kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自毛植毛における理容師の見解とそのデメリット

2357558460_c6fdefdb8a.jpg

自毛植毛は人工毛植毛と比べて身体的リスクなどは少ないのですが、
多少、デメリットがあることを理解されてください。
一般的にいわれる自毛植毛のデメリットは植毛関連のサイトなどをみても、
様々な意見が述べられています。
ただ私は理容師なので、
理容師の見解 で自毛植毛のデメリットを述べてみようと思います。


スポンサードリンク



■理容師から観た自毛植毛のデメリット エレクトリック・クリッパー レトロ

① サイド、バックの髪を短くするショートカットができない

今までの薄毛・禿げた頭髪ではヘアスタイルに限りがありましたが、
自毛植毛をおこない、その後の経過次第では様々なヘアスタイルに変える事ができます。
とても楽しみなことではありますが、ただ1つ問題があります。
サイド・バックを短くするとドナー部でもある後頭部、側頭部の傷が目立ってしまう
ということです。それがわかってしまうと植毛した事がばれてしまいます。
もしバリカンをいれてもらう場合は9mm以上のバリカンの使用を注文してください。
(私のお客さんの場合、6mmでは結構目立ちましたので) 

ですがこういった場合、植毛したことを知っている行きつけのヘアサロンだと
説明する必要もなく安心してカットを任せられます。
薄毛とヘアサロンの記事は こちら をみてください。

植毛 デメリット1

②手術をおこなう医師のセンスで見た目バランスの良し悪しがある

これは非常に重要だと思います。自毛植毛の頭髪を数多く観てきましたが、
頭部や顔全体のデザインに対して前髪(植毛部分)の位置が悪い・アンバランス
という状態がみられることもたまにあります。
バランスが悪いと、せっかくの植毛が台無しです。
それが不自然さを増して、植毛がばれてしまうこともあると思います。
前髪はヘアスタイルにおいて非常に大事な部分でもあります。
良いヘアスタイルは前髪で決まるとも言って良いので。

植毛手術を施すのは医師ですが、髪型の発想・デザインまで期待はできません。
中にはそれをできる医師もいるのですが、そこでのプロはやはり理容師・美容師なのです。
可能であれば理容師・美容師を提携しているクリニックを
探してみることがいちばん好ましいと思われます。
またヘアサロン(理容室・美容室)の
紹介でのクリニック通院なら後の事も含めて良い植毛手術になりますね。



●植毛は何よりも確実、ただよく考えて決断を
ルーニー
マンチェスターUのルーニー、植毛2度目も経過は順調

上記で述べた2つのことが私(理容師)から観た自毛植毛のデメリットです。
そして、これまで何度も書きましたが、
”薄毛・禿の対策に植毛手術はできればするべきではない”
と私は思っています。植毛というものはやはり自然体ではない行為になります。
自然の摂理に従うのであれば植毛をするのは如何なものかと思うのですが、
頭が薄毛になる・禿げてしまうというのも逆らえない自然の摂理なのかもしれません

追記2014.12.26
これは過去に述べた私の勝手な持論です。長いので読み飛ばして頂いて結構です。

薄毛や禿げることを良しと言ってる訳ではありません。「自然の摂理」を理解して生きていれば身体・頭皮はいつも良い健康にあるという事を言いたいのです。それは、自然界にある食べものを摂り入れ、化学的につくられた無機質な食べ物は摂り入れない。これを常におこなっている人は人間性も、頭皮の状態も豊かになるのだと思います。そんなお客さんを以前にお会いしたことがあります。こちら を参考にしてください。それは植毛についてもいえることです。特に人工植毛の場合、その毛髪は無機質な化学物質です。実に不自然だと思います。自毛植毛は自分の毛髪ではあります。ですが前頭部はもともと自然に薄毛・禿げになってしまった訳です。そこに無理矢理、後頭部の頭皮を切りとって前頭部に貼り付けるという行為は自然の摂理に逆らっている行為だと思うのです。それに現在の日本での植毛は毛髪先進国の欧米に比べて、優秀な植毛医や正確な情報が非常に少ないのが現実です。何についても言えることですが、自然の流れに逆らい、強引に不自然なことをすると反動が起こります。植毛が成功だったとしてもそれがいつか抜け落ちたり、それ以上の悪いことがあるかもしれません。植毛が正確なものといえるまで不自然ともいえる植毛は本当ならば行うべきではないと私は思っています。


薄毛や禿げることに悩みは尽きませんが植毛手術は最後の手段です。
植毛を予定している方は今後の人生設計を含め良く考えておこなって欲しいですね。

植毛の見解についても進行形で知識を深めております。
こちらへどうぞ →カテゴリ:植毛と増毛 の記事一覧

関連記事

スポンサードリンク

- 0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。