育毛・薄毛の自然派ヘアケア ~理容師の知恵袋~



2016 11/23

はちみつをシャンプー・リンスに入れる効果、石鹸シャンプーの痒みに

2016.11.22更新(2013.9.9初公開)

はちみつhair①

少しずつ秋が深まって冬を感じています。秋は夏に受けてしまった髪や頭皮へのダメージが最も表面化される季節。例えば、空気の乾燥に伴って頭皮が痒くなる という話はよく耳にします。そして私の洗髪方法として欠かせない「石鹸シャンプー」ですが、乾燥する季節は石鹸シャンプーの刺激で痒みが出ることがあり、その対策に悩むことがあります。ここでは その対策として「ハチミツ」を使った幾つかの方法 を取り上げてみたいと思います。

スポンサードリンク


●食べても良い、頭皮にも良いハチミツ効果

honey2.jpg

食用としてのハチミツの効果は多くの人がご存知だと思いますが、シャンプーやコスメ用品にハチミツを使用されていることも多くみられます。市販品だと、ハニーチェなどハチミツの効果を活かしたものがなかなかの人気。

これはハチミツに備わっている浸透力・殺菌力・保湿力といったものが、頭皮を清潔にして、さらに乾燥によるフケなどを予防する効果が期待できると感じています。また、髪のうるおい効果もあることからハチミツを全面にアピールしたシャンプーが注目されているようです。



●石鹸シャンプーで痒いときにハチミツを混ぜる

コーム トリートメント

石鹸シャンプーに慣れていない人の場合、洗髪方法としてのハードルが高く感じるかもしれません。私自身も過去に体験しましたが、石鹸シャンプーの刺激が強かった場合、痒みを生じる事もあります。

そこで、刺激を軽くして痒みを抑えるためにハチミツをいつも使っているシャンプーに入れます。シャンプー1回分に、大さじ5~8分目くらい入れると刺激が和らぎ、痒みを抑えることができるのですが、洗浄力がやや弱くなってしまうのが難点です。

石鹸シャンプーのような、割と洗浄力が強めのものだとまだ泡立ちは良いのですが、通常のシャンプー液だと泡立ちが悪く感じられると思います。リンスインシャンプーなどは✖。泡立ちが悪く、しっかり洗えていないと感じるときはシャンプー液の量を増やすしかありません。これらの効果については、個人差があると思いますが私には有効でした。



●リンスとしてハチミツのみを使ってみる

髪1

普段使っているリンスにハチミツをまぜる方法はご存知の人も多いと思います。私の場合はリンスを必要としないヘアケアを目指していますので、ここでもリンス剤は使いません。

なので、ハチミツだけを使用したいと考えています。そこで、髪や頭皮に効果的だったのが、ぬるま湯で薄めたハチミツをリンスとして髪・頭皮に揉みこみ、しばらく置いて流すという方法ですね。ハチミツに含まれるビタミン・ミネラル・アミノ酸が髪の健康維持や頭皮への殺菌効果に優れている事は知っていましたが、実際に上記の方法でリンス、1週間ほどこの方法を続けてみたところ、髪がコシがでて太くなってました。

ハチミツの保湿効果の働きなのでしょうが、なかなかの効果で薄毛が気になる人にも使える方法だと思います。育毛効果はちょっと分かりませんが、ボリュームアップしやすいです。


酸性リンスとする上でのハチミツの割合・分量について


ハチミツはpH4くらいの弱酸性です。なので石鹸シャンプー(アルカリ)後の酸性リンスとして使うことも可能。ただ、ハチミツだけでは少し酸性が弱いように思えます。私のように短髪の場合なら、ハチミツのみでも大丈夫な感じですが、女性など髪の長い人の場合はクエン酸+ハチミツ、または酢+ハチミツ、みたいにした方が髪は軋みません。

それでもハチミツのみでリンスする場合は、洗面器にお湯を張って大さじ1.5~2杯くらいのハチミツを入れて髪を泳がせます。ただ、石鹸洗髪によるアルカリに傾いた髪の中和には、できればpH3くらいがほしいところ。ですから、あくまでも酸性リンスとして使う場合は、ハチミツ(pH4~5)だけで石鹸のアルカリを中和するのは、いまいち物足りなく感じるのです。



今回のハチミツの記事を投稿したのは2013年ですが、その当時によく参考にさせていただいた方のブログを紹介しておきます。エイミーズのりこさんという、完全なるケミカルフリーな生活をされている方のブログです。手づくりのはちみつシャンプーとして紹介されてますが、リンスとしても同じ作り方で簡単に出来てしまいます。


流すだけのリンスよりも、放置時間をおくヘアパックが良い


ちなみに現在の私は、はちみつヘアパックをやってます。今から冬になるということで、頭皮の乾燥が気になりますが、はちみつヘアパックをやることで良い感じに保湿されます。上記のやり方は少しアレンジしていますが、シンプルなやり方としては以下の通りです。

まず洗髪前に髪を湿らせてはちみつを大さじ1~3くらい手に取ります。髪全体にまんべんなくはちみつを塗って、ヘアキャップを被りそのまま入浴。10~20分ほど放置したらすすぎ流します。これをすると、冬の乾燥で毎年パサパサになる髪や頭皮が、しっとりした状態を何とかキープしてくれます。

また、ハチミツには若干の漂白作用があるという話はご存知でしょうか。明るい感じの髪を好む人は普通のハチミツを、また黒っぽい髪を好む人には黒蜜が良いらしいです。私自信は実感してませんが、人によっては効果があるのかもしれませんね。

 
●シャンプー・リンスに使うときの注意点

honey4.jpg

ハチミツの効果を存分に体感したいときはシャンプーよりリンスの方ではないでしょうか。ちなみに美容家のIKKOさんもテレビ番組でハチミツをおすすめされていました。そのときは、シャンプー液と同じくらいのハチミツを混ぜていたようです。

ハチミツを選ぶ時に注意したいのが、価格の安いものは使わないということです。
価格の安いものはそれなりです。かなり薄められていて、添加物で作られた「ハチミツシロップ」になってしまってるからです。ハチミツの効果を確実にしたいなら純度100%の濃厚なハチミツを使ってください。


関連記事

スポンサードリンク

(2)TB(0)

AFTER「泡カラーのデメリット。髪の毛以上に頭皮へのダメージが怖い

BEFORE「頭皮を掻くと爪の間に白いもの?!その正体と対策とは

COMMENT

  • No.431 ハチミツリンス

    こんにちは!
    いつもブログ興味深く読ませていただいております。

    質問なのですが、リンスとしてハチミツを使う場合、ハチミツとぬるま湯の割合、分量はどのくらいでしょうか?

    よければ教えてくださいm(_ _)m

    投稿者:ハチミツ 2016/11/19 (土) 12:18
  • No.433 No title

    ご訪問とコメントありがとうございます。

    お返事が遅れまして申し訳ございません。最近、仕事が忙しくてなかなかブログ更新が出来ておりませんが、なんとか頑張りたいと思います。

    ハチミツの件ですが、お話しすると長くなるので記事の方に2点追記いたしました。

    ①酸性リンスとする上でのハチミツの割合・分量について ②流すだけのリンスよりも、放置時間をおくヘアパックが良い

    この辺を参考にしていただければと思います。また何かありましたらご連絡くださいませ。いつもありがとうございます!

    投稿者:管理人 2016/11/23 (水) 00:09

MESSAGE

非公開コメント

Top