kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライヤーで抜け毛が多い方へ、解消できる方法とその効果とは


a2addf493eae6908e858af66cc780bfc_s.jpg

抜け毛に悩む人のシャンプー後の髪の乾かし方に、タオルドライをおすすめします。
髪や頭皮に潤いを与えることを意識して、実践してみることが抜け毛の解消・予防対策につながります。

スポンサードリンク




薄毛の方は「朝シャン」注意です では、
自然乾燥と書きましたがシャンプー後にそのまま放置する自然乾燥はおすすめできません。

私がおすすめしたい方法は
タオルドライ 50%
ドライヤー  30%
自然乾燥   20%

と3つに分けて髪を乾かす方法です。





お客様の場合はタオル60%で乾かします

a0001_015457.jpg


ちなみに私は薄毛のお客様の髪を乾かすことに
多くの時間をかけてタオルドライすることを心がけています。

私の場合、タオルドライ 60%ほどの割合で行なうようにしているのですが、 
いかにドライヤーを使用する時間を短くできるかを意識しています。
私がなぜこのような乾かせ方をしているのかというと
ドライヤーが頭皮に悪影響を及ぼしていると考えられるからなのです。

その悪影響というものは皆さんはすでにお解かりでしょうからここでは特に説明しません。
一言で言うとすれば、ドライヤーの熱が頭皮に必要な保湿を奪い、髪の毛の発育を妨げる
ということなのですが。

髪を乾かすのにドライヤーの使用は当然だと考えるものですが、
使い方を間違ってしまうと、髪や頭皮に大きなダメージを与えてしまうと思ったほうが良いでしょう。






電磁波による悪影響は未知数です

a0002_002293.jpg


それ以外にもドライヤーを使うことで悪影響を考えることがあります。
それはドライヤーを含む電化製品は、ほぼすべてから”電磁波”が出ているということです。

ドライヤーからは体に有害な電磁波が放出されている話を仕事上、何度か耳にしました。
これは直接、抜け毛など髪のトラブルになる要因ではないのですが、
毎日ドライヤーを胸元で使う理容師・美容師には乳がんが多いというデータがあるらしいです。
ドライヤーの使用による影響とは言えないのかもしれませんが、可能性は否定できません。



携帯電話の使用による頭の内部への悪影響の話もよく聞きますが、
理容師の私としては、ドライヤーの影響による抜け毛へや頭皮トラブルの方が心配になってしまうのです。

ですが、このような話は科学的根拠がない状態ですし、まだはっきり解明されていませんが、
私としては抜け毛対策に必要なことは何でも取り入れていきたいと思っています。

現時点では科学的にも解明されていませんので確実なことは言えません。
ですが今後も放射能による頭皮への危険性を含め、
電磁波が及ぼす体への悪影響・危険性を調査する必要はあると感じています。
悪影響・危険性があった場合、頭皮や髪にまで及んでしまうことは避けたいと思いますので。

次の記事では、タオルドライと自然乾燥を織り交ぜた乾かし方を述べてみます。




関連記事

スポンサードリンク

- 0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。