kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッカ油のメントール効果を髪や頭皮へ・トニックシャンプーの作り方

ハッカ ミント

ここではハッカ油を使い、簡単で安全な夏向きのシャンプーを作る方法を述べてみます。このブログではアロマオイルを使用したシャンプー・リンスの作り方などをいくつか紹介していますが、アロマオイルに馴染みがない人の場合、使用する精油が難しく感じられるかもしれません。そんな人でも簡単で手軽に作れるトニックシャンプーを紹介します。

スポンサードリンク


●ヘアトニックではなくてトニックシャンプーで体感する

hakka1.jpg

私は理容師でありながら、シャンプー後のヘアトニックをお客様に使用することはありません。なぜなら頭皮のことを考えると ヘアトニックは決して良いものではないからです。→ ヘアサロンの間違ったヘアトニックの理論

どうしても爽快感を得たいのであればシャンプーで体感すれば良いのではないかと私は考えます。頭皮に強い刺激のあるヘアトニック(アルコール成分)をわざわざ頭皮に擦り付けなくても、シャンプーだけで体感できます。かといって市販のトニックシャンプーを使うのはおすすめしません。なのでここは自分でトニックシャンプーをつくられてはいかかでしょうか?非常に簡単ですので今回はおすすめしたく思いました。自分で手作りすることによって髪や頭皮ケアの楽しさと、何よりも髪・頭皮を労わる気持ちが強くなります。

ハッカ油

用意するのはハッカ油のみです。手軽に作れるトニックシャンプーですので、ここでは精油は使用しません。ペパーミントオイルを使ったスッキリ系のシャンプーを作る方法もありますが、ここではハッカ油にこだわります。なぜペパーミントではなくハッカ油なのかというと、それはメントールの含有量にあります。

有効成分の主とされている「メントール」ですが、ペパーミントの場合、含有されるのは全体の40~50%です。それに対してハッカ油に含まれるメントールは全体の30%程だといわれています。感覚的にペパーミントはメントールが強すぎて違和感があるように思えます。ですので、ほど良いメントール感のハッカ油がちょうど良いと考えます。価格的にもリーズナブルですので。

・)ハッカ油を使ったトニックシャンプーの作り方
用意するのはハッカ油とシャンプー液です。シャンプーする時にハッカ油を1~2滴入れるだけです。多くても3滴までにしておいた方が無難です。入れすぎると頭皮に刺激が強く感じられますので、1~2滴くらいだと気持ち良い感じです。ベースとなるシャンプー液は普段使っているもので良いと思いますが、ハッカ油の効果を存分に活かすのであれば、無添加の石鹸シャンプーが良いでしょう。これだけでトニックシャンプーや冷やしシャンプーのような爽快感が得られます。



●頭皮の皮脂汚れによる抜け毛予防に活かすL-メントール効果

ミント

ハッカ油の効用は抗菌効果・消臭効果を特に注目したいです。ハッカ油は頭皮の皮脂汚れを取り除く働きがありますので、髪や頭皮をとてもすっきりさせてくれます。さらにL-メントールに殺菌効果がありますので、汚れやすい夏の頭皮ケアにはうってつけではないでしょうか。ヘアトニックやトニックシャンプーというものも、この特製を生かしたものですそして、過剰な皮脂の分泌による頭皮の臭いを消してくれるのもハッカ油の優れたところだと思います。



●ブレンドするなら相性の良いラベンダーオイルがおすすめ

ラベンダー2

上記で述べたハッカ油を使ったシャンプーに精油を加えるとさらに頭皮環境を良くすることもできます。おすすめのアロマオイルはラベンダーです。ラベンダーオイルはハッカ油と相性が良く、頭皮のかゆみやフケなどを鎮静させる効果があります。頭皮の感染症や湿疹、皮膚炎などに対して抗菌作用が優れてますので、頭皮のトラブル改善に使われることが多くあります。

また昔から世界中で養毛の目的として使われてきたことにも注目ですね。頭皮のpHバランスの調節、頭皮下の血流促進により抜け毛を防いで髪を育てる効果が期待できます。アロマオイルは原液のまま肌に使うことは絶対×なのですが、ラベンダーオイルは何故か使えてしまいます。直接ニキビにつけて治す人もいるほどですし。アロマオイルの中でも非常に使いやすく、万能、比較的安いことから1本持っておくととても便利ですよ。もし頭皮に湿疹や皮膚炎が起きてもステロイドなどに頼らずに、とりあえずラベンダーオイルを。
→ 髪に良いラベンダーオイルの使い方、良い睡眠で髪が育つ

今回はハッカ油のトニックシャンプーの良い部分を述べましたが、注意点もあります。ハッカ油には微量ですがケトンという成分が含まれていて、妊婦さんや肌の弱い人に悪い影響が起きる場合もあるようです。とても気持ち良いシャンプーではありますが、ご自分の体質や体調を理解しておこなってください。

関連記事

スポンサードリンク

- 1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/05/24 (Sat) 09:30 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。