kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴボウ茶の若返り効果が髪の発育まで可能にする話


ゴボウ茶

アンチエイジング、そして若返りの秘訣として注目されているゴボウの効果を述べてみます。 ナグモクリニック総院長の南雲吉則さんにより、ご自身の若さの秘訣とされる「ゴボウ茶」が有名になりました。美しさを求められる女優さんも飲んでいるゴボウ茶の効果をみてみます。

スポンサードリンク


年齢を感じさせない若さと美しさで人気の女優・菅野美穂さんは、ゴボウ茶にとても興味を持たれていたそうです。芸能人に限らず、一般の人にもゴボウ茶の若返り効果が注目されている訳ですが、美味しく飲みやすいことなども口コミによって広がりました。
以前からゴボウ茶というものは健康食品として販売されてましたが、医師の南雲吉則さんの著作によって、その若返りの秘訣として注目されるようになりました。



●若返り・冷えを意識して緑茶は飲まない

a0050_000292.jpg

私自身は以前からゴボウなどの根菜類は何でも摂り入れることを毎日の食事の習慣としてましたので、ゴボウなどを「ゴボウ茶」として飲む発想はほとんどありませんでした。ゴボウの若返り効果とは皮を取り除くのではなく、皮ごと全部食べることにあるのですが、これに抵抗のある人も実際に多くいると思います。そんな人には最適なものではないでしょうか。

お茶といえば緑茶を好んで飲まれる人が多くいますが、私の場合は番茶を飲むことがほとんどです。緑茶は体に良いとされていますが、カフェインが含まれていることから、「体を冷やす陰性のお茶」というイメージは拭い切れません。

体の冷えが万病の元と考えると緑茶ばかり飲むのもどうかと考える訳です。コーヒーや緑茶といったものを過剰に摂り過ぎると健康を害するというのも、そういった体の冷えが原因と考えますし、若返り・アンチエイジングを考えても悪影響は否定できないのではないでしょうか。



●「ノンカフェイン・体を温める」ゴボウ茶と番茶は似ている

a0001_015423.jpg

私が好んで飲む番茶にはカフェインが含まれません。番茶は「体をあたためる陽性のお茶」なのです。血行の促進をおこない、内臓疾患や髪のトラブルまで予防してくれる効果は大きいと感じています。そういう観点から、毎日積極的に飲んでいるのですが、
「ゴボウ茶」についても同じ効果があると考えられます。

ゴボウ茶も番茶と同じくノンカフェインです。もともとゴボウなどの根菜類は陽性の食べ物ですので、お茶にしたところで変わりはありません。現代病の多くは体の冷えから起こっていること、そして、体をあたためる対策をこのブログで述べてきましたが、やはりそれは若返りにも関係していて重要な事ですので、ぜひ考えてみて頂きたいです。



●ゴボウ茶の抗酸化力、デトックス効果を南雲さんでみる

20091029_1099251.jpg

前回の記事でも述べましたが、若返りを考えた場合、その効果はゴボウが持つ抗酸化力にありますが、他の野菜に比べるとゴボウの抗酸化力は飛び抜けています。
→野菜で若返り効果、簡単な食べ方でも栄養値はすごく高い

これに含まれる成分としていちばん注目したいのはポリフェノールです。
サポニン・クロロゲン酸というポリフェノールが含まれているのですが、ゴボウの強力な抗酸化力はサポニン・クロロゲン酸によって働いています。これらのポリフェノールは血液をサラサラにしますので、生活習慣病の予防・美白効果、さらには美髪効果や髪の発育まで期待できます。

その他にも食物繊維によるデトックス効果も見逃せません。
アンチエイジングを考えると、体の中にたまる毒素を排出することが望ましいといえます。
ゴボウに豊富に含まれる食物繊維によって腸内環境も改善され、ダイエット効果が見込めます。そういった解毒するということが見た目(肌の老化防止・髪の老化防止)にも深く関わっていることを思うと、ゴボウを摂り入れることは必須だと思う訳です。

ですがこういった成分の効果を述べるよりも、それを実践されてきた南雲さんそのものを知る方が早い と思います。その出で立ちが何よりも説得力がありますので。



●ゴボウ茶効果を得るために気を付けたいこと

ゴボウ茶2

注意したいのは「ゴボウ茶」だけを飲んでいても若返りは有り得ないように思えます。
情報に踊らされる人の多くは、そのものだけを飲むと効果があると思われることがあります。これは若返りを目指すこと以外にも言えることですが、体のバランスが良い状態でないと何事もうまく機能しないのではないでしょうか。

その例えとしてゴボウ茶の場合なら、肉を一緒に食べると逆効果にもなってしまう事があります。肉は強い陽性の食べ物ですが、これを食べすぎると血液がドロドロの状態になって血流の循環を妨げられる恐れがあります。その時の体質が陽性に強く傾いているのに、さらに陽性のゴボウ茶を飲んでしまうとバランスの偏りが心配されます。そうなると血行不良が生じたり、肌や頭皮・髪にまで異常が起こってしまうなど若返りどこではなくなってしまいます。

なので、ただゴボウ茶を飲めば良いのではなく、普段の食事が良いバランスであれば若返り効果も得やすいと思います。食の陰・陽の関係を理解されて、「体に良いもの」を摂り入れること、それが若返りのコツだと思います。

※これらの食の陰・陽についてはマクロビオティックのカテゴリーで詳しく記載しています



関連記事

スポンサードリンク

- 0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。