kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

みかんの育毛効果は育毛剤より食べ方にあると思う事 ~焼きみかんがおすすめ~

みかん2

みかんの果汁が育毛に有効という話をたまに耳にします。みかんに含まれる成分が髪の成長を促進させるということから、みかんの皮などを使ったあらゆる育毛方法が存在しています。そこに注目が置かれて育毛剤も多くある訳ですが、あまり効果がないのかそれほど話題になっていません。みかんはもともと栄養価の高い食べ物ですから、体に付けるのではなく食べて栄養をとることが理想だと私は考えます。食べて体内に摂り入れ育毛を促すことができる、そんなみかんの食べ方を述べてみたいと思います。

スポンサードリンク

みかんはマクロビオティックでいうと陰性の食べ物ですので体を冷やしてしまいます。薄毛や抜け毛が起こってしまう現代病などは、この冷えが大きく影響してますので食べ過ぎることは避けたいものです。私自身もみかんなど果物の摂り過ぎによる「冷え」が原因で起こる抜け毛には、たびたび手を焼いているのですが・・・

ですがみかんは美味しいです。というより果物はほとんど好きなのですが、なにしろ私は陰性体質なのでお腹を下したり、体がだるくなったりなど好きなものを好きなだけ食べれないということにストレスを感じることがあります。そんなとき果物を焼いて食べる方法をおこないます。これが意外と美味しくて、髪や頭皮を含めた体の健康までも実感しています。


みかんの皮油に95%のリモネン、これを食べる

WS000011_20130420014830.jpg

みかんを焼いて食べる効果はなかなか優れています。中国医学では、焼いたり、温かくしたみかんを食べると血行の循環が促されるとされているのですが、それにより冷え性の改善、風邪の予防、腰痛の改善に効果を発揮するみたいです。

特に注目したいのが血行の促進作用による育毛・抜け毛の予防効果ですね。これは、みかんなどの柑橘系果実に含まれる「リモネン」にその効果があるのですが、「リモネン」が髪の成長を邪魔をする悪い酵素、リダクターゼの働きを止めてくれます。

みかんの皮に含まれている橙皮油の95%がリモネンによって組成されていることから、ヘアケアとしてのオイルまたは育毛剤として成分に含まれている訳です。


【焼きみかんの作り方】

このブログでは、髪や肌の若返りの方法として食べ物は丸ごと食べることをおすすめしてきましたが、みかんについても同じことがいえます。ですが丸ごと食べる上で注意したいのは無農薬のみかんでないといけないということです。洗えば大丈夫との声もありますが、安心して食べるために薬剤不使用のオーガニックのみかんが理想的です。
→育毛にも必要なビタミンとは?”頭皮”に良い食べ物は”皮”まで食する

「ごぼう」もしっかり皮ごと食べています。
→ゴボウ茶の若返り効果が髪の発育まで可能にする話

焼きみかんの作り方は簡単です。個体をそのまま魚焼きグリルに入れて、5分ほど焼いてから裏返してまた5分焼きます。オーブントースターなら少し長めに10分くらい焼くと良い感じに焼けます。皮を食べる場合、黒く焦げる部分がありますのでその部分は取り除いた方が良いでしょう。

「リモネン」が多く含まれるみかんを主成分とするシャンプーや育毛剤は多くありますが、それらを使わなくても、直接食べてしまった方が効果が得やすいのではないでしょうか。効果が感じられないといわれるシャンプーや育毛剤より効果的だと思えるのですが・・・。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク