kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロテク(PRO TEC)シャンプーの評価、成分がフケ痒みに効く?

pro t2

最近、空気の乾燥がひどい事でフケ・かゆみに悩んでいるお客様が多いようです。あるお客様が フケ・かゆみの対策としてプロテク(PRO TEC)ジェルシャンプーを持参 されました。お客様いわく、使い始めは痒みが治まったもののフケは相変わらずで、もう使わないからとの事で、置いていかれました。でも商品のラベルにある「頭皮環境正常化」という言葉は気になります。そんなプロテク(PRO TEC)ジェルシャンプーとはどんなものでしょうか。

スポンサードリンク


●「頭皮環境正常化システム」は有効か?

頭皮環境正常化

ドラッグストアに行けば大抵おいてある赤いチューブのプロテク(PRO TEC)ジェルシャンプー。中高年代を対象にした「頭皮環境正常化システム」というスカルプケアが有効なのだそうです。頭皮環境正常化システムとは、簡単にいうと髪に悪影響を与える加齢現象を改善するというもの。30代あたりになると頭皮の皮脂分泌が過剰になるため、臭いや酸化するなど皮脂汚れ~毛根部の炎症などに注意する必要があります。それは髪の発育にも影響してきますので、禿げない為にも頭皮環境を良くしておく という事です。

冒頭で述べたお客様はこのプロテクシャンプーがフケやかゆみに効くとの事で買ったそうなのですが、いまいち効果がはっきりしないという事でした。このシャンプーの評価をしてほしいとの希望で置いていかれましたが、こういった‘‘合成シャンプー‘‘は即効性は見込めるものの長期的に使う事はあまり好ましくないという印象があります。



●プロテク・シャンプーの成分から理解できること

pro t3

目的がいくら頭皮環境の正常化とはいっても、成分をみる限り毎日使うのはリスクがあるように思えます。

・プロテク(PRO TEC)ジェルシャンプーの成分
ピロクトンオラミン、ラウレス硫酸Na、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、モノラウリン酸ポリグリセリル、香料、PG、メントール、クエン酸、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルグァーガム、無水硫酸Na、POE水添ヒマシ油、パラメトキシケイ皮酸オクチル、海藻エキス-1、海藻エキス-5、BG、安息香酸Na

プロテクシャンプーは現在の流行といわれるノンシリコンシャンプーではありません。シリコンフリーが必ずしも良いとはいえないのですが、なるだけならそういった化学合成物質は含まれていない方が頭皮に優しいといえます。最近ではラウレス系成分フリーであることもシャンプーの選び方として求められるようになりました。プロテクシャンプーの場合、そのどちらも満たしていません。頭皮環境正常化システムなのに何故?と少しあいまいに感じてしまいますが、そこを理解できるか出来ないかで、フケやかゆみ対策としての良いシャンプー選びができます。お客様の場合、それが理解できていなかった為、フケが続いてしまったといえます。



●お客様はどう理解されていなかったのか?

実はこういったラウレス系成分(ラウレス硫酸Na)が含まれているシャンプー剤は冬に適さないといえます。なぜなら 冬は髪や頭皮が乾燥してしまうから です。ラウレス系の成分が主成分になっているシャンプー剤は洗浄力・脱脂力ともに強いです。冬などの乾燥した髪や頭皮は、ある程度の皮脂の分泌、潤いを求めるのですが、そういったシャンプー剤を使うと必要な皮脂をたくさん洗い流してしまうのです。そうなると体は頭皮を守るために皮脂を過剰に分泌しますので、フケになったりかゆみが出たりするのです。ここで述べているお客様はそこを理解していませんでした。なので季節的な乾燥によるフケやかゆみの対策にはあまり効果がなく、夏などの皮脂汚れが多くある時に有効なシャンプーだと成分をみて理解する必要がある訳です。



●乾燥肌の私も試用、プロテクシャンプーを評価してみます

pro t4

実際に私もプロテクシャンプーで洗髪してみましたが、とても泡立ちが良く、頭皮がすっきりします。ジェル系は泡立ちが悪いといいますがプロテクについてはプレシャンプーの必要がないほど泡立ちます。頭皮専用シャンプーとしているのも納得できます。確かに頭皮がかなりスッキリしますね。メントール効果が効いてますが、男性用の割にそこまできつくはありません。

冬なのでメントールが寒く感じると思いましたが、それはまったくありませんでした。香りはシトラスミントですが、香りに天然成分は使用されてませんので香料による香りだと思います。

こういった気持ち良さや爽快感がとても良いと思う反面、髪や頭皮は無防備になってしまうようです。やはりシャンプー成分がほとんど合成成分なので、潤うということはまず有りえないように感じました。具体的には髪がきしみ、乾燥してパサパサになります。トリートメントをしても毛先はまだ乾燥している感じなので、ヘアオイルなどが必要かもしれません。プロテクシャンプーの口コミも観ましたが、皮脂量が多い人の場合は使い易い という意見もあります。髪がべたついたりペタっと寝てしまう人が使うと、爽快感や髪のボリュームアップも可能になるそうです。



●プロテクシャンプーの評価・まとめ

上記の使い方を考えるとプロテクシャンプーの事が理解できるのではないでしょうか。もし使ってみたいと思うのであれば毎日使うのではなく、週に数回のスペシャルケア として使う方が効果的かもしれません。毎日使うには頭皮に負担がかかりそうですし、フケやかゆみの原因になるような気もします。非常に髪や頭皮が汚れてしまったというときに効果が発揮されるシャンプー だと思います。ちなみに私の頭皮ケアは 石鹸シャンプー です。プロテクシャンプーと同じくらい泡立ちが良いのですが、石鹸シャンプーの場合は無添加ですので、髪はきしむものの、頭皮にはとても優しいのです。きしみが気になっても後に クエン酸リンス をしますので安心して頭皮ケアできる訳です。

プロテクシャンプーなど成分によって洗浄力・脱脂力の強い頭皮ケアシャンプーは、使い方次第で極端に良くも悪くもなります。そのことをしっかり理解されて使うことをおすすめしたいと思います。


関連記事

スポンサードリンク

- 0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。