kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

育毛・薄毛対策における陰と陽の関係


マクロビオティックの原理でもある 陰と陽のバランス を
しっかり保つことで、

育毛・薄毛対策の大きな効果 を得ることができます。



スポンサードリンク


マクロビオティックでは物ごとを  に分けて解析していきます。

これは陰性と陽性に分けている(+と-)ということです。
私達はこの陰性と陽性の中で日々生活していることになりますね。

この陰と陽のバランスの調和を良く保つことで
理想的な健康状態、
そして 育毛・薄毛対策の効果 を得ることができます。





生活の中の陰性と陽性の表です↓



                  


動き     不活発、緩慢       活発、敏速
方向     下降、水平        上昇、垂直
位置     内部、中心        外部、周辺
重量     重い           軽い
光度     暗い(暗光、月光)    明るい(明光、日光)
湿度     湿潤           乾燥
感触     柔らかい         硬い
環境     波動 ― 土 ―      ―  水 ― 空気 
気候風土   寒冷な気候        熱帶性気候
生物特性   植物的          動物的
性別     女性           男性
神経     末梢神経 交感神経    中枢神経 副交感神経
態度、感性  穏やか、消極的、防御的  活発、積極的、攻撃的
仕事     神理的、精神的      肉体的、社会的
内外     内側           外側
戦闘     防御           攻撃
向き     下、後、左        上、前、右
夫婦     妻            夫
親      母            父
天氣     雨            晴
昼夜     夜            昼
温度     冷            熱
商売     損害           利益
状況     静            動
人間     精神(心)        肉体
背腹     腹            背
感情的    抑制           興
高さ     低い           高い
光闇     闇            光


                       (「Wikipedia」より引用しました)



 

この他にも生活の中で陰性と陽性に当てはまることはたくさんありますが
とりあえず実際に育毛・薄毛に関係しそうなものを上に載せてみました。



上の表に書いてある夫婦を例えにしてみます。


妻が陰夫が陽 


ということになりますが、夫婦の場合、
仲の良い理想的な夫婦関係を築くためには
協力しあって生活するなどが理想的ですよね。

どちらかが、協力しない・自分勝手な行動 などの
偏った関係ではケンカが起こったり理想的な夫婦関係は築けません。



もともと男性と女性はまったく違う性質です。
そしてそれは陽性陰性として考えることができます。

どちらもが協力して譲り合うことをすれば陰と陽のバランスがとれて、
ほど良い理想的な夫婦関係を築けます。

それには偏りをなくすことが何よりも大事です。





このことは育毛・薄毛対策をおこなう上でも同じことと言えます。


ここではマクロビオティックによる育毛法として
食事法での育毛・薄毛対策をおすすめしています。
それらはもちろん食に関しての
陰と陽の良いバランスをとるということです。


陰と陽のどちらかの食べ物を過剰摂取すると
バランスが偏り腎臓の機能などが低下することがあります。
それが薄毛の原因になったり、育毛をはじめても
効果がなかったりすることが多々あるようです。





前々回の記事「陰性の食に注意! 育毛・薄毛の夏対策」
私自身が体験したトマトの過剰摂取で
大量の抜け毛があった話をしました。


トマトはかなり陰性の食べ物です。
まさにその経験が薄毛・抜け毛の原因になることを物語ってます。

私は冷えたトマトジュースを毎晩寝る前に飲んでました。
のちほど私はこの事がとんでもない行動だとわかりました。



トマトは陰性、それを冷やすことはさらに陰性に傾きます。
そうすると冷えたトマトジュースは、かなりの極陰になってしまいます。

それを数日間毎晩のんでいたのですから
抜け毛が起こってしまうのは当然なんですね。



こうならないようにマクロビオティックではしっかり対策法があります。



それは、冷えたトマトを加熱することで、トマトは温かくなります。
温める行為は陽性です。
そうすると陰性だったトマトは陽性に傾く訳です。


これがちょうど程よいバランスのとれた 中庸 になるんです。


すべての物事に対してこの 中庸 はとても大切といいます。

もちろんそれは育毛・薄毛対策にも特に当てはまることなんです。





そしてマクロビオティックの世界では、
薄毛の現れ方を大きく二つに分けて考えます



一つは額の生え際、周辺部から薄くなる”陰性”の薄毛です。
もう一つは頭頂部から薄くなる”陽性”の薄毛です。


陰性の薄毛 は、
砂糖、果物、ジュース、清涼飲料、水分、アルコールなど
陰性で身体を冷やす食べ物、飲み物の摂り過ぎが考えられます。
私の抜け毛の原因は陰性のもの(トマト)の過剰摂取でした。

陽性の薄毛 は、
肉、魚、卵、チーズなどの動物性食品、塩分などの
陽性で身体を温める飲食物の摂り過ぎ、
または強度のアルコール摂取が原因と言われています。


デスクワークが中心で運動不足、色白で肥満体、
またはひょろっと細い虚弱体質など、
そういう方は 額が広がりやすい陰性の体質

ガッチリとした肉体労働者、肉類や油物が好きでエネルギッシュ、
そういう方は 頭頂部が薄くなり易い陽性の体質 ということです。


参考にしてみてください。







ランキング参加しています。
クリックして頂けると今後の励みになります。
   ↓↓↓ 
にほんブログ村 病気ブログ 髪の毛の病気へ
にほんブログ村


スポンサードリンク
関連記事

2 Comments

ハゲと戦う頭部戦線司令官  

No title

ご訪問&コメントありがとうございます。
薄毛対策に枕は盲点でした。僕は枕を使わないのですが、薄毛対策を相談されたときは枕のことも話すことにします。

2012/07/30 (Mon) 13:19 | EDIT | REPLY |   

kame38  

No title

司令官さま、ご訪問さらにコメントありがとうございました。
私もこの枕の話を聞き、それ以降枕の使用を控えています。
本当は枕があった方が良い睡眠がとれるのですが…。自身の薄毛対策のためのも今は枕を使ってません;

またぜひきてくださいね^^

2012/08/02 (Thu) 00:27 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

スポンサードリンク