kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

マルセイユ石鹸での洗髪は育毛に効く?口コミをみてアレッポの石鹸と比較

2016.9.4更新(2013.10.31初公開)
サボンデマルセイユ

以前にお客様からマルセイユ石鹸のお裾分けを頂きました。マルセイユ石鹸なかなか良いです。石鹸での洗髪が欠かせない私にとって、マルセイユ石鹸は以前から興味を持っていた石鹸です。私が使うアレッポの石鹸と同じオリーブ石鹸ですが、口コミでは洗髪に良いと評判でした。オリーブオイルが抜け毛予防や育毛などに効果的だったアレッポの石鹸と比較してみます。

スポンサードリンク

●使いやすさではマルセイユ石鹸だけど髪に良いのは・・・

039a73be86ac2d79ac6ebe39ceef84a6_s.jpg

当ブログではアレッポの石鹸に続いて、この記事がよく読まれているようなので、まめに情報を更新していきたいと思っています。この記事の初公開は3年ほど前。その当時に比べると若干、髪や肌の衰えを感じます。そんな今の私が感じている、アレッポの石鹸とマルセイユ石鹸との比較は以下のような感じになりました。アレッポの石鹸ばかり使っていると、いろんなことが分かります。

泡立ち・・・マルセイユ石鹸>アレッポの石鹸
保湿効果・・・マルセイユ>アレッポ
臭い(粘土臭):マルセイユ>アレッポ


マルセイユ石鹸の方はアレッポに比べて臭いが確実に強いと思います。オリーブ石鹸ならではの粘土みたいな香りですが、慣れていないと臭く感じるかもしれません。良い香りのマルセイユ石鹸もありますが、そちらはパーム油やシア脂の石鹸になります。個人的には髪に良いのはオリーブオイルだと思っているので、それ以外の選択はまず有り得ないと思います。

泡立ちはアレッポの石鹸よりも、きめ細かくて密度がありました。これは特に髪ではなく肌への使用時によく分かると思います。髪や頭皮への使用だと、人によって脂の分泌も変わってくるので泡立ちも異なります。

そこまでをみると、使いやすさではマルセイユ石鹸のように思えます。でもアレッポの石鹸はローレルオイルが配合されていて、その効果が頭皮ケアにわりと効いていたりしてます。ローレルオイルについては以下の記事を参考にしてください。





●マルセイユ石鹸とアレッポの石鹸との比較クチコミ

石鹸百貨さんのサイトで、マルセイユ石鹸とアレッポの石鹸との比較クチコミをみつけたので紹介しておきます。

・アレッポに比べると匂いがあまりせず(それでも鼻のきく夫と娘はこの石けん臭いねといいますが)、オリーブ石けんの匂いが大好きなワタクシにはちょっともに足りないですがいい香り。そしてアレッポ、オリプレにはかなわない泡立ちのよさとしっとり感。オリーブ石けん群のなかではピカイチです。カサカサがとまらない真ん中の娘の救世主でもあります。

・洗髪アレッポ、洗顔マルセイユと分けていましたが、今はこれ1つです。衣類についた古い汚れも驚くほど落ちますよ。

・アレッポの石鹸もよいのですが、匂いが苦手で・・・こちらの石鹸は洗っているときは香りますが、許容範囲内で、それ以外は匂いは気になりません。

・アレッポでは全くきしまないのに、これだと濡れてるときにもきしむし、乾いてもぱさぱさで扱いずらくて大変でした。においはアレッポに慣れてるので気になりませんでした。



●類似品と異なる正規品はSavon de Marseille(サボン・ド・マルセイユ)

Savon de Marseille2

マルセイユ石鹸は、フランスで300年以上の歴史と伝統があり、世界中で認められた石鹸です。そんな感じなので類似品も多く出回っていて「マルセイユ石鹸」の本元を知るのに苦労しました。調べてみて分かったのが、正式な「マルセイユ製法」で作られる``Savon de Marseille``が本元だということ。マルセイユ・プロバンス地方にある石鹸会社で多くの「マルセイユ石鹸」が作られるそうですが、生産量は全体の30%以上だとされています。以下の会社がそれを占めています。

マリウス・ファーブル・ジューン社
サボヌリー(ル・セライル社) (ル・ミディ社) (ランパル・バトゥ社)
シミオテクニック社


その他たくさんの石鹸会社によって、フランスの石鹸産業は成り立っているそうですが、マルセイユ方式での石鹸製法がおこなわれる場所はやはりマルセイユ・プロバンス地方になるのだそう。そしてマルセイユ石鹸といえば何と言っても含まれているオリーブオイルです。プロバンス地方はオリーブの有機栽培が盛んで、生産量も多くあることから石鹸作りに適しているというのがその理由だそうです。質の良い石鹸はそういった所から生まれる訳ですね。



●アレッポの石鹸と同様にオリーブオイルベースの石鹸

Savon de Marseille1

今回、洗髪に使ってみたのはマリウス・ファーブル・ジューン社のマルセイユ石鹸です。正規品は``Savon de Marseille``(サボン・ド・マルセイユ)を刻印したり名乗るようですが、口コミをみたり調べてみると、同じサボン・ド・マルセイユでもメーカーによって効果が変わるようです。

私自身はアレッポの石鹸EXで洗髪歴は長いので、石鹸で洗髪することに抵抗はありません。抵抗というよりマルセイユ石鹸に含有されるオリーブオイルが、頭皮にどう作用してくれるのか期待してしまいます。そんなマルセイユ石鹸はオリーブオイルがベースとなり、パーム油とヤシ油が72%という純石鹸です。残りの28%は水分とグリセリンで、内容は地中海の海水・塩・バリラ(アルカリ性海藻の灰)といったもの。

まず大きさが非常に大きいです。アレッポの石鹸も大きめなのですが、こちらは箱型ですのでしっかり握ることができません。なので切って使う事になりますが、そのまま切るには危ないし苦労します。ボロボロと崩れてしまいますので、実にもったいない。そこで有効なのがレンジで温める方法です。600wで1分~1分20秒ほど加熱すると結構切りやすくなるのでおすすめです。※もし石鹸を切るときは充分に注意されておこなってください。



●マルセイユ石鹸の効果は髪を乾かした後に分かる

light-long-hair-texture.jpg

香りはオリーブ石鹸でよくいわれる粘土みたいな香りがします。アレッポEXも粘土のような香りですが、マルセイユ石鹸の方が少し強めに香っているようです。泡立ちは石鹸らしくクリーミーですね。泡立ちは元々期待していませんがシャンプー剤みたいには泡立ちません。

私は普段石鹸を頭に直接撫で付けて洗髪しますが、マルセイユ石鹸の場合は 泡立てネットを使ったり洗面器にお湯を入れて溶かして使う ほうが泡立ちが良く、洗髪しやすいのかもしれません。

石鹸シャンプーなど石鹸での洗髪すべてにいえることですが、髪が非常にきしみます。ですが、こういったオリーブ石鹸の良いところは乾かした後に実感します。洗髪中はあれだけきしんでいたのにドライヤーで乾かすとサラサラになってたり、しかも私の場合はリンスはまったくしていません。(石鹸洗髪はクエン酸リンスなどした方が良いです)



●育毛としてあらためてオリーブオイルの強みを知ったこと

areppohamigaki8.jpg


そういう感じでマルセイユ石鹸での洗髪後もアレッポ石鹸と同じようにさらさらになってました。これはやはり含有されるオリーブオイルの効果だと思いますし、気になる頭皮の状態をみても口コミでの評判が嘘ではなかったことが分かります。ここ最近の気温の変化による頭皮の乾燥が気になってましたが、マルセイユ石鹸での洗髪後は、頭皮の皮脂量も程良くキープされている感じで、かさつきません。

育毛や抜け毛対策などを行なう場合、この皮脂量をしっかりみておく必要があります。皮脂量が多くてもいけない、少なくてもいけないということになりますが、私にとってその辺をうまく調節してくれるのがオリーブオイルなど、天然オイルの効果です。

オリーブオイルは人間の脂肪酸とよく似ているオレイン酸を多く含んでいますので、石鹸でしっかり汚れを落としながらも脂肪酸を補っていることがよく分かります。そういった部分でマルセイユ石鹸は、どんな弱酸性シャンプーよりも肌や頭皮にやさしく、頭皮にトラブルがある人にもぜひ使ってもらいたいといえる石鹸です。



●マルセイユ石鹸で洗髪するときの注意点

頭皮にも良いマルセイユ石鹸での洗髪ですが注意しておきたいこともあります。まず、すすぎをしっかりおこなうこと。これは非常に大切なことです。石鹸カスが残ってしまうことがいちばんの問題ですから、しっかり流し落とすことが本当に大切です。そして髪のきしみが苦痛だったら、確実にクエン酸リンス酢リンスの方法を行なってください。私はリンスはしませんが、一般的にはされた方が良いです。

そして私がいちばん伝えたいのは、石鹸での洗髪は数日ではなく長くみてもらいたいという事です。市販のシャンプー剤から石鹸シャンプーに変えるとキューティクルが開いて壊れてしまったと嫌悪感を持ってしまう人がいますが、そこはクエン酸リンスや酢リンスをして対処されてください。数日間はその状態が続きますが、不思議と少しずつ髪が慣れてきます。これを繰り返していると、髪や頭皮が健やかになっていくのが分かるのではないでしょうか。クエン酸リンスは以下を参考にしてください。



スポンサードリンク
関連記事
スポンサードリンク