kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

湯シャンのやり方をアレンジして頭皮のべたつき・フケ・抜け毛予防を

1-1242735684R0fs.jpg

どんなシャンプーを使ってもべたつき・フケ・抜け毛などが改善されないときは、シャンプー剤に頼らない洗髪が良いのかもしれません。そんな時、お湯だけでシャンプーすると良いとされています。この「湯シャン」には様々なメリットがありますが、意外に難易度が高いです。ここでは、私が過去にいちばん効果的だった「湯シャン」のやり方を述べてみたいと思います。

スポンサードリンク


●シンプルだからこそ難しい「湯シャン」

湯シャン。サイン

湯シャンは、やり方自体は簡単ですがその効果を感じられるまでは長い目でみないといけません。湯シャンのべたつき、フケ、抜け毛予防といったような効果は人により良し悪しがありますが、お湯だけの使用というものを考えると髪や頭皮に優しく、良いものと考えられます。ですが、継続するのが意外とむずかしいことも事実のようです。

ていねいに湯シャンをしているのに頭皮がベタつく、フケがでる、さらには抜け毛が多くなった・・・という人が多くいることを考えると、湯シャンは本当に大丈夫?と疑問を感じてしまいます。本来、髪や頭皮に良いとされる湯シャンなのに、なぜこういったことが起こるのでしょうか。

湯シャンはしっかり時間をかける ※ポイントはしっかり時間をかける

一般的に良いとされる湯シャンですが、そのやり方のシンプルさ故にそういったことが起こっているようです。お湯でしっかり洗い流すだけ、といった単純なものですが、そこに問題があるのではないでしょうか。

すべての人が同じやり方で湯シャンを行なっている場合、効果は人によってまちまちだと考えられます。乾燥肌・脂性肌、頭皮の強い人・弱い人などそれぞれの体質がある中で、すべての人が同じ湯シャンのやり方をしている限り、効果の差はあって当然だということになります。

ですので人それぞれの体質にあった方法を行なうことが大切だと思います。例えば、夏のような頭皮の皮脂が過剰に分泌される季節は、上記のようなやり方で頭皮環境を良い状態に保つことはむずかしいと考えられます。

そもそもお湯で洗い流せるのは皮脂の少しくらいで、頭皮の汚れや雑菌などは落とすことはできません。皮脂が過剰に分泌される季節や、もともと脂性肌といわれる人の場合、一般的な湯シャンをおこなうより、自分流の湯シャンプーのやり方を模索する必要があるように思われます。



●私の頭皮に有効だった湯シャンのやり方
showerhead.gif

私自身も過去に一般的なシャンプーのどれを使ってもフケや抜け毛が改善されなかったことから、湯シャンを数か月間実践していた時期がありました。現在は石鹸シャンプーを使った洗髪で落ち着いてますが、その以前は湯シャンを試行錯誤してました。その中で最終的にいちばん良い感じだった湯シャンのやり方を紹介します。

①シャンプーの前に育毛に良い猪毛ブラシで髪通りをよくさせます。

②手に小さ目の綿の軍手を付け、少し温度が高めのシャワーを強い水圧で頭皮全体をもみ洗いして流します。

③シャワーはフックに掛けるのではなく片手で持ち、なるだけヘッドを頭皮に近づけます。同時に反対の手で頭皮をもみ洗い。

④長めの時間をかけて髪と頭皮を洗います。ちなみにシャンプーブラシで梳かしマッサージするとさらに良い感じでした。

⑤最後にクエン酸を使用します。洗面器にお湯をはり、クエン酸を少々入れて溶かし、そこに髪を馴染ませます。最後はお湯で軽く流して終わりです。

簡単なクエン酸リンスですがこれをおこなうことで頭皮のベタつきがとれて髪もしなやかになりました。



●自分に合ったアレンジだと可能性は広がる

皮脂が過剰に分泌される季節に湯シャンをするのであれば、こういったアレンジが必要になると思います。ですがこれはあくまでも私の頭皮環境を考慮した湯シャンのやり方です。決して万人向けではありません。

もっと皮脂量が多い方の場合、ベタつき・フケ・抜け毛予防を徹底するのであれば、湯シャンより普通にシャンプーされた方が良い結果が出ることもあります。

シンプルすぎる湯シャンですから、上記のようなアレンジは色々できると思います。湯シャンが本当に良いかどうか試行錯誤を繰り返されると思いますが、ご自分の頭皮環境・特徴を理解することが出来れば、可能性はもっと広がります。

湯シャンがきっかけとなり、育毛や発毛のきっかけになるかもしれません。
髪や頭皮にとってストレスフリーだとすれば、これ以上良いものはないはずです。ぜひご自分に肌にあった湯シャンのやり方をお探しくださいね。


関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

高橋  

湯シャン

月一回ヘットスパもやっているのですが、元々パサつく毛で、
湯シャンが良いと言われ実行。
でもベタつきや櫛の汚れが酷く、ここで勉強させてもらいました。
より良くなるよう、人に惑わされる事なく、私流を探そうと思います。
参考になりました。

2014/08/16 (Sat) 16:01 | EDIT | REPLY |   

管理人  

高橋様、こんにちは。ご訪問とコメントありがとうございます^^

湯シャンについて参考にしていただき、大変嬉しく思っております。
こういった脱ケミカルに対しては賛否両論がよくあるのですが、
一概にどの方法が正しいかというのは確立されないものと思われます。
最近の私は2日に1回の湯シャンを試みていますが、色々と模索中です。
元々は石鹸シャンプーがかなり頭皮環境を良くしてくれていましたが、
夏になってオイルシャンプーの使用を始めて、少しバランスを崩しています;
そんな時は湯シャンを取り入れて皮脂バランスを整えるようにしています。

今回嬉しいコメントをいただきましたが、これに刺激を受けましたので、
先ほど「毎日洗髪しない方が良い理由」というのを記事にしてみました。
よろしければ少し覗かれていってください。ありがとうございました^^

2014/08/17 (Sun) 14:51 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

スポンサードリンク