育毛・薄毛の自然派ヘアケア ~理容師の知恵袋~



2014 03/11

枕・布団につく抜け毛の原因、何本くらいが正常なのかを検証します

枕2

朝起きると枕や布団についてしまった髪の毛に驚くことはありませんか?
寝ている間に起こってしまった事なので何が原因なのか非常に分かりにくいですね。
抜け毛というのは人間なら誰にでも有るものなのですが出来れば避けたいものです。
この記事では、睡眠中に抜ける髪の本数やその原因 について述べてみます。

スポンサードリンク


●正常なヘアサイクルなら約100本くらいまで

抜け毛2


最近こそ抜け毛は少なくなりましたが、以前は生活の中のあらゆるところでみられました。
業務上、髪の毛が散乱する為、自分の抜け毛までは知ることが出来ませんが、
家に戻ると床のあちこちで自分の抜け毛とわかる髪の毛が落ちていたものです。
目に見えてよく分かる場所は洗面所・浴室、そして寝室です。
シャンプーやドライヤーをしている時は物理的に髪の毛は抜けるものですが、
寝ているときの抜け毛は物理的なもの以外にも様々なことが影響しているといえます。

髪の毛が枕や布団についていることで抜け毛があることを実感するのですが、
以前の私はこの事態をかなり深刻に捉えてました。
それは普段の生活習慣や食べ物による影響は明らかにあったと思ったからです。
その例えとしてトマトの過剰摂取のことが以前ありました。
→陰性の食に注意!育毛・薄毛の夏対策

このときは枕や布団に数十本の抜け毛があり、とてもショックを受けたのですが、
同じような経験をした人もおそらくいらっしゃるのではないでしょうか。
このような著しく抜け毛の量が多い時は体に何らかの異常が起こっているといえます。
人間にはヘアサイクル(毛周期)があることをご存知だと思います。
一般的なヘアサイクルでみると髪の抜ける本数は1日約50~100本くらいですが
これを大幅に超えてしまうのは、やはり正常ではないと考えられます。




●枕や布団に残る抜け毛の本数

8075241561_fd9e2092b9.jpg


では睡眠時に起こる抜け毛はどこくらいであれば正常なのかという事になります。
多くの人が疑問に思うことなので、1日の抜け毛の平均値から割り出してみました。

ここでは1日に起こる抜け毛の平均値を72本とします。
私の場合もだいたいこのくらいでしょうか。100本は抜けないくらいだと思います。
1日(24時間)内に72本の抜け毛なので1時間にすれば3本の抜け毛ということになります。
睡眠時間を8時間とすると、3本×8時間で24本の抜け毛があるということですね。
頭の面積で枕に密着する部分が約1/3くらいだとするとその部分の抜け毛は8本です。。
よって睡眠時に抜ける髪の毛は8~10本前後が妥当ではないかと思います。


睡眠時の抜け毛については原因はさまざまですが、よく耳にするのが以下のことです。

・洗髪後にドライヤーで乾かさずに寝る
・眼精疲労、寝る前に目を酷使する
・睡眠不足が続いている
・甘いもの、水分の摂り過ぎ
・低反発まくらを使っている
・寝ている時に頭を掻きむしっている


その時の体調や環境にもよるので、これが確実とはいえませんが参考にされてください。




●「冷え」が生んでいる抜け毛への悪影響

足湯3


上記のこと以外にも多くの人にいえるのが「体の冷え」だと思います。
私の場合はそれが明確だったので、抜け毛対策として 冷えとり をはじめました。
とても効果的で欠かすことは出来ず、現在も続けています

髪の健康は食べ物が深く関係してますが、現代食の多くが「冷え」を生んでいると考えられます。
ローコストな食べ物ほどその心配がある訳で、その多くが体を冷やす‘‘陰性‘‘の性質を持っています。
冷えが生じると血液の循環がうまくいかなくなり、頭皮に栄養が届きにくくなる。
その結果、抜け毛が多くなったり、薄毛が進行してしまうこともあるのですが、
なぜ抜け毛が減らないのか、多くの人がそれに気付けないでいるような気がします。


関連記事

スポンサードリンク

(0)TB(0)

AFTER「石鹸シャンプーでフケや痒みが出る時に試したい3つの方法

BEFORE「ヨーグルトを髪につける効果、匂うけどヘアパックで髪うるおいます

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top