kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

サクセス薬用育毛トニック、効果を得るなら知っておきたい話

hair tonic

花王の育毛ブランド「サクセス」、育毛アイテムが豊富で使用された人も多いと思います。その中でも 育毛トニック は人気の商品ですが、実際に効果を得ている人は多くいないようです。商品のCMなどを観て、その効果を期待するのですが、闇雲に使っても効果は得られません。効果を得るためには知っておきたい事 がいくつかあります。ここでそれを述べてみます。

スポンサードリンク

●成分だけでは分かり辛い、本当は臨床データが必要

頭皮CU

こういった育毛トニックといわれるものを使う前に ご自身の目的は何なのか を再確認してください。 商品名が「薬用育毛トニック」なので、髪を育てるという目的なのは分かります。 1000円程度の出費で髪が育つのであれば誰もが使用するのですが、実際はなかなかそれが難しい。 本当に育毛が可能かどうかは使われている成分を知るとよく分かることなのですが、
さらに言えば、裏付けるデータが無い場合など過度に期待はしない方が良い といえます。

サクセス薬用育毛トニックの有効成分

・t-フラバノン
花王が開発した育毛有効成分で、「トランス-3,4'-ジメチル-3-ヒドロキシフラバノン」というもの。毛根に直接作用して毛母細胞を活性させ、髪を太く育て薄毛・抜け毛を予防するのだそう。

・ニコチン酸アミド
ビタミンBの一種です。ビタミンB3あたりがそうだと思います。血流促進効果がありますが、多くの育毛剤に使われている成分です。

・ピロクトン オラミン
殺菌効果に優れている有効成分です。最近記事にした PROTEC など頭皮用シャンプーにも含有。頭皮の嫌な臭い、フケ・かゆみなどの原因とされる雑菌を抑える効果があります。

・ユーカリエキス
ユーカリは育毛効果があるとして注目されましたが、いまいち効果が得られない感じです。あるとすれば「エキス」ではなく、精油の「ユーカリオイル」です。それでも殺菌効果くらいで、育毛効果は微妙です。

・黄杞エキス
中国で健康茶として飲まれているようです。消炎効果で頭皮の皮脂バランスを良くさせる効果があるようです。黄杞エキスの消炎効果で頭皮のバリア機能をサポートするような感じです。

・トウガラシエキス
頭皮の血流促進のための成分です。髪へのカプサイシン効果で注目され多くの育毛剤に使われています。唐辛子なので頭皮に刺激があるイメージですが、その心配はまったく無いようです。





●サクセスは「育毛剤」ではなく「育毛トニック」です

サクセス薬用育毛トニック 無香料/180g 【HTRC2.1】


サクセス薬用育毛トニックの成分の中で育毛が期待されるのは、 t-フラバノン、ニコチン酸アミド、トウガラシエキスあたりだと思いますが、効果ははっきりしていません。 サクセスの公式サイトでも、使用すると髪が育つとは記載されていませんし、 そもそも商品名が「育毛剤」ではなく「育毛トニック」なのですから。 何よりも医薬部外品ですからそこまでの効果は期待できないのではないでしょうか。

ただ、消費者としては商品名で育毛の効果を期待して購入する訳ですが、 ヒット商品であるが故に、効果を得られない人のクレームが多いといいます。 明るみにされていませんが、以前、国民生活センターにサクセスの苦情が殺到したという話がありました。 それを重くとり、国民生活センターから依頼された医学団体が調査を始めたそうなのですが・・・

サクセス育毛トニックに育毛効果の有無がはっきり述べられていない事に問題があるように思えますが、 「育毛」と「発毛」の意味や目的がはっきりしていない消費者にも同じことがいえるのではないでしょうか。 過度に効果を期待してしまいますが、所詮‘‘医薬部外品‘‘である事を理解しておく必要があります。




●医薬部外品であることを理解する

プロペシア1

育毛、さらに発毛にも効果があるとされているのは、「ミノキシジル」と「フィナステリド」の二つです。 これらは医学的に効果があるとされていますが、臨床データにより、「ある一定数の人に効果がある薬」とされて 国に認可されています。こういった‘‘医薬品認定‘‘に対して、サクセスは‘‘医学部外品認定‘‘ですから、 大きな期待を持てるものではないと思った方が良いです。 ただ、これらどれもが薬剤であることを忘れてはいけません。決して体に安全ではないということです。 「ミノキシジル」と「フィナステリド」には副作用というリスクがあるのも事実ですし、 サクセスについても副作用はないとしても、長期の使用で経皮毒の影響が心配されます。

体に安全だといえるのはサクセスの方ですが、その場合目的や使い方をはっきりさせておく必要があると思います。 上記で述べたように、まず ‘‘医薬部外品‘‘ に過度な期待を持たないことです。 医薬部外品の育毛剤に頼るだけで髪が生えることはまずありえません。 なので育毛・発毛目的で使う事はおすすめしません。 これは強く言えますが、これまでの理容師経験でそう思います。




●アデノバイタルの効果から分かること

av1.jpg

ですがデメリットばかりでは少し物足りないので、メリットの部分も述べてみます。 資生堂アデノバイタル・スカルプエッセンス はご存知でしょうか? こちらも医薬部外品ですが、アデノバイタルを使った人の髪が太くなっているという話があります。 この場合でも髪が増える・育つという効果はないようですが、 頭皮環境が良くなったことで髪の毛に栄養が届くようになり、髪が太くなって多くみえていました。 医薬部外品としての育毛剤はこういった使い方が好ましいですね。

髪が生える、髪が育つための健全な頭皮環境にするためにサクセス薬用育毛トニックを使う という感じです。 そういった事では、抜け毛予防にも活かされてるので無駄にはなりません。 ただ口コミではアルコールの刺激が強すぎるという意見も多く、その辺は注意が必要です。 私的にはこういった爽快感のあるものはデオドラントとして使う方が良いと思いますが、 時期的に言えば、5月~9月など、皮脂のべたつきが気になるシーズンなどですね。 期間を限定して使うようにして、年中使い続けるのは避けるようにします。 特に冬など頭皮が乾燥しがちな季節などの使用は避けた方が良いのかもしれません。

こういったことから、初めから育毛目的で使う事を考えるより、 後に繋がる髪の発育を見据えて頭皮環境を整える。その為の育毛トニックと考えると後の効果に繋がります。 たとえ育毛剤で髪が育ったとしても限界があります。 大切なのはずっと髪が生え続けるような栄養を送れる身体をつくることではないでしょうか。 育毛剤に頼るよりも健全な身体を構築することが何よりも大切です。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク