kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

塩で髪・頭を浄化する方法、ヒマラヤ岩塩で抜け毛予防・育毛効果も

岩塩

このブログでは塩を使ったヘアケアをよく紹介していますが、今回は 塩で浄化 をとりあげます。塩にはもともと強い浄化力があるという点で、髪を含めた頭の健康維持が可能になると思っています。これに使う塩は天然塩、さらに 岩塩である方が好ましい といえます。そして塩で洗髪も可能です。髪の健康に塩シャンは有効ですが難易度が高い・・・そんな方におすすめの方法も紹介します。

スポンサードリンク

●簡単すぎるけどおすすめの方法、藤原紀香さんも実践

シャンプー1

私が石鹸シャンプーでの洗髪に辿り着くまでの過程として塩シャンプーは良いものでした。ただ、塩シャンプーは頭皮に良い反面、体感的には決して気持ち良いものではないと感じる方も多いと思います。長期的にみるとこういった「脱シャンプー」は本当に良いものだといえますが、実際には続けることの難しさを感じさせるものではないでしょうか。

でもなるだけならおすすめしたい洗髪方法のひとつなので、塩の良い部分を何とか感じてもらいたく思う訳です。そこで 本格的な「塩シャン」ではなく、簡単に・適当にできる洗髪方法 を紹介したいと思います。本当に簡単で悪く言えば適当なのですが、それでも頭皮の健康維持には使えます。やり方は、塩をシャンプーに入れて、頭皮をマッサージするように揉みほぐし洗い流すだけです。ただそれだけですが、頭髪の浄化・頭皮の皮脂分離・頭皮を引き締めるといった効果があるのです。

これをすると 髪が多少きしんでしまうのですが、これは塩が効いている証拠 なのです。こうなると髪に付いた余分な汚れが綺麗にとれている状態なので、髪に栄養が浸透しやすくなっています。そこでいつものトリートメントやオイルといった有効成分を髪に浸透させると、いつもよりその効果を感じられます。ちなみに、この方法はタレントの藤原紀香さんも実践されていた様です。



●塩の種類にこだわるなら「ヒマラヤ岩塩」

岩塩2

使う塩は食塩などの精製されたものは避けるようにします。塩を洗髪に使う意図は、もちろん頭皮に良いからという理由もありますが、浄化するという目的でもあります。大切な髪ですから清めることも必要だと思うのです。だから天然塩が好ましい訳です。

可能であれば パワースポット といわれるような場所(例えば神社など)で塩をいただけると良いですね。例えば私個人として京都にある日本で唯一の頭と髪の神社、御髪神社の塩を使いたい・・・と思う訳です。

普通に使う場合は天然塩であれば充分なのですが、さらに塩の種類にこだわると非常に面白いです。我が家の生活環境では、塩は天然塩にこだわっていますが、体全体のケアの目的であれば「岩塩」を使っています。今では美容アイテムとして有名ですが「ヒマラヤ岩塩」を使います。

塩にはもともと浄化、消臭、抗菌作用や体を温める作用などがありますが、ヒマラヤ岩塩は天然塩の中でも最も強力な浄化力を秘めている とされています。パワーストーンの浄化にはこれが非常に有効なのだそうです。そういった事を考えると抜け毛予防や育毛など、髪の健康にも活かせられるのではないでしょうか。



●お風呂にも岩塩を入れるとさらに良い

注意・これは岩塩ではありません

既に美容アイテムとしてのヒマラヤ岩塩の効果は実証されていて様々な使い方ができます。バスソルトなどが有名ですが、これは 冷えとり としてもかなり良いです。

温まり方がすごく、温泉に入ったように体全体がぽかぽかを継続するのですが、これはヒマラヤ岩塩は硫黄などのミネラル分が多く含まれているので温まり方が著しいのだそうです。髪への効果でいえば、冷えをとり・温まることで血流促進→髪が育ちやすい、抜け毛が減るといった他、豊富なミネラルが直接、髪や頭皮に浸透します。なので体の中からも外からも良い影響を与えてくれる訳ですね。

たびたび塩は大切な物だとブログで述べてきましたが、あらためて欠かすことの出来ないものだと感じております。髪の悩みが絶えない人は普段に使う塩の見直しをお考えになってはいかがでしょうか。よろしければ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク