kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

マジックソープで洗髪、成分は良いが原液を薄めクエン酸リンスが必要

マジックソープ1

何でも洗える事で人気の マジックソープ、これを洗髪に使ってみました。今回は肌に優しく赤ちゃんにも使えるというマジックソープのベビーマイルドです。石鹸シャンプー自体、私は慣れている のですが、この手の液体せっけんはあまり馴染みがありません。ちなみに私はいつもアレッポの石鹸洗髪です。マジックソープで洗髪したいという方は参考にしてください。

スポンサードリンク

●ベビーマイルドを選んでみた理由
Dr.ブロナー マジックソープ ベビーマイルド 946ml 無香料 [並行輸入品]
DRブロナーのマジックソープの成分だけをみると環境に優しい事が分かります。オリーブオイル・ココナツオイルがベースの液体石鹸に、ヘンプオイルとホホバオイルのブレンドです。これらすべてが100%天然のオーガニック、そして合成物質無添加との事で肌にも良い事がわかります。マジックソープの種類は、アーモンド・ベビーマイルド・ユーカリ・ペパーミント・ティーツリ・ラベンダー・ローズ・シトラスオレンジといった好みに合わせて選べるオイルのラインナップです。私の場合は頭皮に優しいとも思われる、ベビーマイルドを選びました。プレーンなので自分の肌質やヘアケアの目的に合った精油を入れる事もできます。他の種類でも良いのですが、オイルとの相性で頭皮に刺激を感じることもあるので、ここは手堅くプレーンな「ベビーマイルド」を選んでみました。



●安心できる成分、でも強い洗浄力・脱脂力

マジックソープ2

洗髪の質感が良好なら、自分で精油を入れてみようと思っていますが、少しとまどっています。何故なら、洗浄力・脱脂力が結構強いので洗髪には適さないのかと・・・。固形のオリーブ石鹸での洗髪であれば、ここまで髪や頭皮が乾燥することはないのですが、マジックソープの場合は少し厳しい感じです。マジックソープの成分だけをみば、安心して洗髪できると私は思いましたが、何故か髪のきしみがきついようです。

数日間使っていればいつものように髪に馴染んでくるのかもしれませんが、クエン酸リンス は必ず必要なのではないでしょうか。普段リンスしない私もさすがに必要だったので。マジックソープは希釈が必要になるのですが、私の場合2倍くらいに薄めました。おそらくその希釈が甘かったのでしょう。ちなみに私は乾燥肌です。私と同じ乾燥肌、敏感肌であればもう少し薄くされた方が良いでしょう。



●マジックソープについての疑問

マジックソープUS

マジックソープはカスチール石鹸という、スペインのカスチール地方伝統の石鹸なのですが、石鹸には産地それぞれの製法があります。私の洗髪に使っているアレッポの石鹸はシリア特有の熟成期間の長い釜焚き製法です。アレッポの石鹸の場合、石鹸が作られる過程がしっかり公表されていますが、マジックソープの場合はそれを調べるとはっきりされていないのです。疑うのではありませんが、石けん素材の産地は欧州なのに製造は米国。少し疑問です。

伝統の製法というよりブロナー博士(生みの親)の研究で生まれた石鹸と考えた方が良いのかもしれません。実用性は優れているのでしょうが、大切な髪や頭皮に使うのは少し考えるべきかもしれませんね。とはいえ、ノンケミカルですし肌に安全という面では安心して使う事ができます。洗髪として使う場合は、しっかり対策しておけば使えなくもないと思います。

・ マジックソープの原液をかならず希釈すること
・ しつこいくらいにしっかりすすぐこと
・ 石鹸洗髪用のリンスは必ずおこなうこと


これらを確実におこなっていれば普通の石鹸シャンプーと同様に使えます。頭皮のトラブルにもオイルが有効だったという話もあります。マジックソープのティーツリーがシラミに効いたという口コミもありました。マジックソープの種類を選べば、目的に合った効果が期待できるのではないでしょうか。

※この他にも石鹸で洗髪しています。→こちら からご覧ください

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク