育毛・薄毛の自然派ヘアケア ~理容師の知恵袋~



2016 02/23

洗髪の頻度は冬・夏など季節で回数を変え、湯シャンでフォローする

pakkusu11.jpg

普段している洗髪がどのくらいの頻度でおこなえば良いか?という質問をよくうけます。ひと昔前では洗髪は毎日した方が良いという考えが普通の様になってましたが、ここ数年ではそれが間違った認識だといわれるようになりました。私自身もそれを体感していますが、ただ単に洗髪していれば良いという訳ではないのです。性別や季節によって回数を調節することも必要ですし、シャンプー剤の成分にもこだわり、時には湯シャンもとりいれる方が良い とも思っています。

スポンサードリンク


●毎日お客様をシャンプーしてわかる洗髪の頻度

OLEO DOR8

洗髪の頻度というものは性別や季節、さらには環境や体質によって変わるものと思っています。乾燥が激しい今の時期の場合、私個人としては毎日洗髪することはありません。元々が乾燥肌ですから毎日洗髪すると、とにかく頭皮がかさつくのです。これは頭皮に潤いをあたえるために必要な皮脂がシャンプー剤によって流されて起こるようです。

私は毎日お客様をシャンプーしています。そして頭皮も観ている訳ですが、特に今の冬の時期は髪や頭皮に潤いが不足していると感じることが多くあります。そしてそういったお客様をシャンプーしてみると、とても泡立ちが良いのですが、洗髪の頻度をお尋ねすると、毎日シャンプーをしていて1日に2回する時もあるそうなのです。そうであれば泡立ちが良いのは当然です。何故なら皮脂が不足し過ぎているから。そういったお客様に限って「シャンプーしているのに頭皮が痒い」と述べられる方が多くいる訳ですが、その状態では頭皮トラブルを招くことがありますので、早急の洗髪頻度の見直しをおすすめしています。

・)どのくらいの洗髪頻度が良いのか?私の場合2~3日
どのくらいの洗髪の頻度が適切なのかというと、男性の場合は基本的に2日に1回くらいが良いのですが、私のように頭皮の乾燥が目立つ場合は3日に1回程の洗髪ペースでも良いくらいです。洗髪すると必要な皮脂は流されてしまう訳ですが、2~3日開けることで皮脂が分泌され回復してくれます。この回復させる時間が頭皮にはとても大事だということになりますが、この時間を設けずに、ひたすら毎日洗髪していると頭皮環境を良くしようと皮脂が過剰に分泌されます。それによって痒みが生じたり、フケが多くなるといった頭皮トラブルを起こしやすくなるのです。ですから毎日洗うことは避けるようにしています。



●洗髪頻度を多くするときは”シャワー温度の調節”を

Shampooing.jpg

ただ、毎日髪を洗いたいという人は多いと思います。そんなときは、すすぐときのお湯の温度に気をつけてやってみて下さい。特にシャワーで流すときです。36℃から、高くても40℃くらいまでのシャワー温度がちょうど良いと思います。特に冬は40℃を超える熱いお湯は、頭皮によくありません。42℃くらいのお湯で皮脂が溶け出し、乾かしたとき、乾燥で頭皮がカサつきます。夏は皮脂の分泌も多くなるので、多少熱いお湯でも構いませんが、冬は風を引かない程度で少しぬるめのシャワー温度で、皮脂流れを抑えるのが好ましいといえます。ただ髪の毛については、少し熱くても問題はありません。というのも、髪の毛の熱変性については、120℃くらいの加熱で髪の毛の膨張の変化があり、130℃になると色が変わって、270℃になると焼けてケラチンが分解するという研究結果があります。そこでみても、髪の毛に関していえば40℃を越えても、頭皮のようにそこまで心配はないといえるのです。

ですから、洗髪の頻度を多くするときは、せめてお湯の温度調節をよくみながらやってみてほしいと思います。詳しくは「シャワー温度を変化させて髪や頭皮を健康にする方法」で述べているので、ぜひ参考にしてください。


●男性に理想的な洗髪の頻度

男性に理想的な洗髪の頻度IMGP1702

男性の場合は皮脂量が多いので必ずしも3日に1回といった洗髪回数は難しく感じるのではないでしょうか。ですがそれでも洗髪を毎日するのであれば 湯シャン をされてください。強めのシャワーで時間をかけ、お湯だけでしっかり洗い流します。本当のところはこれだけで充分なのです。シャンプー剤を使って合成界面活性剤で頭皮を危険にさらす方がよほど悪いと思えますね。

そして夏などに気持ち悪く感じるときは合成シャンプーは使わずに 石鹸シャンプー をされてください。その場合、酸性リンスまでしっかりおこなってください。潤いを確保するということを意識しておいてほしいです。上記で述べてきたことはすべて‘‘脱ケミカル‘‘を意識した方法なのですが、これらをクリアしていくと、髪や頭皮はとても健やかな状態になり、抜け毛もかなり減少します。育毛をする上での頭皮環境改善というのであればスカルプシャンプーよりも‘‘石鹸シャンプー‘‘です。


●女性に理想的な洗髪の頻度

髪4

男性に対して女性に適した洗髪の頻度は少なめの回数が好ましいように思えます。何故そういうのかというと、女性は男性に比べて皮脂の分泌が少ない とされているからです。日本女性の黒髪は艶があり美しいと昔からいわれてますが、これは 日本の女性が備え持つ、ちょうど良い程度の皮脂分泌によるもの とされています。皮脂量が多い欧米女性にはこの美しい髪の質感はなかなか出せないといわれている程ですし。頭皮には皮膚常在菌というものが有って弱酸性のバリアを作ってくれますが、これが頭皮を健やかに保ってくれて、分泌された皮脂は髪に絡んで天然のコーティング剤になってくれてます。

こういった事から皮脂の確保は必要だといえるので、やはり毎日の洗髪は避けるべきだと思う訳です。洗髪回数でいえば女性の場合も3日に1回程度が好ましいと思います。シャンプー剤については無添加とはいいませんが、アミノ酸系シャンプーなどマイルドなものをおすすめします。ラウレスフリーなどの洗浄力の強過ぎないシャンプーを選ぶのがベストではないでしょうか。石鹸シャンプーは良いものなのですが、脱脂力が強いので、肌質に合うか注意する必要があります。

ただ、冬はこれで良いとしても夏になると洗髪の回数を増やしたくなります。そんな時はお湯だけで 湯シャン することをおすすめします。湯シャンの本当の目的は脱ケミカルするということですが、こういったやり方も有効です。女性の場合は、湯シャンする前にしっかりブラッシングして汚れを浮かせてからおこなってください。

※注意しておきたいのは整髪料をつけていたときです。
その場合は必ずその日のうちに洗い流しておく必要があります。使った整髪料の成分次第ですがお湯だけではしっかり洗い流せないこともありますので、そういったときはシャンプー剤を使用して洗い流すべきだと思います。

そして頭皮の匂いやべたつきが気になって、朝と晩の1日2回シャンプーする人もいると思いますが、できればそこを我慢してもらって洗髪の頻度を少なくしてもらいたいと思います。ですが、人によって置かれている環境や皮脂・汗の分泌量は異なるので、理想的な回数というのは自分で見つけていくことがいちばん大切なのではないでしょうか。

関連記事

スポンサードリンク

(0)TB(0)

AFTER「ヴァセリンを髪につける使い方と効果、ワセリンとの違いとは

BEFORE「”免疫力を高めること”は最高の抜け毛予防だと思う

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top