kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

枕に潜む薄毛の原因


育毛・薄毛対策のための頭皮環境であまり指摘されませんが、実はとても重要だといえるポイントがあります。それは ”枕と頭皮の関係”  です。

スポンサードリンク

育毛・薄毛対策には普段の正しい生活習慣が大事だとこれまで何度か書きました。

その正しい生活習慣にはしっかり睡眠をとるということは
当然なのですが、暑く寝苦しい熱帯夜などは
睡眠中どうしても汗をかいてしまいます。


頭皮からももちろん多くの汗が排出されます。
それは育毛・薄毛対策をする上でも影響してきます。



お店に来店されるお客さんにも良くお聞きしますが、

皆さんは枕をいつ洗いましたか?

きっと買ってからまだ一度も洗ったことがない人が多いと思います。
なかには「枕を洗う必要があるのか」と思われた人もいると思います。


では枕を日に干したことはあるでしょうか。
これもあまりおられないのではないでしょうか。

枕カバーを洗うことはあっても
枕そのものを洗濯する人は少ないはずです。



頭皮には色々な菌がついています。
真菌・白癬菌など頭皮の皮膚炎の原因となるカビの一種なども
常に髪・頭皮に存在しています。

枕を使うと、汗や皮脂と一緒にこれらの菌が枕カバーに付着します。

同じ枕を使い続けると、これらをダニが食べて増殖したり
枕の中でカビが増殖したりします。



枕を洗濯せずに不潔にしていたり、
日光消毒しないでいることは
こうしたカビの発生を助長することになります。


私たちはストレスとたたかう毎日を過ごしています。
自己免疫力の低下はストレス・生活習慣などにより、
どうしても起こってしまうものですよね。


ですが自己免疫力の低下が起こると、
頭皮や体が雑菌に負けて毛根への進入を許してしまいます。


進入した菌が増殖すると毛母細胞まで破壊してしまいます


育毛・薄毛対策など行うことは大切ですが、
枕が不潔では効果も半減します。

ですから枕をこまめに洗うことと
枕カバーを清潔に保つことは非常に重要なことなのです。


枕の材質によっては洗濯に適さないものがありますから
そうした枕は定期的に新品に取り替えるなどしたほうが良いと思います。

日々の生活の中でこういった薄毛対策に関係する、
気づきにくいポイントがまだまだ発見できると思います。

今まで気づかなかったことが
実は育毛・薄毛対策につながっていることもあるはずです。

それらを発見できましたらまた報告します!

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク