kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

リンゴ酢リンスとアロマオイルの効果で皮脂を抑え髪を育てる

appurubinega-2.jpg

石鹸シャンプーをした後はアルカリ性に傾いた髪を弱酸性に戻すことが必要とされます。その目的として酢リンスをおこなうことが有効なのですが、その臭いに嫌悪感を持つ人も多いと思います。酢にこだわる場合、穀物酢・純米酢といったものは効果的な反面、臭いが非常に強いのがネックになります。そんなときリンゴ酢を使った「リンゴ酢リンス」をおすすめします。「リンゴ酢リンス」を基本として、さらにアレンジすることで髪・頭皮ケアに有効なリンスの作り方を紹介します。

スポンサードリンク



●髪や頭皮を労わるためのリンゴ酢リンスを考える

りんご2

「リンゴ酢リンス」をおすすめするとは言ってもリンゴ酢が特別に髪や頭皮に良いという訳ではありません。前回の記事でも述べましたが、リンゴ酢を飲むことによる効果が髪の健康にも繋がることは確かですが、軽いリンス効果はあったとしても、髪や頭皮の健康維持までは期待できないように思えます。
参考→ 髪・頭皮に使うリンゴ酢効果、リンゴ酢リンスのアミノ酸効果は本当?

リンゴ酢リンスをおこなう人は、酢リンスの臭いに嫌悪感があるからリンゴ酢を使用すると思います。ほとんどがこういった理由ではないでしょうか。ですが、単純にその目的だけでリンゴ酢でリンスするという方法は少し物足りなく思います。せっかく髪や頭皮を労わろうと思うのであれば、もっとリンゴ酢を有効に使いたいですよね。そこで今回は髪や頭皮に直接作用するリンゴ酢リンスの作り方を述べてみます。



●リンゴ酢の作り方・「酢」であることに注意は必要

appurubinega-1.jpg

穀物酢などの臭いを避けるためにリンゴ酢に変えるだけのことですので、作り方は基本的に普通の酢リンスと変わりません。

まず石鹸シャンプーが終わったらしっかり洗い流しましょう。この時点では髪はバリバリしていて流しにくいかもしれませんが、石鹸カスが残らないようにしっかりすすぎます。洗面器に張ったお湯にリンゴ酢をおちょこ1杯くらい入れて、まんべんなく髪に馴染ませます。リンゴ酢の量は基本的にこのくらいで良いのですが、あまり多く入れない方が良いと思います。


人によっては頭皮にも良いと言う人もいますが、過信は良くないと思うのです。やはり物を溶かすほどの強力な「酢」ですから、いくら希釈して薄めても頭皮に良いとは思えません。ちなみに私はおちょこ2杯くらいでしたが、リンゴ酢ではなく、玄米黒酢でした。特に問題はありませんでしたが・・・
これだけで髪は驚くほどしなやかになりますが、匂いについてはいくらリンゴ酢でも多少は匂います。ただ悪い匂いではなく、リンゴっぽくてフルーティーなのでそこまで抵抗はないと思われます。



●さらにオイルを加え、皮脂の分泌を抑えるリンゴ酢リンスを作る

ローズマリー1

今のような暑い時期は頭皮の皮脂の分泌がかなり多くあり、決して髪や頭皮の健康に良いとはいえません。そこでリンゴ酢をベースとしたリンスにアロマオイルを加える方法をおこないます。個人的にはこれがなかなか効果的なのでぜひおすすめしたいと思います。

とりあえず、おためしということで1回分の量ですが作り方をどうぞ。

・ローズマリーの精油 ・・・・・・・・ 1滴
・クラリセージの精油 ・・・・・・・・ 1滴
・リンゴ酢 ・・・・・・・・小さじ1


【作り方】
リンゴ酢にローズマリーとクラリセージの精油を1滴ずつ入れて溶かします。これを洗面器半分くらいのお湯にいれてよく混ぜ合わせます。(お湯はお好みの量で)これで髪と頭皮をすすぎますが、洗い流す必要はありません。すすいで終わるくらいがちょうど良いと思います。





●クラリセージのアロマオイル効果に注目です

クラリーセージ

ローズマリーは髪・頭皮のケアに使われる人も多いアロマオイルですが、クラリセージのアロマオイルも同じく髪や頭皮の健康に必要とされています。クラリセージにはスクラレオールという成分が含まれているらしく、これはエストロゲンという女性ホルモンと非常に似ていることからさまざまな良い効果があるそうです。(私は男ですのでスクラレオール効果の実際はよく分かりません・・・ごめんなさい。)

私がクラリセージについて良いと思うのは、皮脂の過剰生産を減らす効果があるということです。脂っぽい髪やフケの対策に有効とされていて、さらには髪の成長の促進に効果があります。

これらはリンゴ酢リンスに加えるためのアロマオイルですが、こういった効果はシャンプーにも応用できます。→ スッキリするオイルシャンプーの作り方、私のおすすめサイプレス効果

こちらもデオドラント効果は優れてますので今の暑い時期におすすめですね。

以上の事により単にリンゴ酢リンスするより、
少しのアレンジでなかなか効果的なヘアケアが可能になります。
リンゴ酢リンスにより肌が痛いと感じたときなど、
アロマオイルなどを入れ溶かすと良い感じになると思います。
やはりリンゴ酢だけでは頭皮にきついのかもしれません。
やはり所詮「酢」ということは忘れないでください。
注意するに越したことはないと思います。



●その他のリンス方法も記事にしてます。こちら からどうぞ


スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク