kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

薄毛と放射能①

昨年の東日本大震災により被災されました方々に、心よりお見舞い申し上げます。

その影響は非常に大きくて、国民の皆さん一人一人が安全で安心な暮らしを目指し、生活に対する意識の高さは徐々に良い方向にあるのではないでしょうか。

私は現在南九州に住んでいますが、震災後は他県からこちらに移住されてくる人が多くなりました。福島第一原発事故による放射能汚染からの避難だと聞いています。

日本政府や東電が発表している数値と、「直ちに人体には影響がない」という言葉を、鵜呑みにしてる人はほとんどいないでしょう。

以前ニュースで知りましたが、福島県内の1000人以上の子どもの甲状腺の調べがあり、その結果、半数から放射性物質による放射線が検出されたといいます。

そんなこともあり、直ちには影響がないとは言えども今後のことを思うと汚染地域から一刻も早く逃避したいと誰もが思うはずです。

放射線被害による人体への健康の影響が心配されてますが、ここに来ていただいている皆さんとしては頭皮に関しても気になる事だと思います。

過去の調査で広島と長崎の原爆被害者の健康状態を厳正に調べたところ、ほとんどの人にかなりの抜け毛がありました。ある程度の強い放射線を浴びれば、やはり抜け毛がおきやすくなるみたいです。

しかしそれは一時的なものだといいます。放射線の無い環境にいれさえすれば抜け毛は少しずつ元に戻る事もわかりました。やはり人間の細胞は凄いのだと思います。

ですが今日本に住んでいる限り、完全に放射性物質を避けて生活するということは難しいようです。

ここからは内部被爆の話です。

私たちは物を食べないと生きていけません。しかし食べ物自体に放射線が検出されています。米・野菜・魚・牛肉・牛乳などそれ以外のたくさんに検出が確認されてました。

メディアの間では情報をあまり明るみにしなかったみたいですが日本中のあちこちで測定され、たくさんの検出が確認されてました。

私の住む南九州で獲れたカツオからもでています。汚染地域からかなり離れた所なのにどうして!と少し怖くもなりましたね。

外からの被爆を防ぐことができても、食べることからの被爆は情報の事実を知らない限り、解決は難しいと私は思うのです。

そうすると放射能がもたらす薄毛・抜け毛の予防対策はないのかというと、そうでもないんです。

ここから先は長くなりそうですのでこの続きは次の記事で詳しく書きます。



スポンサードリンク





スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク