子供たちは、
毎日とても元気に過ごしていて心身ともに健全なのです。
最近は多くの人が保育園に通わせたいと思う一方、待機児童の問題により、選ぶことさえ難しくなりました。
ですが、たとえ保育園に通わなくても、子供は外で元気に遊ばせてあげたいと思いますよね。

子供の髪・頭皮を含めた体全体の健康は、やはりストレスフリーな環境で育てるべきだとも思います。
そのために家で勉強やゲームばかりさせるのではなく、外で自然に触れ合うことが健康に良い影響を与える
と考えた場合、それを実践していると病気とは無縁で毎日を元気に過ごせるのではないでしょうか。

私は今行っている保育園に子供を通わせて本当に良かったと思っています。
何故なら、ほとんど病気をしないからです。1年目は風邪の症状もみられましたが、
2年目からは免疫がついて風邪さえもほとんど患うことはありませんでした。

そして、子供はワクチンの摂取もほとんど受けることはないのです。四種混合は受けましたが、
肺炎球菌・Hibなど厚生労働省が薦めているワクチンを信用できず、ほとんど拒否してきました。
インフルエンザなどもです。これらのことを言うと多くの人が驚かれてしまうのですが・・・
それは私たち夫婦が議論を交わし、たくさん考えての結論なのです。




●今のままでは増え続ける子供のアレルギー疾患

かき氷

私たちの世代の人は良い時代に育ってきたといいますが、本当にそうでしょうか?
確かに欲しいものはお金があれば買える、調べさえすれば何でも知ることができるといった
便利な情報社会で育ったことは成長に繋がりました。
ですがそれらの見返りのように、大切な身体を害されてきたことは否定できません。
これは国により、国の繁栄のためにたくさんのものが犠牲にされてきまともいえるのではないでしょうか。
環境問題や食の問題など今考えてみれば危惧されていいはずの事が、ないがしろにされてきましたし。

私たちが生きていく上でいちばん大切なものは食べ物です。
日本は四季というものがあって、生きていくために必要な食・栄養は四季からいただける訳です。
食については何一つ不自由になることはないのに、
なぜ化学添加物を使い、何故に薬漬けにするのだろうと思う訳です。
そういったものを国が公認して、あたかも健康に良いという誤ったイメージを国民に植え付けた結果、
様々な病が蔓延して今日まで来てしまったといえます。

髪の毛でいえば中年層の男性にみられるAGA(男性型脱毛症)は
それらのことがひとつの原因として起きる・悪化してしまう現代病といえます。
若年層の男性や女性にも抜け毛~脱毛症がよくみられます。
社会的ストレスや添加物まみれの食べ物やシャンプーを取り入れていることで本来起きるはずがなかった
抜け毛や脱毛症がみられている訳です。

さらにそれが子供にまで影響が及んでいることも事実です。
アトピーなどの皮膚疾患や抜け毛・円形脱毛症など昔はみることはほとんど無かったといいます。
例えばアトピーなどのアレルギー疾患はその典型的な例だといえます。

→子供のアトピーは抜け毛も ~原因は身土不二を無視した食から~

子供に起きてしまう円形脱毛症は一般的にストレスが原因とされています。
これは科学的に解明されたことではありませんので明らかな原因とはいえません。
ですが現在の子供たちを取り巻く環境をみてみると否定することはできないのではないでしょうか。





●環境汚染や化学物質による子供の健康・髪への影響

resize.jpg

・口から入るもの(農薬使用、添加物まみれの食べ物)
・吸い込むもの(放射性物質、pm2.5など大気汚染)
・皮膚から吸収されるもの(薬剤まみれのシャンプー剤など)


ストレス以外にもこれらすべてに危険性がある訳です。
最近では原発事故による放射能汚染など過去にはなかったことが現実に起きてしまっています。
子供が安全に、健康に過ごせる場所はあるのでしょうか?
今の日本は放射能汚染など過去に考えもしなかった危険にさらされています。
ですがそれでも日本で暮らしていかなければならない訳です。
私たち親が子供の安全を確保していくべきではないでしょうか。

国の情報がすべて正しいと思う前に、その先に何が起きるかを考えてみてください。
そうすると何かおかしいことに気付かれると思います。
それが解るといちばん大切なものを守るためにどうすれば良いかと考えるものです。
私が15キロも離れた自然派の保育園に子供を預けている理由はそういったところにあります。

安心して過ごせる場所、安全な食べ物を食べるといったストレスのない環境であれば、
子供は健康でいてくれるはずです。髪・頭皮に起きるトラブルなどありませんし、
今後も起きるはずはないと思っています。

関連記事

スポンサードリンク

(0)TB(0)

AFTER「子供は石鹸シャンプーで洗髪してあげたいこと、その効果は大きい

BEFORE「松本潤CMジュレームシャンプー、それぞれの香りを比べてみる

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top