kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

はちみつヘアパックの作り方、豆乳を加えて抜け毛予防・髪を太くする

はちみつhair①

この頃、当ブログの中で多くアクセスがあるのは、はちみつシャンプーの記事です。髪や頭皮の健康に、はちみつが有効ということでシャンプーとしても商品化されている訳ですが、はちみつがそんなに良いものであれば、もっと使い道を広げたいとも思います。今回はシャンプーやリンスではなく「ヘアパック」としてのはちみつ、その作り方をお伝えします。

スポンサードリンク


●はちみつを使ったヘアパックが良いと思った理由

はちみつhair④

以前の記事で、ハニーチェシャンプーの紹介をしましたが多くのアクセスをいただいています。→ ハニーチェシャンプーのハチミツ効果と成分 髪がうるおう3つの約束 

私自身のヘアケア・スカルプケアというものは原料が100%植物性のものを使用していますので、余程の事がないと、はちみつを使うようなことはありません。ただ、最近の口コミなどで分かりましたが、とにかく髪に対してハチミツは高い評価です。

私が抜け毛の改善にとても効果的だったのは「アレッポの石鹸」での石鹸シャンプーですが、オリーブオイルの石鹸として、現在も充分すぎるくらいに役割を果たしてくれています。

そんなオリーブオイルとはちみつのブレンドが、頭皮にどういった効果があるのかと以前に試みた事がありました。その際、シャンプーにはちみつを加えるよりもリンスにとして使う方が効果的だと感じました。
→ はちみつをシャンプー・リンスに入れる効果、石鹸シャンプーの痒みに

はちみつをリンスとして使用すると髪がコシがでて太くなった という驚くような効果がありましたが、普段リンスをしない私は、ハチミツをリンスとして使うことはあまり無かった訳です。そうなるとシャンプー、リンスとして考えるのではなく、ヘアパックとして使う事が良いと考えました。そして髪の健康維持・抜け毛予防をおこなう場合は、材料にもこだわるべきだと思います。



●髪が太くなる?はちみつヘアパックの作り方

はちみつhair③

上記で述べたように石鹸シャンプー・リンスに、はちみつを混ぜると良い感じだった訳ですが、シャンプーやリンスの以外に、ヘアパックでも同じ効果がみられるのかもしれません。そのはちみつヘアパックの作り方を述べてみたいと思います。

・はちみつヘアパックの作り方
準備するものは、はちみつ・豆乳・小麦粉・オリーブオイルです。

はちみつ 大さじ2
ミルク(豆乳) 大さじ1
小麦粉  大さじ1
EXVオリーブオイル 大さじ1


作り方は、はちみつ・豆乳・オリーブオイルを混ぜ合わせて数十秒電子レンジでチンします。それに小麦粉を混ぜ合わせるとペースト状になりますので、濡れた髪にまんべんなく馴染ませます。そして髪をタオルで巻いて10分~20分放置します。時間をおいたら、お湯でしっかり流し落とします。その後はいつも通りシャンプー・リンスをして終了です。



●豆乳を加え、抜け毛予防・髪を太くする

はちみつhair②

ミルクは牛乳でも良いのですが、傷んだ髪の補正などを目的とするなら無調整豆乳が良い と思います。豆乳の場合、髪の育毛効果や髪が太くなる効果も期待できるのではないでしょうか。これは豆乳の成分、大豆イソフラボンが女性ホルモンに似た働きをする事にもあります。

育毛に詳しい方はご存知だと思いますが、女性ホルモンの働きが低下してしまう事が抜け毛の要因という話があります。豆乳を使うことでホルモンの活発化させ、抜け毛の予防、さらに髪の芯から丈夫にさせて、髪の補正や太くさせる事にも効果があると私は読んでいます。注意点は、調整豆乳ではなく無調整をお使いください。

はちみつヘアパックに使う材料は、はちみつ単体だけでもヘアパックとして充分に効果を発揮しますが、抜け毛予防や髪を太くする効果を求めるのであれば、材料などプラスアルファが必要だと思います。オリーブオイルもできればエキストラバージンオイルが好ましいと思います。→ エキストラバージンオリーブオイル(食用)を髪につける

今回は、はちみつヘアパックの作り方を紹介しましたが、少しアレンジを加えると、より目的に合ったヘアケアが可能になります。今後もはちみつをとりいれたヘアケアを紹介していく予定です。よろしければ参考にされてみてください。


関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク