kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

郷ひろみさんの髪でみる若さの理由、増毛植毛の必要もない健康法とは

go hir
WEB GOETHE
とても還暦前とは思えない若さが注目されている郷ひろみさんですが、髪の量をみても郷ひろみさんの若さが伺えます。これは郷ひろみさんが日頃おこなっている生活習慣と健康法にその理由があるといえます。ここでは髪の健康を含めた、郷さんの若さの秘訣を調べてみましたので検証してみたいと思います。

スポンサードリンク


昔も今も変わらずスターであり続ける郷ひろみさんは現在57歳です。現在もコンサートで全国を回られているそうですが、そのステージ上ではダンスを踊り、全力疾走するといった、年齢を感じさせない派手なパフォーマンスを繰り広げられています。

そんな若々しさはどんな事で保たれているのか・・・?「たけしの家庭の医学」のテレビ番組内では郷ひろみさんの若さの秘訣が公開されてました。それらは郷ひろみさんを参考にして、若返ることも可能ではないかと思うような内容です。髪の健康にも活かされそうな健康法でしたので、いくつか紹介したいと思います。




●郷さんの食事法はダイエットにも有効であること

a0790_000659.jpg

まず、郷ひろみさんが普段の生活で摂っている食事をみてみます。

・朝は果物と野菜、魚を欠かさず食べること
・昼夜は季節の食材を多く摂るようにして肉などの塩分は控えめ


そして寝る前は食べないこと。就寝前の2時間は食べないというものです。これはマクロビオティックでいわれる正食理論と同じことなのですが、ダイエットをする場合など特に有効で、これを徹底して実践している人はスリムな人が多いようです。こういった胃に負担をかけないことが腸内環境を良くして、アンチエイジングやダイエットというものに繋がっているようです。

食事の内容はとてもヘルシーな食事ですが、若返りを考えた場合、この食事は基本だといえます。郷ひろみさんと同じように、若返りで有名な南雲吉則医師も述べられていますが、この食事法はとても効果的だと感じております。私自身もマクロビオティックを意識した食事を摂るようにしていますが、髪が増えてきた理由としてそういったヘルシーな食事が体の健康~髪の健康までを可能にしたものと考えています。南雲先生の食事法はマクロビオティックに共通した部分も多くとても参考になりますよ。
→ 南雲吉則さんの若返り法、空腹健康法に感銘しました



●郷さんも注意する交感神経・副交感神経のバランス

郷ひろみさんの若さの秘訣は上記のような食事にあるようですが、それ以上に大切なのは内面的な部分だとされています。それは自律神経のバランスを整えておくことだそうです。

髪の健康を維持するために交感神経・副交感神経のバランスを良いものにしていくことは、これまでの記事で何度も述べてきましたが、若返るためにいちばん大切なのはこの部分なのかもしれません。日常のストレスで自律神経失調症を患う人もいますが、ここだけは絶対避けたいところです。郷ひろみさんは自律神経のバランスを崩さないように、7時間以上の睡眠は必ずとるそうです。



●新陳代謝のピークの時間に睡眠を必ずとる

8187754127_94192bfec8_b.jpg

睡眠は本当に大切だと思います。特に11時~深夜3時まではしっかり睡眠をとるべきだと思うのです。なぜなら、11時~深夜3時くらいが新陳代謝のピークだからです。この時間帯はよくシンデレラタイムとも呼ばれますが、私は抜け毛予防のために、この時間帯だけは必ず寝ておくことを意識してブログ更新の時間を組んでいます。

さらに言えば、睡眠の質が良いものでないといけません。睡眠障害になるような環境など、レム睡眠がひどくなると、新陳代謝が良くなるはずはありませんし。そういったことを注視して、私はさまざまな睡眠法を実践しましたが、いまのところ「靴下の重ね履き」の効果が体の健康・髪の健康を担っていてくれているようです。夏でも靴下を重ね履きします。冷え取り・毒出し効果はかなり有効ですよ。
→ 足を温めて睡眠する ~靴下の重ね履きで抜け毛を止める~



●郷ひろみさんの多い髪は生活習慣で補われている

郷ひろみさんは植毛や増毛はしていないと私はみています。57歳の年齢でみれば有り得なくはありませんが、生え際をみた感じでは恐らくそれは無いような気がします。そればかりは本人さんが明らかにしないと分からない事ですね。しかしながら、禁煙や禁酒、食べ物などの生活習慣、さらに、あの運動量をこなせる若さを考えると、髪の健康状態も自然なもの だと思う訳です。

郷さんを知ることで若さを維持する秘訣も得られるのではないでしょうか。学ぶべきところはたくさんありそうです。髪の話題などあればとても良いのですが、今後も注目してますのでまた記事にしていきたいと思います。


関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク