kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

美容室・理容室で希望通りの髪型になるために準備しておくこと

8553580587_f43dcd2648.jpg

前回、薄毛が気になる方へ理容室・美容室どちらが良いか失敗しない考え方 を述べてみました。
ちょっとした準備があれば、仕上がりが理想のヘアスタイルに近くなるとも述べましたが、
ここでは美容室もしくは理容室で希望通りの髪型になるための方法として記事にしてみます。

スポンサードリンク


美容室もしくは理容室に向かう前に、まず準備しておく必要があります。
希望通りの髪型になるためには、適当な気持ちで考えないことです。
以下に書いていることは希望通りの髪型に仕上がるヒントにもなると思います。
美容室・理容室に行く前に、以下をぜひチェックしてみてください。

①利用するお店の目星をつけておく 
②髪は洗ってきれいにしておく
③セット、ブローしていつもと同じ髪型のまま行く
④いつも通りの服装で行く
⑤理想のタレントなどの髪型の切り抜きを用意しておく
⑥単独で行く
⑦体調の良いときに行く
⑧前日に睡眠をしっかりとっておく
⑨時間が無いときは次回にする
⑩客の多い土日祭日を避ける





①利用する美容室や理容室の目星をつけておく  

1179387161_01338901d0.jpg


適当にお店を選ぶのはあまり好ましくありません。
できることなら低料金の美容室や理容室は避けた方が良いと考えます。
低料金の営業は、多くのの客数をこなさないと売り上げになりませんので、
かなり時間を短縮して作業をおこないます。
こちらの要望もある程度しか受け入れてもらえないことが多いです。

研究熱心なお店も良いと思います。
閉店後の遅い時間に店内の照明がついている美容室や理容室を見たことがあると思います。
それは営業の後にレッスン、勉強会をしています。
こういうお店は常に研究、それを実践していると判断できますので、
様々な髪の悩みを抱えたお客様に、対応できる技術を持ったスタイリストが多いです。




②髪は洗ってきれいにしておく

3800830685_e6921c0993.jpg


担当するスタイリストは髪をカットする前に素材確認(髪のクセ・質)などをチェックします。
髪が汚れていた場合、変なクセがついてたりすると本来の髪質を理解できない場合があります。
そうなると、スタイリストが描いている、髪質・髪の量に似合った髪型を
イメージするのが困難
になることがあります。
事前にスタイリストに髪質をしっかり理解してもらうことが大切です。
カットの前にシャンプーをする美容室、理容室だといいのですが、
そうでないお店もありますのでとりあえず注意しておくと良いです。




③いつもと同じ髪型のまま行く

a0001_017565.jpg


担当するスタイリストはお客様の希望通りの髪型を目指します。
いつもと同じ髪型=貴方の希望通りの髪型というパターンが多いと思います。
初めてのお店の場合、貴方自身がいつもと同じ髪型で行くと、
スタイリストに貴方の希望通りのイメージが大まかに解ってもらえる
と思います。
そうなると理想の髪型の伝え方、カットの進行がスムーズになります。




④いつも通りの服装で行く

a0002_007122.jpg


最初お店に入るとき、担当するスタイリストは貴方の全体の雰囲気を見ています。
貴方の好む「色・形・動き」などです。
初めて向かう美容室・理容室に行くからと、いつもと全く違う服装(趣向とは異なる派手な服や暗めの服)
を着ていくのは好ましくありません。
③でも書きましたが、スタイリストは貴方の希望通りの髪型を目指してます。
それは貴方の好む服装に合わせられる髪型に仕上げることでもあります。
いつもと違う服装と着ていくと、その服に合うスタイルになったりで、
希望通りの髪型とは程遠い仕上がりになる恐れもあります。いつも通りの服装で向かいましょう。




次に⑤~⑩を解説します。
→ 美容室・理容室で希望通りの髪型になるために準備しておくこと の続きをどうぞ。




関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク