kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

脂漏性皮膚炎による抜け毛

前回の記事では、薄毛の人が注意したい 新型の水虫 の記事を書きました。
その他にも注意しておきたい頭皮の病気があります。
私は今まで頭皮の病気に悩む多くのお客さんを見てきました。その中でも多くの方を悩ませてきた、
脂漏性皮膚炎「しろうせいひふえん」 について書いてみたいと思います。

スポンサードリンク


さまざまな種類の皮膚炎は体全体に、そして頭皮に発症するものですが
この皮膚炎というものは見た目の判断ではなかなか判別がむずかしいようです。

特に頭皮に発症した皮膚炎は判別しづらい感じです。
私は来店されたお客さんにその患部の確認を頼まれることがあります。
その患部は、なぜか耳の周りや髪の生え際にあるように思えます。

その部分は髪の毛で隠れてしまいますので
確認しづらかったりします。


頭皮にできる皮膚炎は共通点にフケの発生があります。
このフケの大きさに注意してください。
大きめの塊になった黄色のフケがぽろぽろと落ちてくるような
ひどいフケの場合は

脂漏性皮膚炎 
が疑われます。




脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌が激しく高まって起こるものと思われます。
上半身の部分的にできるようですが
私は、おもに首から上の頭部にできている方を確認しました。



          脂漏性皮膚炎のできる場所



この脂漏性皮膚炎は非常にやっかいなものです。

脂漏性皮膚炎は再発しやすい皮膚病でもあります。
そして完治するまで長い時間が必要とする方もいました。


私が応対したお客さんは
もう2年間この脂漏性皮膚炎の治療を行っています。
直ったり再発したりのくりかえしで慢性化されているようです。

私としては、やはり薄毛の方が脂漏性皮膚炎になった時のことを心配します。
脂漏性皮膚炎に限らず、数多くの皮膚炎はかゆみを伴います。


とくに脂漏性皮膚炎の場合、

放置するとと徐々にかゆみが激しくなる
        ↓ 
そして患部の炎症が悪化する
        ↓
激しいかゆみで頭皮をかきむしる
        ↓
毛根の基部を痛めてしまう
        ↓


毛根が弱って 毛が抜ける・脱毛



という恐い流れになりかねません。


薄毛を改善したい方にとって
こうなってしまう状態は絶対に避けたいところです。
脂漏性皮膚炎などのこれらの皮膚炎というものは
細菌やウイルスとはまったく関係なく、伝染するものではありません。

良い生活状況やヘアケアをしっかり行っておくことで
皮膚炎から頭皮を守ることができます。




スポンサードリンク
関連記事

2 Comments

ジョータロー  

No title

こんにちは。ジョータローです。

色々記事を読ませていただきました!
どれも為になり、興味深いものばかりでした。

まことに勝手ですが、リンク貼らせていただきました。ご迷惑でしたら、お手数ですがおっしゃっていただけますと助かります。。

更新、楽しみにしています(・∀・)

2012/07/18 (Wed) 23:11 | EDIT | REPLY |   

kame38  

No title

ジョータローさんこんにちは!
私自身まだまだ勉強中ですが、為になれたららとても嬉しく思います。

リンクありがとうございます。
また遊びに行きますね^^

2012/07/19 (Thu) 09:29 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

スポンサードリンク