kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

髪に焼肉の煙が悪影響、匂いがつかないようにする方法とは

焼肉1

焼肉から出る煙が髪や頭皮に良くないということをご存知でしょうか?
焼肉を美味しくいただくのは良いのですが、焼肉店から出たあと髪についた匂いが気になりますね。
しかも なかなかとれないのが厄介 です。さらには髪や頭皮に良くないという話もあるようで、
美味しく頂いた焼肉なのに後味の悪い状態は避けたいですね。その対策方法を述べてみます。

スポンサードリンク


●焼肉の煙は油を含有、髪の毛はそれを吸収する

焼肉4


焼肉を食べたあと、美味しさに満足して外に出ると、まだ微かに匂いがします。
これは髪や服に匂いがしっかり浸みついているからなのですが、
お腹いっぱいで満足しているのにまだ匂ってるって嫌ですよね。

焼肉が美味しいのは良いのですけど、匂いが結構きついのが難点です。
やはり肉ですから、焼いてしまうと肉の油も煙と共に発せられます。
美味しく食べている時はあまり意識しないと思いますが、煙にはばっちり油が混じっていて、
その煙をまともに受けている
のですから当然髪に付着してしまうのです。

肉から出る油なのでそれなりに強い油といえるのですが、これはシャンプーするまで落ちません。
髪を拭くと取れそうなものですが、それがなかなか取れないのですね。
これは何故かというと、髪の毛には油を吸収する性質があるから なのです。
ヘアケアとして髪に天然油を浸みこませるオイルケアという効果的な方法がありますが、
それと同じく動物性の油でも髪の毛は容赦なく吸収してしまうのです。





●焼肉の煙はアルカリ性、アルカリを避けたい理由

髪11

私自身の有効なヘアケアのひとつとして石鹸シャンプーをおこなってますが、
この問題点は 髪や頭皮がアルカリ性に傾いてしまう ことです。
髪や頭皮は弱酸性ですので、アルカリの吸収があると傷みの原因になってしまうのですが、
このアルカリをどう対処していくのかというところで少し難しくなります。

髪の毛がアルカリ性になってしまうと・・・

髪のキューティクルが少しずつ開き、髪が無防備な状態になになる。
キューティクルが開いた状態では、外からの刺激を受けやすく髪の傷みの原因に。
頭皮も同じく弱酸性なのでアルカリ性になった頭皮は弾力を失い、たるむ。
それが原因で抜け毛や白髪などが多くなるパターンがよくあります。







●焼肉を美味しくいただく為にしておきたい方法

焼肉3


上記のように髪や頭皮がアルカリを吸収するのは、トラブルの元となっているのです。
そして今回のテーマでもある‘‘焼肉の煙‘‘も実はアルカリ なのです。
焼肉を食べに行くことは良いとしても、匂いがついて取れなくなったり、
煙から出る油によって髪の見た目がべたついていたり、不自然な艶が出たり・・・・
美味しく食べるのは良いのですが後が良くないですね。

そういう時、焼肉を食べにいく前に「洗い流さないトリートメント」
付けておく方法が有効です。おすすめは「流さないオイルトリートメント」。
ペパーミント、スペアミントなどのハーブが主体のトリートメントですが、
消臭・殺菌効果が効きます。やはり油には油っていうところでしょうか。
天然成分がコートしてくれて、髪や頭皮を守ります。

さらに徹底するのであれば、寝ぐせ直しに使うヘアウォーターが有効 だそうです。
商品名は、「H&Hスパウォーター ミミトルテ」 。
タバコや食事などの嫌な臭いを防ぐサトウキビエキスが配合されているそうです。
口コミでみましたが、髪についてしまう嫌な臭いを寄せ付けないようです。

気分よく焼肉をいただいたあとは、後味も良いものにしたいですよね。
よろしければ参考にしてみてください。


シャンプー・アイコン
オイルシャンプーも消臭効果有りです、よろしければ観ていってくださいね。
← こちらをクリックしてご覧ください



スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク