kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

石鹸シャンプーでフケや痒みが出る時に試したい3つの方法

マジックソープ1

しばらくみられなかったのですが、ここ最近フケ少し出てきているような感じです。
石鹸シャンプー に慣れてくると、理想的な頭皮環境になれると感じていますが、
良い感じに継続していてもなぜか急に フケや痒みを生じるとき があります。
そんな時に使えるものをいくつか紹介したいと思います。

スポンサードリンク


●度々のシャンプー変更でフケや痒みが

HIMAWARI2


最近、新しいシャンプーのレビュー記事を掲載するため、度々シャンプーを変えています。
実はこのことが頭皮に悪影響を及ぼしてフケやかゆみの原因になっているように思えます。
自分が好んでやっていることなので仕方ありませんが、本当はしない方が良いです。
興味本位でシャンプー剤をあれこれ変えることは好ましくありません。

その後はいつものアレッポの石鹸で洗髪を再開しましたが、
どうも頭皮の状態が良くありません。石鹸カスではなく明らかにフケがでてるのです。
私は普段、リンスなどはしないことが多いのですが、
季節的な乾燥によるフケの疑いもあるため、しばらく クエン酸リンス をしてみました。
オイルも同時に使った結果、髪や頭皮はある程度保湿されたのですが、
フケが抑えられたところをみると、やはり乾燥が影響していたような感じです。
ただ、翌朝になるとまたフケが出てしまっているので、解決したとは言い難いのです。




●過去に有効だった方法を再び実践

クエン酸


しばらく合成シャンプーを続けた結果、上記で述べたような状態になってしまいました。
合成シャンプーから石鹸シャンプーへの移行のむずかしさをあらためて感じた訳ですが、
石鹸シャンプーを始めたばかりだと同じようにフケや痒みに悩まされる人もいるのではないでしょうか。
そこで過去の記事で効果的だったことを実践して石鹸洗髪に活かしてみました。
その結果、いくつかの方法でフケや痒みが治まり、頭皮が少しずつ回復しつつありますが、
その方法の中で特に有効だったものを3つ紹介します。
私と同じように石鹸シャンプー後のフケや痒みに悩む方に参考にしていただきたいです。




●「はちみつ」を混ぜてシャンプー

はちみつhair④


石鹸シャンプーをするときにはちみつを混ぜておこないますが、これがなかなか有効です。
混ぜるとはいっても、最初から石鹸シャンプーに混ぜるのではなく、
泡立ててからつける感じです。はちみつは大さじ1~2くらいの量で良いと思います。
ハチミツは浸透力・殺菌力・保湿力といったものが優れていますので、
冬は乾燥によるフケなどを予防、夏は雑菌の繁殖を抑えてくれるようです。
→石鹸シャンプーの作り方、はちみつ・オリーブオイルのレシピが頭皮に良い

石鹸シャンプーが弱アルカリ性の為、酸性のはちみつを混ぜるのは洗浄目的として
問題があるようにいわれますが、フケや痒みの対策としては有効だと思います。




●「グリセリン」を混ぜてシャンプー

seikatunoki gr


はちみつは少し匂うのでそれを避けるならグリセリンが良いです。
混ぜる量ははちみつほど多く使いません。多くても小さじ半分くらいにしておいてください。
グリセリンを加えると洗髪時の指通りは良くなって乾燥した髪・頭皮は保湿されますが、
入れすぎるとけっこうベタつくので混ぜるのは少しだけで良いです。




●「ニベアクリーム」を混ぜてシャンプー

nivea4.jpg


スキンクリームとして使うニベアの青缶ですが、これが以外にも効果があるような感じです。
「ドゥ・ラ・メール」などの高級クリームと成分がほぼ同じという点からも、
ニベアがいかに使えるクリームなのかが分かりますが、フケを抑える効果もあるようです。
→NIVEA(ニベア)青缶を髪・頭皮に使う効果、成分と口コミから検証

シャンプーの前・後にいろいろな使い方が出来ますが、今回はシャンプーに混ぜる方法です。
これも使う量はわずか程度にしておきます。多く使うとやはりベタつくので。
石鹸シャンプーでフケが出るときなど一時的な処置としての使用は良いと思いますが、
常用はあまりしない方が良い と思います。
ノンケミカルを目指しての石鹸洗髪なのにニベアを使うのは好ましくありません。
ニベアについては賛否両論があると思いますが、私的にはとても良いものでした。


●石鹸シャンプーでフケや痒みが出るといっても原因はいろいろあります。
単に乾燥が原因なのか、皮膚炎、または食べ物の影響なのかそれ以外にも様々あります。
原因は人それぞれだと思いますが、石鹸洗髪を始めているなら継続されてほしいと思います。
体質的に問題がある場合は見直しも必要だと思いますが、継続が可能なのであれば
しばらく続けていると髪や頭皮の健康を実感できるようになりますので。




関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク