kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

プラセンタの育毛効果、髪・頭皮に良いというお客様の話

s-プラセンタ1

一昨年にプラセンタ注射をしたお客様の話をした事がありましたが、2年経過してどのような変化があったのかを少し報告しておきたいと思います。現在はプラセンタ注射を止めて、プラセンタのサプリメントとシャンプーだけとのこと。それが抜け毛予防に効いているのだそうで、特に馬プラセンタが効果的だといいます。良い情報なので過去記事ですが追記しておきます。

スポンサードリンク



a0001_008055.jpg

美容・健康の話題として最近何かと耳にする「プラセンタ」の話をします。アンチエイジング・育毛効果 が見込めることから、髪や頭皮の健康にも活かされるとされますが、注目されるようになり、いろんな関連商品が販売されているのをよく目にするようになりました。効果のあるプラセンタとはどんなものなのか・・・お客様の体験談も交えて記事にしたいと思います。



●髪を増やすためにプラセンタ注射を打つ

a1180_006735.jpg

プラセンタといえば女性の美容目的として有効な成分とされてますが、男性の育毛にも効果があることがテレビで放送され、話題となりました。最近来店された男性のお客様が、プラセンタ注射をされてきたとのことで、その後の経過を注目しています。薄毛に悩んでいるそうですが、プラセンタをサプリメントで摂るのではなく、プラセンタ注射を打たれた事に悩みの深さを感じました。

そのプラセンタの効果はご本人様いわく、頭皮に打つことを希望されたそうですが、それは不可能だったといいます。育毛の目的ということで頭部に近い場所を望むのは当然ですが、基本的に打つ場所は腕ということです。

注射を打った直後から顔の血行が良くなった、軽くなったとのことですが、髪・頭皮への作用がどんなものかはまだ分かっていません。効果が体感できるまでしばらく時間がかかりそうですね。次に来店された際にまたレポートしたいと思います。

追記

この記事を初めに書いた時は2年前でしたが、その頃はプラセンタの育毛効果などあまり注目されていませんでした。
その後、ほんまでっかTVでプラセンタの髪が生える効果が紹介され話題になりました。当時の検索上位にあったこの記事にもとても多くのアクセスがありましたので、そのプラセンタの育毛効果に注目された方も多かったのではないでしょうか。
そんな注目される以前から、既にプラセンタの育毛効果を知っていたお客様の髪は健在です。ただ2年経った現在はプラセンタ注射はしていないとのこと。注射を始めてから体調が悪くなる事がよくあり、不安になって止めたのだそうです。
正直に言うと髪は増えていないと思います。ですが2年前の髪と比べると変わりません。確実に現状維持されている感じです。
現在はプラセンタのサプリメントとシャンプー使用だそうですが、結果的にはプラセンタに目を向けたのは正解だったのかもしれませんね。





●馬プラセンタの効果を「たてがみ」でみる

s-プラセンタ2

健康維持がうまくいっていれば髪はよく育ってくれます。健康維持の為の運動はいつも欠かせないのですが、先日久し振りに趣味の自転車で有酸素運動を楽しんできました。今回は200キロという非常に長い距離ですが、その目的になっていたのが野生馬に会うという事です。宮崎県の最南端に都井岬というところがあります。御崎馬という野生の岬馬が120頭くらい棲息しており、子馬が元気でとても健全だったのが印象的でした。

ここでは人間が餌を与える事はないそうで、それでも元気で過ごし繁殖しているのです。健康な馬体なのがよく分かります。私が使う育毛剤のチャップアップは「たてがみ」の事を指していますが、そのたてがみの力強さもここで観れました。何かと髪に関係しているような内容なのですが、その立派な「たてがみ」の理由は人間にはない野生動物ならではの事なのかもしれません。

s-s-プラセンタ3

割と有名な話ですが、人間以外の動物は出産直後に”胎盤”を食べてしまうそうです。”胎盤”に含まれる有効成分によって、疲労が回復したり乳腺が刺激されたりするらしく、哺乳類としてそれは非常に理にかなった行為だといわれています。このような哺乳類の”胎盤”から抽出されたものをプラセンタといいますが、前述のお客様の場合は、この馬プラセンタのサプリメントとシャンプーのみで髪量の現状維持をされているみたいです。成長因子(グロースファクター)が効果的なのかもですね。私も過去にDeeper3D(GF)で抜け毛改善されたので。



●その多くは胎盤ではない‘‘植物性プラセンタ‘‘

a0055_000174.jpg

プラセンタといえば哺乳動物が妊娠した際に作られる‘‘胎盤‘‘のことをいいます。胎盤とはいっても、そのまま使用するのではなく、胎盤から有効成分だけを抽出したものを使用する訳ですね。胎盤から抽出された成分が細胞分裂を促進する働きから、血行の促進~髪や頭皮の蘇生といった、「髪の若返り効果」が期待できますが、これはプラセンタに備わっている「成長因子」にその効果があるとされています。

ヘアケア製品やスキンケア製品またはサプリメントなどにプラセンタが謳われているものが多くありますが、これらは‘‘植物性のプラセンタ‘‘であることも多いようです。大豆などの植物から抽出された成分が、胎盤から抽出された成分と似たような効果をもたらすため、プラセンタとされている訳です。あくまでもこれは‘‘植物性のプラセンタ‘‘ということになるのですが。



●プラセンタは「成長因子」が肝だと思うこと

a0022_000225.jpg

実は「成長因子」というものはヒトを含めた動物だけが持っているものであって、植物性プラセンタにはそれがありません。「成長因子」は胎児の発育を促し、細胞の活性化や再生力の強化をもたらす効果があるとされています。頭皮や髪の毛の再生となると、簡単なことではありません。やはり細胞レベルでの効用が求められますので、「成長因子」くらいの働きが必要になるのではないでしょうか。そう考えると植物性のプラセンタに美肌効果があっても、頭皮や髪の再生まではおこなえないと私は考えます。

育毛や髪の再生など、本当に効果があるとすれば、プラセンタの注射によるものだと思います。それも動物性のプラセンタであれば効果が期待できそうですが、これは現在はほとんど行われていないようです。→ 現在はできます。プラセンタ注射はヒト胎盤が基になり、病院にて受けることができます。更年期、臓器の機能障害での受診は保険適用ですが、それ以外は自費診療です。よって育毛目的も保険適用外です。

疫病などの安全面が万全でないからと思いますが、もし可能だとするととても効果があるようにも思えます。若返り・アンチエイジングといった、それらの効果を多くの人が実際に体感していることを考えると、プラセンタのサプリメントや化粧品よりも、プラセンタ注射の方が格段に良いのでしょう。私は注射が苦手なので今は考えませんが、今後、髪や頭皮に重大なトラブルがあった際、プラセンタを検討したいと思います。


関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク