kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

朝シャンでハゲるのは本当?その理由をたびたび聞かれるという話

髪17

朝シャンをすると抜け毛が多くなる、ハゲるとよく言われますが必ずしもそういう訳ではありません。そのことを「朝シャン派」のお客様に質問される訳ですが、その答えは「出来ればしない方が良い」です。たしかに朝シャンは頭皮に良くないという理由はちゃんとあります。ですがその理由をしっかり理解して対策をしておけば、抜け毛や薄毛になることを防げます。

スポンサードリンク

●流行の「朝シャン」によって女性の薄毛が激増した話

髪8

「朝シャン派」とされる人の特徴は、
寝汗をかく・皮脂が多い・髪が硬い・寝ぐせが取れない という人が多いです。
これは、寝汗や皮脂が多いので朝にシャンプーしないとベタつきが気持ち悪い・髪が硬いから
お湯で流しただけでは寝ぐせが取れない、といった理由がほとんどではないでしょうか。
「朝シャン」という言葉はなんとなく古く感じるのですが、
日本が好景気だった頃に「朝シャン」は流行りましたね。
その当時は化粧品の販売利益を重視する業界がメディアを通して様々なものを紹介しました。
色々なシャンプーが発売されましたが、「朝シャン」もその流れに乗ってしまった言葉のひとつです。

今のようにスカルプケアなんて細かいことを気にする時代ではなかったので、
自分自身の演出の為に香りの良いシャンプーで「朝シャン」、そのまま香って勤務先へ・・・
という感じでした。
そして今考えるととても痛々しく感じる話があります。実はあまり知られていないようですが、
「朝シャン」が流行った当時、ウィッグ(増毛)の注文が激増するくらいに女性の薄毛が増えた という話がありました。
スカルプケアなど意識する人も少なかった為に起きてしまった事だと今なら理解できるのですが・・・






●朝シャンがハゲるとされる理由

髪2

「朝シャン」が流行った当時のシャンプー業界は今のようにシリコンフリーなどの技術はまだありません。
当時のほとんどのシャンプー剤が非常に強い洗浄力・脱脂力の石油系合成物質でつくられていた訳ですが、
それを毎朝シャンプーに使っていたのですから、薄毛が進行しても不思議な事ではありません。
今の時代ではもうそんな危険なシャンプー剤はありませんので、そこまで心配はないのですが、
「朝シャン」については、たとえ頭皮に良い無添加シャンプーであっても気を付けておく必要があります。

その理由は以前の記事でも述べています。
→朝シャンの危険性、髪・頭皮に悪いという理由。急げば皮膚炎にも・・

朝シャンについて厳しくいえば、シャンプー後12時間は外気に触れない方が良いとするのですが、
なぜそこまでするのかというと、頭皮の皮脂が再生される時間をとらせてあげる ということです。
そして朝シャンをする人はシャンプーで脂汚れを取ってスッキリしたいと思う人が多いと思いますが、
朝は時間に追われることが多く、つい激しく頭皮をこすってしまう事があるのではないでしょうか。

皮脂がとれてスッキリするのは良いのですが、皮脂がなくなった頭皮は守るものが無くむき出しの状態です。
頭皮の皮脂は汚れた空気、雑菌など外で受けるストレスからまもるバリアの役目をしていますが、
それを失った頭皮は早く皮脂を再生させようと過剰に分泌します。
そうなると夏は酸化して汚れますし、冬は乾燥してフケになってしまう事が多くあります。
それらのことが繰り返された場合、ひどいと皮膚炎にもなりますし、毛穴がつまって髪が育たなくなる。

そういったことが「朝シャンはハゲる」という理由になっている訳です。






●頭皮を休ませてあげて皮脂の再生を待つ

8187754127_94192bfec8_b.jpg

シャンプー後12時間は外気に触れさせないと述べたものの、実際はむずかしい話です。
12時間とはいいませんが時間をあけることを意識しておく必要があります。
それは、大切な髪と頭皮を休ませてあげるということ。
女性の方は理解されると思いますが、メイクと同じと思ってください。
一日の汚れは夜にしっかり洗い落とし、寝ている間に疲れた肌を休ませますよね。
その休ませる時間がとても大切で、夜の11時~3時の間に皮脂が回復 されます。

それと同じく、寝る前にシャンプーすると頭皮の皮脂も寝ている間に少しずつ再生されていきます。
そうすると良い感じに皮脂が髪に馴染んできますがこの状態がいちばんベストといえます。
要するに髪や頭皮の健康を維持するには皮脂は不可欠 だということですね。
朝シャンをして皮脂をきれいに取ってしまう事は避けなければいけません。
それは頭皮環境改善を謳うスカルプシャンプーを使ったとしてもです。






●朝シャン後は皮脂成分と酷似しているオイルを使う

オリーブオイル2

どうしても朝シャンがしたい時は、シャンプー後に頭皮の保湿ケアをすると出来なくはありません。
そこでおすすめしたい保湿の方法を紹介しておきたいと思います。
それは オイルでの保湿ケア をすることです。
やはり人間の皮脂と似たような成分が好ましいといえるので、
人間の脂肪酸とよく似ているオレイン酸を多く含んだもの を使います。

私のおすすめは オリーブオイル をつかったオイルケアです。
オリーブオイルは椿油ほどではありませんが、少し重い感じのオイルなので好き嫌いが分かれそうですが、
あえてここはオリーブオイルをおすすめしたいと思います。
アルガンオイルやホホバオイル、お手軽なゆず油など軽くて使い易いのですが、
オレイン酸・リノール酸の含有量はオリーブオイルに比べると決して多くありません。
割合にしますと、ゆず油が約50%にあることに比べてオリーブオイルは80% です。

オリーブオイルは私の抜け毛予防のアイテムのひとつになっていることもあって、
「朝シャン」の後の保湿ケアとしてオリーブオイルを使う事をおすすめします。
→オリーブオイルは薄毛の原因となる皮脂の不足を補えるが育毛効果はない

以上のような理由から「朝シャン」は避ける、はげない為に夜シャンが好ましいという事になりますが、
この質問に対して私は、頭皮の為に皮脂の再生される時間をつくれますか? とお客様に答えています。
この記事のことを理解してしっかりケアできていれば朝シャンすることも構わないと思うので。
仕事などで夜にシャンプー出来ない方も参考にされてみてくださいね。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク