kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

ゲームのやり過ぎで禿げるという話、FPS系は注意です

fps2.jpg

過去に抜け毛が多かった時、ひとつの原因として眼精疲労があげられます。パソコンと長時間向き合っていると、かなり目が疲れてしまうのは今も同じなのですが、以前は若さゆえに無理をして目を酷使していたことが今は痛く感じます。当時はオンラインゲームに熱中していた時もあり、楽しいばかりで健康の事などほとんど考えなかったものです。ハマっていたのはFPSという神経を集中させるゲーム。これ髪にかなり悪いと思います。

スポンサードリンク

眼精疲労が髪の健康に影響している事はこれまで何度か述べてきましたが、痛む部分(例えば目や歯)が頭髪に近ければ近いほど何らかの影響 があるように思えます。目を開けていられないほど痛んだり、虫歯が悪化して痛むとき、実際に抜け毛が多くあったというお客様を過去にみてきましたが、人それぞれによって悪い影響が見受けられます。




●FPSで目を酷使~頭部へ繋がる血管の萎縮

神経を極限まで集中させるFPS(ファーストパーソン・シューティング)は特に注意したいものです。これはシューティングゲームの一種で自身の一人称視点で戦うゲームなのですが、オンライン上で1瞬1秒を他人と争うため、非常に神経を使います。非常にリアルで面白いのですがプレイの後は疲れ果ててしまうような感じで、今考えれば髪が抜けてもおかしくないと思うのです。

パソコンのモニターに向かい合うとき、同じ距離の平面を同じ角度でずっと見てる訳ですが、この時の状態は目だけを使っていて、目の周りの筋肉を使っていない状態なのです。その状態でいると目の周辺や額に突っ張った感じが分かるときがありますが、これは目の周りの筋肉が緊張して起きてしまったものといわれています。顔面の目の周りから頭部へ繋がる血管の萎縮が起きてしまった結果 なのでしょうが、この血管の萎縮というのが頭皮に影響を及ぼしていると考えられます。

頭部に繋がる血管のほとんどが顔面の目の周りから繋がってることを考えれば、何故ゲームのやり過ぎで抜け毛が起こってしまうのか理解できると思います。




●額の突っ張りを和らげるようにする

fps3.jpg

FPSを楽しむ人の多くが夜からプレイするのですが、私も同じく夜に楽しんでいました。長時間ゲームをした翌朝の髪の状態はというと、髪にコシがなくぺたりとしていたものです。そしてゲーム内の他人のチャットのやり取りを聞いていると、最近髪が薄くなったなど話してましたが、真夜中まで目を酷使してさらにビールを飲みながら楽しんでる人もいる訳で、そういったことを考えれば健康を害するのは当然ですし、髪も薄くなるのも仕方ないように思えます。

ゲームを完全にやめるべきとは言いませんが、休憩を頻繁にすることをおすすめします。血管の萎縮によって頭部への血流を妨げられることが問題 なので、やはり対策はしておくべきです。休憩を多くするようにしてマッサージするなど、顔面の突っ張りを和らげて目を労わってあげましょう。これはゲーム以外にもいえることで、一点に視点が集中されるような事をする場合、長時間にならないようにして休憩を良くとることが好ましいといえます。

そして髪が良く育つのは真夜中の時間帯ですので深夜のゲームは避けるべきです。質の良い睡眠が髪の健康にとても影響するので、副交感神経を刺激するゲームそのものが本当は良くないのですが。ゲームは楽しいものなのですが、程ほどにするくらいが良いですね。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク