kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭皮を温めるよりも足を温める方が育毛に有効だと思うこと

足湯じゃなく足蒸し

12月に入り、少しずつ冬らしくなってきました。頭も寒く感じられます。
体全体が冷えてしまい、頭部も冷えることを考えると髪の健康への影響を心配します。
多くの人がニット帽などで頭皮を温める事を考えますが、頭皮の健康を考えての事であれば
あまり意味がないように思え必要ないとも思えます。‘‘頭寒足熱‘‘を身につけていれば・・・

スポンサードリンク


●冷えやすい体に‘‘頭寒足熱‘‘が有効

足湯


秋~冬に起こる私の体の冷えは油断できません。
毎年この時期の恒例になっているような感じですが本当にやっかいです。
身体が冷えやすいという私の陰性体質はさまざまなものを引き起こします。
風邪をひきやすいというのもそうですが、何よりも抜け毛が多くなることに悩まされます。
ただ、ここ数年は以前のようにひどくありません。
それは‘‘頭寒足熱‘‘を意識した生活になっているからです。
文字の通り、足を温めるということですが、この効果は絶大だと思っています。
→ ‘‘頭寒足熱‘‘の効果を得る方法 ~下半身を温めて冷えとり血流促進を~




●頭皮ばかりを温めていても難しい

頭皮の血行を良くしておかないと髪が抜ける・薄くなるというのが一般常識です。
これは間違いではないのですが、多くの人がそれを大まかに捉えら過ぎています。
例えば、頭皮マッサージが有効だとすると、そればかりを念入りにしていたり。
確かに頭皮をやわらかくしておくことは大切なのですが、
肝心なことを理解できないままでいることが非常にもったいないと思う訳です。

多くの人が頭皮マッサージをおこなう意図は血流の促進を考えての事だと思います。
普段念入りにマッサージしているのに抜け毛が多いのは何故か?という質問がたまにありますが、
これは 血流が促される仕組みをもう少し深く考えてください と私は答えます。
数年前の私がそれと同じでした。やはり頭皮ばかりを温めていた訳です。
そして抜け毛が多くあることに悩み、深く考えた結果分かったのが根本的な部分を見直すという事です。




●足は第二の心臓

あし


根本的な部分とは身体の中心にある心臓で、そこから全身に血流を促すということですが、
気温が下がるとそれを補えない事を体質から感しました。
それを補う為に何が必要かを学んだところ、足を温める事が良いと分かりました。
上記のリンクしている記事でも述べてますが、足は第二の心臓ともいわれます。
寒くなると必然のように足が冷えるのですが、足の裏は内臓とつながっていることから、
冷えると血流が悪くなり、血流が滞る
といわれています。
これが慢性化すると心臓病・動脈硬化の原因にもなりますし、髪の健康にも影響します。




●「靴下の重ね履き」がとても良い!

冷えとり靴下/1、2枚目5本指タイプ(シルク/綿)重ね履きソックス4枚重ねセット/4枚目 麻混



上記の事を考慮してとりいれたのが‘‘頭寒足熱‘‘を意識した生活習慣です。
体を冷やすとされる果物や甘いお菓子を中心になるだけこういったものを避けます。
そして 上半身は温めず、下半身を温めることが好ましい といえます。

そのアイテムとして 靴下の重ね履き で足を温めるのですが、
これの良いところは毒出しの効果に優れていることではないでしょうか。
体に蓄積した不要物がデトックスできますし、それにより抜け毛予防の対策にもなりますし。
温める足の裏は直接に内臓とつながっており、 汗腺が最も発達し、冷えや食べ物の毒、
循環障害の毒が出やすい場所であることに注目していただきたいのです。
「靴下の重ね履き」は足を温めるだけでなくそういった優れた面もある訳で、
頭皮だけ温める行為などは、あまり意味が無いようにも思えるのです。

髪の健康維持には、こういった根っこの部分を理解すると結果は出ます。
せっかくスカルプケアをするのだから良い結果を得られるようにしたいですね。



関連記事

スポンサードリンク

- 0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。